風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:虫送り

三重県熊野市の丸山千枚田の虫送り 6月8日分4-4、9日分。

2時15分に通り峠南側の無料駐車場に到着。
他には車はなし。通り峠の南側入り口前にトイレもある。
展望台からの撮影では一番近い駐車場なのだが、意外とみんな知らないみたい。

ここより先の路肩は全て封鎖され駐車禁止。
韓国の事故があってから警察の指導により、イベントの開催は、かなり厳しくなったようで、
路肩などは使えなくなったらしい。

紀和鉱山資料館周辺に臨時駐車場があり、    
駐車場からマイクロバスによるピストン輸送があるが、
バスを降りてから会場まで2キロ程度徒歩での移動となる。

丸山千枚田の中の東屋の前の駐車場も封鎖。水車前は北山砲があるので、駐車不可。
丸山荘の駐車場は関係者用。

https://www.kankomie.or.jp/topic/627

3時35分に通り峠の南側入り口から歩き始める。
55分に東屋のある分岐。4時5分に展望台に到着、約30分。(コースタイム 50分)
展望台にはもう数名。三脚11本ほど。意外と少ない。
朝のうちに場所は確保しておいたが、夕方来ても撮れそうな感じ。
手前の草が伸びて少し邪魔だが、まだまだ余裕あり。

2011年にも丸山千枚田の虫送りを展望台から撮影したことがあるが、
この時は、7月上旬開催で同じくらいの人数。

天気予報は良かったが、夕方一時通り雨。

5時半ごろには場所取りしてたカメラマンは皆そろい11名ほど、
他にスマホのみの観光客数名。

上から見てる感じだと、カメラマンは全部で50人もいない感じがする。
全然知り合いも見かけず、やっぱり遠いものなぁ。

ちなみに県道40号線沿いの展望ポイントは、前日の夕方で半分。
当日朝6時には、ほぼ三脚の場所取りで埋まっていた。

6時からキャンドルに点火がはじまる。
7時ごろから虫送り行列が歩き始めるが、まだ明るすぎて合成は無理。
去年はけっこう暗かったので、ちょうどよかったのだが。

日没は7時10分ごろ。
キャンドルと棚田の明るさのバランスがよくなるのは、7時40分前後。
ISO400 F8~11で、-1.5補正くらいが適正露出だと思う。

50分くらいになると、もうかなり暗くなり水面の反射がなくなる。

北山砲は8時から、少し間をおいて2発。
この時は、ISO50でF22とかなり暗めに設定したが、それでも白飛びあり。
NDフィルターが必要みたい。
まぁ絵柄的に虫送りとそぐわない感じがするので、なくてもいいかな。

去年に続いて花火の打ち上げもなし。

虫送りのキャンドルと車の光跡を合成。

_S9A4037

8時過ぎから、キャンドルの片付けが始まる。
車の光跡を合成で入れたいので、別撮りで撮影。
規制があるので、車はなかなか走らない。
少し粘りたかったが、雨が降り出したので退散。
皆な大慌てで片付けて、山を下りていく。

自分も8時40分頃から下山開始。
濡れた石畳の道は滑りまくり。
三脚を杖に慎重に下りていくが、3回くらいこける。
南側の登山口まで55分もかかってしまった。

9時40分に駐車場に戻る。他に車はなし。

汗まみれで温泉に入りたいところだが、この時間で営業している場所はない。
夕食を食べ、10時20分ごろに道の駅七里御浜へ。

昨日の登山の筋肉痛とさっきこけて打った手首とかが痛く、
体もくたくたで疲労困憊。

翌9日。夜は雨、朝は曇りで次第に本降りの雨が降り出す。
曇りなら、高野山の青葉祭り、小雨なら周辺の滝を撮るつもりだったが、
本降りの雨が降り出したので、おとなしく帰路に着く。

8時45分に新宮市から国道168号線へ。
9時55分に道の駅十津川郷。ここで25分ほど休憩。

11時10分に道の駅吉野路大塔。ここで1時間ほど休憩。
12時40分に京奈和道五條IC。1時40分頃に帰宅。

4日間の総走行距離は561キロほど。

三重県熊野市の丸山千枚田の虫送り 6月10日分2-2。

1時に熊野本宮大社を出て、1時15分に宮井で左折、国道311号線に入る。
35分に県道40号線に入り、45分に丸山千枚田に到着。

路肩は全て封鎖され駐車禁止。
韓国の事故があってから警察の指導により、イベントの開催は、かなり厳しくなったようで、
路肩などは使えなくなったらしい。

仕方がないので、かなり離れた臨時駐車場へ。
オートキャンプ場の向こうに見える空き地で、県道780号線沿いにある。

東屋の前の5台分は使えたようだが、朝のうちにうまっていた感じ。
水車前は北山砲があるので、駐車不可。
丸山荘の駐車場は関係者用になっていた。

臨時駐車場は、この時点で5台ほど、まだまだ余裕あり。
2時40分ごろに水車前の所の撮影ポイントに戻る、約30分。
以前はあったようだが、今はシャトルバスはなし。

コロナの影響で、今年は4年ぶりの虫送り開催だが、
台風接近の雨予報で、カメラマンは少なめ。
小雨決行、雨は延期ではなく中止ということだったが、
朝の時点で雨でも規模は縮小するかもしれないが、開催とのこと。

https://www.maruyamasenmaida.jp/

http://kumano-kankou.com/?p=61

3時前で周辺の三脚35本。6時ごろで60本。
観光客を入れると、3時ごろからは3倍くらいになった。

5時くらいから小雨が降ったり、パラパラになったりと繰りかえしたが、
本降りというほどにはならず。

6時からローソクに点火がはじまり、20分ほどで全部に点け終わる。
日没は7時ごろ。本降りになるかもしれないので、そのころから撮影を始まるが、
ローソクと棚田の明るさのバランスがよくなるのは、7時半前後から。
50分くらいになると、もうかなり暗くなる。

_U4A4384

_U4A4395

北山砲は8時から、少し間をおいて2発。
かなり暗めに設定したが、それでも白飛び、失敗。
スターマインと同じくらいの設定にしないとだめだな。
まぁ、どのみち合成処理になるし、
絵柄的に虫送りとそぐわない感じがするので、なくてもいいかな。

8時過ぎから、かたづけが始まったので、撮影終了。
道沿い、一部ライトアップもあるが、暗いのでライトは必須。

8時45分に駐車場に戻る。
夕食を食べ、9時半ごろに道の駅七里御浜へ。

三重県熊野市の丸山千枚田の虫送り 7月9日分。
 
9日土曜日、午後1時に斑鳩の自宅を出発。
国道169号線経由で4時15分ごろに三重県熊野市の丸山千枚田に到着。
虫おくりの行事があるので、多少カメラマンは来ると思っていたが、
思っていたよりずっと多く、県道40号線の展望台あたりは、三脚がずらり。
しかし、撮影ポイントは多いので、問題なし。

追記、現在の虫送りは6月上旬に開催されています、ご注意ください。
 
行列も見れるので、千枚田近辺でとも考えたが、
赤倉山の展望台に人影が見えなかったので、上に登ることにした。
ちょうど同じ場所に車を停めに来た、
和歌山からのご夫婦と大阪から来たカメラマンの方を誘って40分ごろ登り始める。
 
15分ほどで展望台に到着。
下からは見えなかったが、カメラマンが7名ほど。
西日が当たり暑い、タオルを忘れてしまい汗だく。
展望台見学の観光客の方たちも集団で現れたが、虫おくりの見学は下でするみたいで、
すぐに下って行った。
 
少し遅れて和歌山からのご夫婦到着。
大阪から来たカメラマンの方は荷物が重すぎて途中ダウンしたらしく、
かなり時間がたってから現れる。
 
5時50分ごろには12名ほどになるが、まだまだ場所には余裕あり。
 
7時ごろから点火が始まるが、まだかなり明るい。
7時20分から30分ごろが薄暮で一番露出のバランスがいい時間帯だった。
時々車が通るがかなりスロー。通行制限あり。
 
上から見ると虫送りの行列は全然わからなかったが、写真にはよく写っていた。
同時に走った2台の車の軌跡がいい感じ。
 
イメージ 1
 
8時過ぎに、北山砲が2発ある。下からの撮影優先で下山途中。
 
8時半ごろ、もうかなり暗くなっていたが、千枚田の中の通路からも撮影。
 
イメージ 2
 
9時20分頃に出発、国道311号線、42号線を経由、
1時間20分で、御浜町の道の駅七里御浜に到着。
途中、739号線を通ったほうが早いと思う。
 
夜は車中泊、風はあるが暑い!
 
日曜日に続く。
 
 
 
 

このページのトップヘ