風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:藤

福岡県柳川市の中山熊野神社の中山大藤 4月22日分5-1。

朝は曇り。
大魚神社の海中鳥居に行くが、日の出は見れず。
日の出時間と満潮時間は近かったが、潮位が足らず。
満潮時でも潮位が400㎝以上ないと1番下の鳥居まで来ないみたい。

居合わせて女性カメラマンから中山大藤が見頃と聞いたので、
6時過ぎに出発。
途中コンビニに立ち寄り、7時半ごろに柳川市の中山熊野神社へ。
無料駐車場・トイレあり。
藤は満開散り始め。今年は祭りは中止。
https://www.crossroadfukuoka.jp/event/?mode=detail&id=400000006242

_S9A9754




佐賀県唐津市の鏡山の躑躅と虹の松原と唐津城の藤 4月20日分5-3。

浜野浦の棚田を出てから、切木の牡丹園へ。
無料駐車場有り、入園520円。
今年は花の開花が早いので、牡丹はもう見頃すぎで少な目。
芍薬は咲き始め。

昼頃に鏡山公園へ。無料駐車場有り。
躑躅が見頃。
https://www.city.karatsu.lg.jp/machidukuri/shisetsu/koen/kagamiyamakoen.html

_S9A8425

唐津市街の展望もよいが、遠景は霞んできた。
眼下に虹の松原が、左奥に唐津城も見える。

_S9A8450

1時半ごろに唐津城に移動。
駐車場1時間100円、2時間300円。
唐津城のエレベーターは、片道100円。
天守閣へは500円。

https://www.karatsu-kankou.jp/spots/detail/181/

唐津城の藤は7分咲き見頃だったが、一時病気になったため、
昔ほどは咲いていない。

_S9A8582

帰りは歩いて下りる。

兵庫県朝来市の白井大町藤公園 5月10日分3-2。

その後、朝来市の白井大町藤公園に移動。
8時過ぎに到着。

オープン前に上の道沿いからの全景。

イメージ 1

8時半過ぎに、少し早めにオープン。
入場500円。同日はスタンプをもらえば再入場可。
ライトアップは金曜と土曜日のみ。


二日前に来たときは6分咲きでまだ早かったので再訪した。
今日は見ごろ前半の感じ。
あっという間に人が増える。

園内食事施設が充実。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

京都府福知山市の才の神の藤公園 5月8日分2-2。
下道を走り、3時半ごろに才の神の藤公園に移動。
無料駐車場・トイレあり。
見頃だが、藤も短く今一つの感じ。
観光客がぱらぱら。
もう半分日陰になっている。


イメージ 1

夕方、兵庫県の白井大町藤公園にも行ったが、まだ早い感じ。
天気も完全に曇ってしまった。

兵庫県丹波市の白毫寺の九尺藤 5月8日分2-1。
連休明けは好天が続いたが、所用が多く出かけられず。
8日の午後から兵庫県へ。

朝は快晴だったが、次第に雲が増える。

1時40分ごろに白毫寺へ。
渋滞してたので、手前の駐車場に停めて5分ほど歩いて境内へ。
お寺のすぐ前の駐車場、結構空いてたのに、
案内の人たちの誘導がうまくいっていない感じ。

拝観は300円。
藤棚は隣の広場にあり、食事などもできる。


最近はSNS人気で平日でもすごい人。
今年の藤は短く、もう上の方は枯れ始めであまり撮影せず。

イメージ 1



京都府宇治市の平等院の藤と躑躅 5月3日分4-2。

11時過ぎに平等院に移動。
すぐ近くの駐車場、なんとか1台だけ入れた。30分300円。
こちらの方はかなりの人出。
先にこちらに来るべきだったか。
受付で5分ほど並ぶ。
拝観は600円。藤は見頃後半、やや傷みあり。



イメージ 1

イメージ 2





栃木県足利市のあしかがフラワーパークの藤 5月4日分3-1。

朝はくもり、しだいに晴れてくる。

朝から三度、あしかがフラワーパークへ。

6時には、周辺すでに渋滞。
6時15分ごろに臨時駐車場に停めて歩く。
8分ほどでゲート前、すでに数百人の列。

6時半に開門、同時に早朝撮影会らしき人たちがドロドロ出てきた。
後で、スタッフに聞いたら、撮影会はしていませんということだったが、
報道には見えなかったし、あの人たちは何だったんだろう。


藤は前回よりも房が伸びて満開の感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

座り込んでローアングルで撮影していたから、砂だらけ。
敷物あった方が良いと思う。

9時過ぎに出て、群馬県の太田市に移動。

栃木県足利市のあしかがフラワーパークの藤の夜景 5月3日分4-4。

足利ICからあしかがフラワーパークの臨時駐車場まで25分。少し渋滞。

再び、あしかがフラワーパークへ。


夜の入園は1400円だが、前回の半券で再入園300円割引。

夜はすさまじく観光客が多い。

9時の閉園時間を過ぎてもかなりの人。
みんな人が少ない時間に撮りたいので、尚更人が引かない。

9時20分頃に帰ったが、
この時点でもかなりのカメラマンがいた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

夜は足利健康ランドへ。
ここは大きくて設備もいいのでおすすめ。
ピークシーズンで人だらけだった。


群馬県藤岡市の藤の咲く丘と埼玉県本庄市の長泉寺の藤 5月2日分3-1。

朝から快晴。

南下して群馬県藤岡市の藤の咲く丘へ。
駐車場・見学無料。
まだ少し早い感じだった。


イメージ 1

その後、埼玉県本庄市の長泉寺へ移動。
駐車場無料、拝観は開花期500円だが、
天然記念物の骨波田の藤の見頃には早かったので300円。


境内の藤や躑躅は見頃だったが、
天然記念物の骨波田の藤は咲きはじめ。

イメージ 2

イメージ 3

その後、群馬県の妙義山に移動。

栃木県足利市のあしかがフラワーパークの藤 4月30日分3-1。

朝から快晴。

6時半ごろにあしかがフラワーパークへ。
駐車場無料、すでに多くの車が入っている。
なんとかすぐ近くの駐車場に停めれた。

7時開園ということだったが、6時35分にオープン。
料金は変動制で、繁忙期1600円(JAF割りで100円引き)


藤は先の方の花が大きくなるにつれ房も伸び、上の方の花が落ちていくので、
撮影するタイミングが難しい。

充分見頃だが、房の長さ的にはやや早い感じだった。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

ハンカチの木。

イメージ 9

11時ごろに出たが、相当広い臨時駐車場も車でいっぱい。
よくもまぁこれだけの人が来るもんだ、びっくり。

その後、群馬県館林市に移動。

徳島県三次市の祖谷渓の藤・小便小僧・大歩危のこいのぼり 5月07日分。

天気は高くもり、日差しあり。

朝から再び徳島県三次市の祖谷渓(いやけい)へ。

藤の花が見ごろ後半。

イメージ 1

小便小僧。

イメージ 2

大歩危の「まんなか」の鯉のぼり。
川下りの発着場にもなっている。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

1時40分過ぎに徳島道の井川池田ICから高速へ。

2時40分に鳴門JCT、淡路島南PAで40分休憩。

4時15分、兵庫県に入り、第二神明・阪神高速・西名阪経由で、
5時40分ごろ、法隆寺ICから出て帰宅。

総走行距離3367キロ。ちょっとあちこち廻りすぎた感じ。

中国・四国地方の初夏の取材記は、今回で終了です。

ありがとうございました。






佐賀県唐津市の鏡山の展望台から唐津市街・唐津城と藤・唐津の春祭り・観音滝 4月29日。
 
朝から再び、鏡山の展望台から撮影した唐津市街。
右奥に少し見えるのが唐津城。
5時45分くらいに日の出。展望台数ヶ所あるが、朝日は撮れない。
朝のうちは青空が出ていたが、どんどん曇りになる。
 
イメージ 1
 
唐津城と藤。城との競演は朝の光線がいいので、再訪。
エレベーターもあるが、歩いてもすぐ。
 
イメージ 4
 
唐津くんちの半年前に行われる春祭り。
並べて神事を行うだけで、くんちのような派手な見せ場はない。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
佐賀県唐津市の観音滝、100名瀑の1つ。
北西向き。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
新緑が綺麗な所。
 
イメージ 7
 
夜に再び唐津城へ。
 
イメージ 8
 
唐津市内の「美人の湯」は、600円(17時から500円)
10時過ぎに車中泊。
 
続く。
 

和歌山県橋本市の子安地蔵寺の藤と躑躅 5月5日分4-3。


小雨がぱらぱら降ったりやんだりの天気、花の撮影には良好。

奈良県五条市の栄山寺のあと和歌山県橋本市の子安地蔵寺に向かう。
京奈和自動車道径由で371号線御幸辻から西へ、栄山寺から30分ほどの距離。
駐車場300円、境内300円、ここはけっこう観光客で賑わっている。

藤は満開散り混在で全体的には見頃後半の感じ、平戸躑躅は終盤。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3

京都府宇治市の平等院の藤と躑躅 4月29日分2-1。


天気は快晴だが、やや白っぽい空。

朝から京都府宇治市の平等院に向かう。
コインパーキング(30分100円)に車を停めて、
開門の8時半過ぎに入るが、すでにすごい人出。
境内は600円、内部拝観は300円。

鳳凰堂を撮る場合、鳳凰堂内に人が写るので9時から始まる内部拝観の前に終えたい。
藤は満開、霧島躑躅は満開散り始め、平戸躑躅は見頃。

イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

このページのトップヘ