風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:野迫川村

奈良県野迫川村の雲海景勝地の星景と朝焼け 11月1日分3-1。

朝4時ごろから星景撮影。他には誰も来ず、一人きり。
雲海はそこそこだったが、綺麗に星が見えた。

イメージ 1

4時半ごろから、カメラマンが次々とやってきた。
5時ごろには15人くらいになる。
ここは場所は広いのでまだ余裕がある感じ。
複数の写友にばったり。

朝日が昇るころには雲海は半分くらいになる。

6時25分頃に朝日が昇り、カメラマンは半分以上帰る。

朝日が昇って20分後くらいから、斜光が入りはじめ、雲海が湧いてくる。
欲を言えばもう少し雲海欲しかったが、まぁまぁの感じ。
多すぎても絵になりにくいしね。

イメージ 2

イメージ 3

その後、かわらび荘のほうへ廻るが、まだ紅葉は色付き始めのかんじ。

途中で見つけた風景。
何の変哲もないところだが、霜が降りて、いい感じになっていた。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、高野龍神スカイラインへ。

続く。

和歌山県高野町の高野山の紅葉 10月30日分。

朝3時過ぎに出発で、久しぶりに奈良の野迫川村の雲海景勝地へ。

5時過ぎに到着。先客、車2台3名。

日の出のころには、8名くらいになるが、かなり少なめ。

雲海は少しだけ、日の出は正面やや左。

雲が焼けたので、少しだけ撮影。

日の出後も雲海は増えず、撃沈。昨日もだめだったとのこと。

イメージ 2


その後、荒神辻横を抜けて、高野龍神スカイラインの大滝へ。

天気は高曇りの感じ。

大滝、見頃初期ともいえるが、11月上旬がピークと思う。

上から見下ろすポイントは、

手前の木が大きくなって、見えにくくなっている。

御殿川の渓谷も同じ。

イメージ 1

その後、高野山奥の院の英霊殿へ。

ここはいつも早いので、ちょうど見頃。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、壇上伽藍に移動。

蛇腹道、職員駐車場あたりは色変わり中、見頃初期。

愛宕神社の銀杏は色変わり中、楓はまだまだ。

金剛峰寺の楓もまだまだ。

新しくできた中門。9時頃から晴れてくる。

イメージ 7

イメージ 8

蓮池は掃除で水なし。銀杏や桜紅葉は見頃。

イメージ 9

職員駐車場の楓。

イメージ 10

霊宝館、見頃初期。

イメージ 11

こうやくん。

イメージ 12

桜紅葉どこも見頃。

イメージ 13

一の橋手前付近。

イメージ 14

イメージ 15

その後、高野龍神スカイラインへ。
明日アップします。

和歌山県の高野龍神スカイラインの紅葉 11月3日分。


季節はずれの寒波到来で三段紅葉を期待して、朝3時半起きで高野山に向かう。
タイヤは前日のうちに冬用タイヤに交換済み。

高野龍神スカイラインは、奈良と和歌山の県境にあり、
和歌山県の高野町・かつらぎ町・田辺市と奈良県の野迫川村にまたがっているが、
撮影した大部分は和歌山側。

2時間ほどで高野山到着、夜半に雪が降ったらしく屋根や木の橋の上には雪が残っていた。
フリースと綿入りのジャケットにニット帽と万全に備えたつもりだったが、寒くて震えあがる。

今年の紅葉は1週間以上早い感じでもう見頃後半、強い風でかなり散っていた。
10月末ごろがピークだった様子。
蛇腹道の中ほどや愛宕神社はまだあと数日の感じだったが、全体の見頃は今週いっぱいまでだろう。
奥の院の英霊殿付近は終盤、散り紅葉も枯れている。
高野山内は撮影せず、高野龍神スカイラインに移動。

高野大滝は見頃開始くらい、御殿川の渓谷の紅葉はまだ少し早い。

高野龍神スカイラインの紅葉は山頂付近は終盤、強い風でかなり散っていた。
中腹は見頃、下のほうはまだ少し早い感じ。
尾根は見事な樹氷が見られ、めったに見られない三段紅葉に、
しだいに観光客やカメラマンも増え始めるが、みんなあまりの寒さに震え上がっていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

最初デジタルとともにフィルムのPENTAX645でも撮影していたのだが、
寒さですぐに動かなくなったので、以後デジタルのEOS5Dマーク2のみの撮影。
外部電源をもっていくんだった不覚。

ただ時間が急ぐ撮影ではデジタルに集中できたのでよかったかもしれない。
10時過ぎには、下のほうの樹氷はかなり融けて来た。
メモリーカード余分に持っていったつもりであったが、
手持ちの20Gをほぼ使い果たしたので、3時ごろ野迫川村を通り帰路に着いた。

野迫川村の楓は見頃、銀杏は半分緑、中原川の紅葉はまだ少し早い感じ。

奈良県五條市大塔地区と野迫川村の紅葉 11月9日分。


天気予報は曇りだったが、朝から小雨。
山や渓谷の紅葉には、雨天が最適。
三日連続の雨にありがたやありがたや。

途中葛城方面を通ったが、この辺りの里紅葉も見頃。
五条市本陣から国道168号線を南下、中原橋から高野天川線に入る。
五條市大塔地区は、下天辻辺り、中原川沿いが見頃旬。

下天辻の紅葉。

イメージ 1

郷土館の紅葉。

イメージ 2

中原川沿いの紅葉。

イメージ 3

イメージ 4

その後、高野辻から野迫川村の川津高野線を南下する。
高野辻の紅葉。

イメージ 5

北股川沿いの紅葉は綺麗なところもあるが、全体的にはいまひとつ。

イメージ 6

かわらび荘の楓の群落は見頃、今日もカメラマンがいっぱい。

イメージ 7

3時過ぎ、雨がやみどんよりしてきたので帰路に着く。

奈良県野迫川村の雲海景勝地からの朝焼け 10月31日分。

今日は朝4時起きで奈良県野迫川村の雲海景勝地へ。
期待したほど雲海は出なかったが、雲が焼けたのはよかった。
山際の雲が厚く、日の出以降はいまひとつ。
カメラマンは5人ほど、甲賀忍者さんとばったり。
天気予報は、晴れのち雨だったが、朝からくもりとさえない。

野迫川の雲海。

イメージ 1

その後、ロケハンで、立里とかわらび方面へ、
山紅葉はもう見頃といっていいが、全体的なピークはまだ先。
かわらびの楓の群落もほとんどが色変わり中でピークはまだ先の様子。

立里の紅葉。

イメージ 2

イメージ 3

その後、和歌山県高野龍神スカイラインに入る。
こちらも同様の感じで、もう見頃といっていいが、全体的なピークはまだ先。
高野大滝は5部くらいの色つきでもう少し。

高野龍神スカイラインの紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

高野大滝の今の様子。

イメージ 6

高野山内は、奥の院英霊殿と西南院は見頃、
他にもすでに真っ赤な楓もあるが、ほとんどは色変わり中で、全体的なピークはまだ先。
今週末よりは来週半ば以降のほうがいいと思う。

このページのトップヘ