風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:長岡京市

京都府長岡京市の柳谷観音 楊谷寺の紫陽花 6月14日分4-2。

善峰寺から楊谷寺へ移動。
以前なら空いていたが、インスタで花手水が流行ったからか、すごい人。
駐車場無料、拝観500円。

https://yanagidani.jp/

_V9A3223

_V9A3234

京都府長岡京市の長岡天満宮の霧島躑躅 5月3日分4-4。

帰りに長岡天満宮に寄り道。駐車場30分200円。
霧島躑躅は見頃終盤。もうかなり散りが多かった。
府道沿いの平戸躑躅は見頃。



イメージ 1


京都府京都市の大沢の池・直指庵と長岡京市の光明寺紅葉 12月4日分2-2。

11時ごろに大覚寺に移動。
駐車場2時間500円。大沢の池のみ散策、200円。
台風被害で、半分は立ち入り禁止になっている。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

歩いて直指庵に移動。
ここは駐車場はない。拝観500円。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

最後に長岡京市の光明寺へ移動。
臨時駐車場1000円。拝観自由。
紅葉有料期間は終了していたが、門前駐車場が使えるのは明日から。

紅葉最盛期は過ぎているが、まだまだ見ごろで散り紅葉も綺麗。
完全に参道が乾いていたり、
人が多すぎたら明日の早朝に再訪しようと思っていたのだが、
小雨が降り出し、観光客もぱらぱらだったので、撮影することにした。
しかし、なかなか人波が切れず、1時間近く待って撮影。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

2時半に長岡京ICから高速に乗り帰宅。
3時半ごろから大雨になった。

今年の紅葉取材は今回で終了です。
ありがとうございました。

12日から19日までは東京へ。イルミネーションや街並みなど撮影予定です。



京都府八幡市の背割堤と岩清水八幡宮の桜、長岡京市の長岡天幡宮の桜、京田辺市の観音寺の桜と菜の花 4月10日分。
 
昨日の雨が上がり、朝から快晴。
 
まずは、京都府八幡市の背割堤へ。
関西はもちろん全国的にも規模の大きい桜並木だが、
意外と知らない人が多い。
 
桜は7分咲きから満開散り始め、見頃旬。
北側にある臨時駐車場1000円、7時ごろから開いている。
駅前の駐車場は600円。
京阪の八幡市駅からも歩いてすぐ。
 
東西に伸びているので、早朝は北側から、8時ごろからは南側から撮るとよい。
日曜なので、9時を過ぎるとすごい人出。
 
北側から。
 
イメージ 1
 
南側から。
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
次に長岡京市の長岡天幡宮に移動。
駐車場は30分200円、コインパーキング。桜は満開。
 
手前の八条ヶ池の周りの桜を前景に、老舗料亭の錦水亭を入れて撮る。
午前中早いほうが光線状態はよい。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
次に八幡市の岩清水八幡宮へ。
山上の駐車場無料、西側からぐるっと廻って行くのだが、カーナビがないと迷うと思う。
駅からはケーブルがある。
 
境内は大勢の花見客で賑わっていた。
桜は満開、紅しだれ桜は5分咲きくらい。
椿も多く、見頃後半。本殿は工事中。
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
最後に京田辺市の観音寺へ。駐車場無料。
参道の桜は老木なので、花は少なめ。
手前の菜の花は見頃、大勢の花見客で賑わっていた。
2時ごろに行ったのだが、昼前くらいがおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
午後からどんどん空の抜けが悪くなってきたので、帰路に着いた。
 
 

京都府長岡京市の光明寺と楊谷寺の紅葉 11月23日分2-2。


11時半に長岡京市光明寺の臨時駐車場到着、1000円。
すごい数の観光客、拝観は500円、三脚一脚は持ち込みも禁止。
数年前から早朝に入ることができなくなり残念。
表参道と本堂の紅葉は、見頃と色変わり中。
裏参道は見頃・色変わり・緑混在でとても綺麗。

光明寺の紅葉。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、楊谷寺に移動、駐車場は400円、境内は無料。
境内奥の紅葉は見頃・色変わり・緑混在、痛んでいるのが多いのが残念。
境内を見下ろすポイントは、色変わり中と緑で見頃はまだ先。

夕方、長岡天満宮に移動。
境内の紅葉は色変わり中・緑混在。
現在、新たに紅葉庭園造園中。
池の周りは、桜紅葉は半散り状態、楓は見頃初期。

楊谷寺の紅葉。

イメージ 4

イメージ 5

このページのトップヘ