風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:薄暮

奈良県上北山村の旧行者還林道の紅葉、下北山村の薄暮の石や塔 11月7日分2-2。


169号線沿いはかなり紅葉が進んでいる、今年は期待できそう来週あたり見頃だろう。
大台ケ原すぐのトンネルを出た辺りは、もう見頃だった。
途中撮影しながら、12時頃に行者還林道に到着。

雨が上がり、流れる雲の間から青空が見えた。
天気が移り変わるときは、なんとも美しい。
旧行者還林道の紅葉は見頃旬、今年は特に美しい、おすすめです!

旧行者還林道の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

2時過ぎに光が消え、中途半端な曇り空に変わったので移動、
南下して下北山村の石や塔に向かう。

下北山村の池原から、白谷池郷林道を6.2キロ、20分ほど、路上駐車可。
落石が多いひどい道だが、舗装されていて一応普通車でも走れる。

ただし断崖絶壁の所もあり、よく崖崩れで通行止めにもなっているので、要注意。
石や塔付近の紅葉は見頃初期くらい。

薄暮の石や塔。

イメージ 5

今日はここで車中泊の予定だったのだが、なんとも薄気味悪くて中止、池原に戻る。
下北山スポーツ公園にあるきなりの湯へ(600円、9時半まで、レストランもあり)
結局、下北山スポーツ公園で車中泊(公園にはロッジもあり)

奈良県斑鳩町の法起寺の三重塔と月 6月26日分。


奈良県斑鳩町の法起寺の夕日を撮りに行って来た。
この時期、夕日が法起寺の背後に沈むので、
すでに地元のカメラマンが数名いた。
その中に4月に仏隆寺でお会いした方も居られて、しばし話し込む。

6時35分頃夕日が稜線に沈む、平地なのでやや早い。
いい雲が出ていたので撮りに来たのだが、夕日は平凡だった。
その後も、まだうす雲がいい感じだったので、
小焼けを期待して待つが、奥にある厚い雲が邪魔してあまり焼けなかった。

せっかく来たのに、まったく撮らないのはつまらないので、
薄暮の時間に法起寺の塔に月を絡めて一枚。

イメージ 1

水曜日は天気が良さそうだったので、3時半起床。
外に出ると星が見えず、もやっぽいので、
撮影に行こうかやめようか迷ったが、
せっかく早起きしたので、行くことにした。

6月5日に明日香に行こうかやめようか、
同じように迷ってやめたときに当たりが来て大後悔したことも一因。

奈良県大和郡山市の松尾寺の駐車場に車を停め、
歩いて10分程で国見台の展望台に到着。
途中蜘蛛の巣が多いのがまいった。

ここに来たのは初めて、前から一度行こうと思っていた所。
ここは一応広範囲が見えるようだが、
手前の木が邪魔するので、冬場の朝日のほうがいいと思う。
結局もやが晴れず朝日は見えず、今日もはずれ、
また冬にでも再挑戦したい。

夏場は、矢田寺から登ったほうの展望台のほうがいいみたいなので、
チャンスがあればこちらも狙ってみたいと思う。

このページのトップヘ