風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:錦帯橋

山口県岩国市の錦帯橋と朝日・吉香公園の躑躅 4月24日分2-1。

早朝から再び錦帯橋へ。
河川敷に駐車可。日中は有料300円。
吉香公園内の駐車場は無料。
トイレは観光協会の建物や吉香公園内にある。
躑躅は見頃。
https://www.iwakuni-kanko.com/
http://kankou.iwakuni-city.net/

_S9A0332

_S9A0491

山口県岩国市の錦帯橋のライトアップ夜景 4月23日分5-5。

4時半に大平山を出て、途中30分ほど休憩。
6時半ごろに岩国市の錦帯橋に到着。

河川敷に駐車可。日中は有料300円。
吉香公園内の駐車場は無料。
トイレは観光協会の建物や吉香公園内にある。
山上に見えるのは岩国城。ライトアップの色合いは定期的に変わる。

http://kankou.iwakuni-city.net/


_S9A0253

山口県岩国市の錦帯橋と吉香公園の桜 3月31日分3-1。

早朝に錦帯橋の駐車場に到着、300円。
桜は満開。桜があるのはほとんど西側、東側は少しだけ。
人が少ない早朝の光線がお勧め。


朝日が差し込み、とても美しい。

イメージ 1

イメージ 2

東側の桜。数本のみ。

イメージ 3

吉香公園の桜。すぐとなり。

イメージ 4

宮島や平和公園に行った後、夕方に再び戻り夜景撮影。

イメージ 5



広島県世羅町の世羅高原農場のチューリップ、山口県岩国市の錦帯橋祭り、萩市のホルンフェルス断崖 4月29日分。

朝から広島県三次市の高谷山へ。春にも来たところ。
朝は雲が多く、日の出は望めず。カメラマン数名。
駐車場・トイレあり。りっぱな展望台がある。
雲海と日の出のシーズンは秋冬。

天気は曇り、次第に青空が増えてくる。

その後、国道184号線を南下。
世羅町の世羅高原農場のチューリップ。入場800円。
通常より早く8時から入れた。
早咲きのチューリップが満開。ところどころに展望台がある。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、南下して竹原市の街並み散策。

11時半ごろに山陽道の河内ICから高速へ、途中少し渋滞。
12時40分に岩国ICから出て、山口県岩国市の錦帯橋へ向かう。

錦帯橋祭りで渋滞予測できたので、岩国IC出てすぐ錦川を渡り、
裏道から吉香公園へ。河川敷の駐車場はいっぱいだったので、
途中でUターン、路肩駐車スペースに停めて歩く。
吉香公園周辺は駐車不可。

1時ごろに錦帯橋の南西部分の撮影ポイントに到着。
カメラマン多かったが、脚立持って行ったので、ベストポイントに入れた。
行列は、1時半から橋を渡り始め、渡り終えるのは2時半ごろ。

天気は晴れているものの、雲が多く時々陰る。

フルサイズで1枚目が70mm、2枚目が135mmなので、
70-200mmくらいのズームがおすすめ。

イメージ 4

イメージ 5

吉香公園のつつじは散りはじめ。

その後、国道187・9・191号線を通り、
休憩込で3時間弱ほどで山口県萩市のホルンフェルス断崖へ。
駐車場・トイレあり。駐車場から5分ほど。

遊歩道は、一旦断崖の上の部分に出て、そこから岩場を降りていく。
撮影ポイントは岩場の上で、周りには柵などないので、要注意。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

日没は7時前、カメラマンは他に1名。途中観光客がぱらぱら。

その後、日本海沿いの国道191号線を南下。
阿武町の道の駅にある温泉へ。
入浴500円、21時(20時半受付)まで、第1・3水曜休み。

夜は道の駅で車中泊。

山口県岩国市の錦帯橋と広島県広島市の平和公園と広島城の紅葉 11月20日分。

防府駅から6時45分ごろの始発で、岩国駅に向かう。
8時半過ぎに岩国駅に到着。バスで錦帯橋へ。
9時ごろに到着。
5日前は錦帯橋周辺の楓はまだ早かったが、もう見頃になっていた。
桜紅葉は、半散り。

朝は雲が多かったが、しだいに快晴になる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

昼前まで撮影。
その後、広島駅に移動、1時間ほど。

路面電車で平和公園へ、160円。

広島市の原爆ドーム。

イメージ 4

イメージ 6

平和公園。

イメージ 5

イメージ 7

歩いて、広島城へ。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

3時半頃に広島駅に戻り、3時45分三原市に向かう。
5時前に三原駅に到着。駅近くの宿へ。

山口県岩国市の錦帯橋と広島県廿日市市の宮島夜景 11月15日分。

6時20分発の始発で大竹駅から岩国駅に移動。
岩国駅からはバスで錦帯橋へ、250円。
7時半頃に山口県岩国市の錦帯橋に到着。錦帯橋、往復300円。

天気は快晴。

紅葉谷公園は見頃旬。日があたる前がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

岩国城と吉香公園の櫂の木の紅葉。

イメージ 5

岩国城からの眺め。眼下に錦帯橋が見える。
ロープウェイ往復は、550円。プラス岩国城入城で810円。
プラス錦帯橋往復で940円。
城周辺には、ほとんど紅葉はない。

イメージ 6

イメージ 7

再び、吉香公園。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

3時半ごろ出て、広島県廿日市市の宮島に移動。
4時20分頃に到着。
5時過ぎに日没。この時期は宮島の島影に隠れる。
5時15分頃に、燈篭に日が入り、ライトアップも始まる。

日没後20分から40分くらいの時間帯が、背景と鳥居の明るさのバランスがよくおすすめ。

イメージ 11

イメージ 12

厳島神社。

イメージ 13

6時15分に出て、7時ごろ宿に戻る。

山口県呉市の大和ミュージアムと岩国市の錦帯橋、広島県廿日市市の宮島の厳島神社と尾道市の千光寺公園と生口島の耕三寺 9月3~5日分。

先週金土日と家族旅行で広島・山口へ行ってきた。

両親と叔父さん夫婦、姪っ子と自分の6人で、まずは広島の呉市に向う。

朝6時に出発、第二阪名、阪神、中国、山陽道を通り、
途中二ヶ所事故渋滞があったが、昼12時に呉市に到着し、
山口に住んでいる兄夫婦と合流。

昼食後、大和ミュージアムヘ。
10分の1の大和が迫力満点、人間魚雷回転も置かれている。

イメージ 1

イメージ 2

屋上からは大和が作られたドッグが見える。

イメージ 12

すぐ近くに数年前まで使われていた潜水艦が置かれていて、内部も見れる。

イメージ 13

近くに海上自衛隊があるので、本物の潜水艦もいっぱい。

イメージ 14

次に宮島に移動、フェリー置き場に車を停め、フェリーで宮島へ。
小学校の修学旅行以来、実に33年ぶり。

宿にチェックインし、夕食前に一人写真を撮りに行った。
快晴で夕日はきつすぎたが、残照とライトアップはいい感じ、ほぼ満潮。

地元のカメラマンが一名おられて、気さくに話かけていただいた。
渡橋博美さんのフォトギャラリー http://www.geocities.jp/orihashi522/
宮島厳島神社の素晴らしい写真を撮られているのでぜひご覧ください。

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

みんなで夕食後に散歩、すっかり暗くなってしまった。

イメージ 18

翌土曜日、みんなで厳島神社へ。
満潮と干潮の間くらい。

イメージ 19

イメージ 3

イメージ 4

桜と多宝塔、春の絶景ポイント。

イメージ 5

11時に宿を出てフェリーで対岸へ。
昼食後、山口の錦帯橋へ向う。
錦帯橋は初めて。

イメージ 6

ロープウェーで山の上にある岩国城へ。

イメージ 7

城内からは絶景、錦帯橋も見える。

イメージ 8

夕方、周南市に移動、兄夫婦の社宅によってから、
みんなで夕食、姪っ子は兄夫婦と社宅へ、自分たちはホテルへ。

翌日曜日の朝、兄夫婦が姪っ子を送ってくる。
兄夫婦とはここでお別れ。

帰りに広島の尾道市へ。
映画資料館などを見学。
千光寺公園からの眺め。

イメージ 9

次に、しまなみ街道の生口島の耕三寺へ。すごく広い。

イメージ 10

イメージ 11

帰りはすごい事故渋滞のため、三木JCTから南下し須磨に抜ける。
神戸のハーバーランドで夕食、夜景が奇麗。
渋滞を避け、阪神の湾岸線から帰る、生駒まで1時間半。
3日間の走行1100キロほど、疲れた。




このページのトップヘ