風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:西海国立公園

長崎県佐世保市の展海峰展望台から望む九十九島 4月21日分6-5。

昼前に展海峰展望台に移動。
石岳展望台から20分ほど。
無料駐車場・トイレ・売店あり。ここには花畑もある。
ここからは南東から九十九島を見るので、昼前後がおすすめ。
夕景は夏場がいい感じ。

_S9A9517




長崎県佐世保市の石岳展望台から望む九十九島 4月21日分6-4。

8時50分頃に土谷棚田を出発。
10時10分頃に石岳展望台に到着。
無料駐車場有り。
トイレは手前の九十九島動植物園の駐車場にある。
https://www.city.sasebo.lg.jp/benrimap/shisetsu/kanko/315.html

展望台へは5分ほど。
展望台は360度の展望だが、島並みを撮るのは途中の展望所のほうがいい。
午前中の光線がおすすめ。夕景は12月ごろがよい。

_S9A9484

長崎県佐世保市の長串山の躑躅 4月14日分2-2。

天気は朝は曇り。

途中10分ほど休憩、8時50分に佐々ICから出て、
9時20分ごろに西海国立公園に属する長串山公園へ。
無料駐車場有り。期間中の9時から5時まで入園500円。
朝夕は自由に入れる。

https://www.nagushiyama.jp/?post_type=nagushiyama

今年は開花が早く、上の方の久留米躑躅はもう終盤。
下の方の平戸躑躅は見頃。
大きな岩のある展望所からは、久留米躑躅が主役で、
例年の見頃が16日くらいで、1週間くらい早い進行だったので、
9.10日あたりが一番の見頃だったと思う。
久留米躑躅は全体的にかなり散っていたが、展望所からは、まぁ何とかギリギリの感じ。

到着時は日差しはあるものの、白っぽい空だったが、昼前後は青空が見えた。
展望所からは光線的には、昼前くらいがベスト。

_S9A5314

出入りは自由だったので、一度近くの冷水岳にも行った。
ここの躑躅は見頃だったが、今一つ絵にならない感じ。
コンビニで食事を買ってから再び戻り、夕方まで撮影。

下側からの撮影は午後がおすすめ。

_S9A5521

夕日は下側の平戸躑躅を前景に撮影。
ハーフND使用。

_S9A5662

温泉に入った後、夜は石岳展望台まで移動して、星景を撮影。

このページのトップヘ