風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:長谷の棚田

大阪府能勢町の長谷の棚田、京都府福知山市の毛原の棚田、与謝野町の大内峠の一字観公園からの天橋立、伊根町の伊根の舟屋、京丹後市の間人皇后と聖徳太子の母子像と夕日 7月15日分。
 
15日金曜日、朝8時に自宅を出発、第二阪奈と阪神高速を経由、国道173号線を北上し、
まずは大阪府能勢町の長谷の棚田に寄り道。
特に案内板などはなし。
 
天気は晴れだが、雲が多い空模様。
ちょうどテレビのロケも行われていた。
周辺の紫陽花は終盤。
10時頃から昼まで撮影。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
その後、さらに北上して綾部市を抜け、
2時ごろに府道9号線沿いの京都府福知山市大江町毛原の棚田へ。
道沿いに案内板がある。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
その後、京都府の宮津市を抜けて、
3時半頃に、京丹後市と与謝野町の境にある大内峠の一字観公園へ。
ここは宿泊設備がととのっているし、展望台もとても広い。
 
天気はすっかり快晴で、天橋立が美しい。
 
イメージ 6
 
すぐ近くに板列(いたなみ)展望台もあるが、ここは樹が伸びて展望はいまひとつ。
展望台をつない伸びる、広く舗装された道沿いの所々から天橋立は見えるが、
一字観公園からが一番と思う。
 
5時半頃に、伊根町に移動。
道の駅の展望台から伊根の舟屋を撮影。
 
イメージ 7
 
伊根湾沿いから。
 
イメージ 8
 
その後、丹後半島を横断、
京丹後市丹後町の立岩近くの間人皇后と聖徳太子の母子像の所で夕日を撮影。
太陽は日没近くになって雲に隠れてしまった、残念。
日没は7時15分くらい。
 
イメージ 9
 
その後、すぐ近くの丹後温泉へ、500円、10時まで。
夜は、道の駅「てんきてんき丹後」で車中泊。
しばらくは暑かったが、夜12時過ぎからは急に冷えてきた。
 
続く。
 

大阪府池田市の水月公園の花菖蒲、能勢町の長谷の棚田 6月8日分。


天気は晴れだが白っぽい空でいまひとつ。


阪神高速を通り、大阪府池田市の水月公園へ向かう。
176号線沿い井口堂辺りの100円パーキングに駐車。
花菖蒲は7分咲きくらいで見頃。

水月公園の花菖蒲。

イメージ 1

次に173号線を北上、能勢町の長谷の棚田に移動。
道の駅能勢の手前から大阪府民牧場前を通り、稲地口から西に入る。
美濃谷の北西辺りが有名な撮影ポイントだが、
周辺には茅葺き民家が多く、棚田との組み合わせで撮れるポイントは多い。
少し稲が生長しているが、まだまだ撮影好機だと思う。
朝日で撮る場合、太陽がもろに入ると茅葺き民家が暗くつぶれてしまうので、
上空にうす雲が広がって反射してくれることが期待出来るような日がベスト。
路上に数台駐車可。

長谷の棚田。

イメージ 2

イメージ 3

このページのトップヘ