風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:長崎県

長崎県大村市の鉢巻山の彼岸花 9月23日分3-1。

台風通過で朝から曇り。
7時40分ごろに長崎県大村市の鉢巻山へ。
狭い道を登っていくと頂上に3台分の駐車場があり、
少し下に簡易トイレと2・3台駐車可能な空き地がある。

鉢巻山はかつては彼岸花の名所で100万本と言われていた。
白や黄色の彼岸花も多いようだが、早い遅いでかなりばらつきがあり、
現在はかなりまばらで、数もかなり減っている感じ。
まとまった群生もないので撮影せず。

長崎県波佐見町の鬼木棚田の彼岸花 9月21日分4-4。

台風接近で天気予報は悪かったんだけど、1日雨は降らずに
曇りから日差しのある高曇りの天気。

夕方4時ごろに長崎県波佐見町の鬼木郷に移動。
鬼木棚田は日本の棚田100選。
数か所に駐車場あり。トイレは見当たらず。売店もなし。
今年は彼岸花もめちゃくちゃ少ない様子、残念。
稲刈り済は少しだけ、まだ緑のところも多い。
観光客がぱらぱら。

https://www.nagasaki-tabinet.com/guide/51928/
https://www.town.hasami.lg.jp/kankou/meisho/1287.html


_W6A0180


_W6A0210

その後、川棚町の日向の棚田にも向かうが暗くなってきたので諦める。
夜は大村市まで移動して、ネットカフェへ。

長崎県諫早市の白木峰高原の桜と菜の花、福岡県久留米市の浅井の1本桜 4月4日分。

朝は小雨のち曇り、たまに日差しあり。

今日も朝から長崎県諫早市の白木峰高原の桜と菜の花を撮りに行く。
桜は満開散りはじめ。雲海が流れてとても綺麗。
撮影中入れ替わりでカメラマンや観光客が数名程度。意外と穴場かも。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、長崎市の桜の里を見に行くが、すでに散りはじめでいまひとつ。

夕方諫早ICから高速移動、久留米ICまで1時間半ほど。

福岡県久留米市の浅井の1本桜。無料の駐車場が、数か所ある。
屋台も出ている、簡易トイレあり。
ライトアップあり。桜は満開、周囲の桜は散りはじめ。

カメラマンが20名ほど、多いときは100人くらいいるらしい。

高台と池の前に見学スペースがある。
高台のほうは広いが木道なので、撮影は人が歩くと揺れると思う。

イメージ 7

夜に久留米ICから高速移動、熊本ICまで1時間ほど。

道の駅で車中泊。

佐賀県嬉野市の轟の滝公園の桜、長崎県大村市の大村公園、諫早市の白木峰高原の桜と菜の花 4月3日分。

天気は曇り、夕方から雨。

天気がいまいちなので、ロケハンメインでのんびり。

佐賀県嬉野市の轟の滝公園の桜、満開。

イメージ 1

イメージ 2

長崎県大村市の大村公園、桜は満開散りはじめ。日本の桜百選。

イメージ 6

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

長崎県諫早市の白木峰高原の桜と菜の花。桜は満開散りはじめ。
小雨が降りだし、しだいに本降りに変わる。

イメージ 7

イメージ 8

晴れていれば、有明海や雲仙普賢岳がよく見えるのだが。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

夕方、早めにホテルへ。

長崎県西海市の西海橋公園の桜、平戸市の慈眼桜・平戸城佐賀県伊万里市の明星桜、武雄市の白観巣の1本桜 4月2日分。 


天気予報は晴れ。
雨模様が続く気配で期待したのだが、いまひとつ。

そこそこだったのは、朝の束の間だけで、
結局晴れているもののあまり青くなく白っぽい空。

長崎県西海市の西海橋公園の桜と朝焼けの空。桜は満開。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

佐賀県伊万里市の明星桜。案内板あり、駐車場10台くらい、満開散りはじめ。
近くに祠の桜もある、満開散りはじめ。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

長崎県平戸市の慈眼桜、満開。
案内板あり、駐車場30台くらい、臨時の売店もある。

イメージ 7

イメージ 8

平戸市の平戸城の桜。午後の光線がおすすめ。

イメージ 9

夕方、武雄市の馬場の山桜を訪れたが、空が白くなったので撮影せず。
桜はほぼ満開、菜の花も見ごろ。
案内あり、路肩駐車可、売店・トイレなし、ライトアップなし。

再び武雄市の白観巣の1本桜へ。満開散りはじめ。

イメージ 10

夜は武雄温泉へ、ちょうど春祭りで混んでいた。

今日も道の駅で車中泊。

長崎県南島原市の雲仙普賢岳の土石流で埋もれた家・原城跡の天草四郎像、島原市の島原城、大村市の大村公園の花菖蒲 5月30日分。
 
長崎県南島原市の道の駅「みずなし本陣ふかえ」に保存されている雲仙普賢岳の土石流で埋もれた家。
 
イメージ 1
 
島原市の島原城。
このアングルは午前中がよいのだが、天気は曇り、残念。
 
イメージ 2
 
南島原市の原城跡にある天草四郎像。
天草にある天草四郎像とイメージがかなり違うのはなぜ。
16歳の少年には見えない気がする。
 
イメージ 3
 
その後、島原の乱の遺跡や棚田などを見てから、北上。
 
長崎県大村市の大村公園の花菖蒲、見学無料。
ここは規模が大きく、かなり広い。表記は5分咲き。
 
8分咲き見頃の所
 
イメージ 4
 
この辺りは1分~4分咲きくらい。サツキは見ごろ散り始め。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
夜は、長崎自動車道佐賀大和IC近くの佐賀大和温泉へ、800円。
10時に車中泊。
 
続く。

福岡県柳川市の運河と朝日、福岡県大川市と佐賀県佐賀市の境にある筑後川の昇開橋、長崎県諫早市の諫早公園のめがね橋と皐月躑躅、雲仙市の仁田峠・雲仙山のミヤマキリシマ・雲仙地獄・清水の棚田、島原市の島原城・武家屋敷・フラワー公園 5月29日分。 
 
福岡県柳川市の運河と朝日。
紫陽花が咲き始め。
 
イメージ 1
 
福岡県大川市と佐賀県佐賀市の境にある筑後川の昇開橋。
天気は場所により快晴~晴れややうすい青空。
 
イメージ 2
 
長崎県諫早市の諫早公園のめがね橋。
今回2度目、さつきが見頃後半、花菖蒲が咲き始め。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
10時40分頃に、長崎県雲仙市の仁田峠へ、協力金100円、一方通行。
 
第二展望所から。
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
11時、第一展望所付近のミヤマキリシマはかなり散っている。
ホームページではまだ見頃だったが、遅かった残念。
効率悪いが屋久島に行く前に来るべきだった、失敗。
 
ロープウエイで山上へ、片道600円。
雲仙山のミヤマキリシマは見頃散り始め混在。
上り、けっこうきつい。
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 3
 
2時過ぎに雲仙地獄へ、駐車場410~500円。
 
イメージ 4
 
3時半に長崎県島原市の島原城へ、駐車場310円、場内無料、天守閣のみ500円。
このアングルは午後遅めの光線がおすすめ。
 
イメージ 5
 
武家屋敷。駐車場、見学無料。
 
イメージ 6
 
同じ島原市のフラワー公園、無料。
午後遅めの光線がおすすめ。
 
イメージ 7
 
雲仙市の清水の棚田。
 
県道128号線の展望所より。
 
イメージ 8
 
清水の棚田と夕日。
他にはカメラマンはいなかった。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
  
8時過ぎに再び雲仙温泉へ。
共同温泉100円、シャンプーなし。安い!
ホテルの日帰り温泉は、4時くらいまで。
 
10時に車中泊。
 
続く。

長崎県松浦市の星鹿城山の展望台、佐賀県有田町のトンバイ塀、武雄市の武雄温泉の楼門 5月7日分。
 
朝は長崎県松浦市の星鹿城山の展望台へ。
霞で、残念ながら日の出は見れず。
日が昇ってから、展望台と朝日。
天気は曇り、時々日差し。
 
イメージ 1
 
佐賀県有田町の登り窯用の煉瓦で組んだトンバイ塀。
 
イメージ 2
 
宮本武蔵も入浴した武雄市の武雄温泉の楼門。
 
イメージ 3
 
天気がいまいちなので移動、福岡県の柳川へ。
簡保の宿の温泉、500円。
10時、車中泊。
 
続く。

長崎県平戸市のザビエル記念教会・大バエ灯台・川内峠・平戸大橋・塩俵の断崖・高越の棚田と夕日 5月6日分。 
 
朝は雲があるが、8時頃から晴れてくる。
長崎県平戸市のザビエル記念教会。朝の光線がおすすめ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
教会とお寺のある風景。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
大バエ灯台。
 
イメージ 5
 
川内峠、絶景ロードです。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
平戸大橋。午後の光線がおすすめ。
 
イメージ 8
 
夕方、塩俵の断崖へ。
 
イメージ 9
 
高越の棚田と夕日。偶然見つけた穴場です。
 
イメージ 10
 
11時、車中泊。
 
続く。

長崎県長崎市の長浦岳からの朝日、佐世保市の石岳・展海峰・冷水岳・長串山からの九十九島、平戸市の平戸城、佐賀県伊万里市の竹の古場公園の躑躅 5月5日分。
 
朝4時起きで、長崎県長崎市の長浦岳近くの展望ポイントへ、キャンプ場の上辺り。
手前は形上湾、奥は大村湾。
日の出は5時過ぎ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
天気は快晴。
長崎県佐世保市の石岳展望台より、九十九島と呼ばれる208の島々が見える。
りっぱな展望台があるが、ここはトイレがないのが不便、少し歩く。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
すぐ近くの展海峰より。ここは駐車場も大きくトイレや売店もある。
春の菜の花畑も有名。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
佐世保市の冷水岳の展望台よりの九十九島。
ここも駐車場が大きくトイレや売店もある。
展望台までは少し歩く。
 
イメージ 12
 
すぐ近くの佐世保市の長串山の展望台より。ここも駐車場が大きくトイレや売店もある。
つつじの時期は有料、500円。つつじはもう見頃終盤。4月下旬に来るんだった、失敗。
 
イメージ 13
 
長崎県平戸市の平戸城、拝観500円。
このアングルは午後の光線がおすすめ。
 
イメージ 14
 
佐賀県伊万里市の竹の古場公園の躑躅。
前回まだ早かったので再訪。
 
イメージ 3
 
夕方、再び展海峰へ。日没は7時過ぎ、最後は雲に隠れてしまった。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
夜、再び平戸市に戻り、千里ヶ浜温泉へ、800円。
11時前に車中泊。
 
続く。

長崎県長崎市の大浦天主堂・グラバー園・孔子廟・めがね橋・平和公園の平和記念像・浦上天主堂・稲佐山公園からの市街夜景 5月4日分。

朝は雲が多かったが、しだいに晴れてくる。
大中尾の棚田を見に行った後、長崎市内に戻る。
 
イメージ 1
 
大浦天主堂。北向きなので、早朝か夕方がおすすめ。
 
イメージ 2
 
グラバー園、入園500円、境内からの眺めはすごくいい。
午前中がおすすめ。
 
イメージ 3
 
イメージ 8
 
孔子廟、入館600円。午後の光線がおすすめ。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
めがね橋。
 
イメージ 13
 
平和公園の平和記念像。
 
イメージ 15
 
浦上天主堂。
 
イメージ 14
 
夜は、稲佐山公園へ。中腹の大駐車場から無料のシャトルバスが出ている。
展望台近くにも駐車場があるが、有料でかなり込みあう。
 
長崎市内の1000万ドルの夜景。
日本3大夜景の1つ。(函館、神戸、長崎)
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
大浦天主堂の夜景。
 
イメージ 7
 
夜は、ネットカフェで撮影データのストレージ。
6時間ナイトパックで1200円。
12時半に就寝。
 
続く。

長崎県大村市の岳の木場公園の躑躅、諫早市の諫早公園のめがね橋、長崎市の稲佐山公園の躑躅・めがね橋・中華街 5月3日分。
 
朝はどんより、次第に晴れてくる。
 
長崎県大村市の岳の木場公園の躑躅。見頃後半。
 
イメージ 1
 
長崎県諫早市の諫早公園のめがね橋。つつじはすでに散っていた。
午前中の光線がおすすめ。
 
イメージ 2
 
天気が良くなってきたので、高速で一気に長崎市へ。
諫早ICから長崎ICまでは10分くらい。
しかし、着くなり曇りに変わる。
 
長崎市の稲佐山公園の躑躅。見頃後半散り始め。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
1番有名な長崎市内のめがね橋。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
長崎市の中華街、すごく込んでいた。
テイクアウトが、何よりおいしい!ついつい食べすぎ。
海外の中華街はいまいちのが多いのだが、日本の中華街はうまい!
 
イメージ 7
 
夜、コインランドリーで洗濯。
12時半頃、車中泊。

長崎県松浦市の土谷の棚田、佐賀県唐津市の切木牡丹園、伊万里市大川内山の町並み・竹の古場公園の躑躅 5月1日分。
 
朝から曇り。
長崎県松浦市の土谷の棚田。
定番ポイントは真ん中に休耕田があって撮影せず、残念。
 
イメージ 1
 
佐賀県唐津市の切木牡丹園。入園500円。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
佐賀県伊万里市大川内山の町並み。
 
イメージ 4
 
佐賀県伊万里市の竹の古場公園のつつじ。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
夜は、佐賀県武雄市の武雄温泉へ、400円。
8時過ぎに車中泊。夜は本降りの雨。
 
続く。
 
 

佐賀県唐津市の見帰の滝・蕨野の棚田、長崎県松浦市の不老山の躑躅 4月30日分。
 
朝から小雨。
 
佐賀県唐津市の見帰の滝、100名瀑の1つ。
西向き。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
蕨野の棚田、まだほとんど水は入っていない。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
長崎県松浦市の不老山、つつじは見頃後半。
 
イメージ 6
 
イメージ 5
 
8時過ぎに車中泊。
 
続く。
 

このページのトップヘ