風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:長谷寺

奈良県桜井市の長谷寺の桜 3月27日分4-2。

又兵衛桜の後、天益寺や才ケ辻の三兄弟の桜を案内。
10時半ごろに長谷寺へ。駐車場500円。
まずは向いの展望所から。ここは穴場。

_S9A1327

拝観500円。境内春の花が咲き乱れ、何度来ても飽きない。
枝垂れ桜は満開から散りはじめ。染井吉野も満開。

_S9A1419

_S9A1456

_S9A1562




今年の桜は記録的に早い。
当初3月下旬まではデスクワーク中心の予定だったが、
どこもかしこも満開になってきたので、ここ数日は撮影に出た切り。
26日は京都。27日は奈良。28日29日は京都を撮影。
今日は黄砂が凄かったので、久しぶりに休息。
明日からは兵庫と京都北部を2泊3日で廻る予定。
ブログの更新はしばらくできそうにないので、少しだけアップします。

京都府京都市の東寺の不二桜のライトアップ夜景

_S9A1078

奈良県宇陀市の又兵衛桜

_S9A1231

奈良県桜井市の長谷寺の桜

_S9A1562

京都市の祇園白川の桜

_S9A2060

京都市の哲学の道の桜

_S9A2347

京都市の疎水インクラインの桜

_S9A2093

京都市の竹中稲荷神社の桜

_S9A2172




奈良県桜井市の長谷寺の桜 4月5日分6-6。

駐車場500円。入山500円。


_V9A1574

_V9A1582

_V9A1588

奈良県桜井市の八講桜と長谷寺の桜 3月28日分

前夜から雨、一日中、強く降ったり、パラパラになったりの繰り返し。
朝から、八講桜へ。無料駐車場あり、トイレなどはなし。
桜の後ろに雲海が入るのを待つが、なかなかいい状態にはならず。
少し離れたところにはたっぷりあるのだが、前にはなかなか流れて来ない。
来そうで来ない繰り返しで、結局4時間半もいる羽目に。
その間にカメラマンが数名入れ替わり。多くても4人くらい。
ロケーション最高なのに、この場所はいつもほとんど込まない。

_V9A9988

_V9A9996

_V9A0017

_V9A0061

その後、長谷寺へ。駐車場1日500円。
枝垂れ桜は満開、染井吉野は平均7分咲きくらい。
対岸から、雲海入れて撮りたかったのだが、ここでも雲海は出ず。
対岸、神社が出来て綺麗に整備されていた。

寺内には入らず、参道の枝垂れ桜を少しだけ撮影。

_V9A0128

_V9A0136

_V9A0144

帰りに再び八講桜へ行くも、状況は変わらず。
明日香村にも行ったが、染井吉野が5分~満開、平均7分咲きくらい。
見頃にはもう数日の感じ。


長野県白馬村の長谷寺の桜 4月22日分10-10。

夕方4時前に長谷寺に移動。無料駐車場あり。境内自由。
桜は満開散り始め。

イメージ 1

イメージ 2


奈良県桜井市の長谷寺 4月19日分3-2。

長谷寺の駐車場は500円、拝観500円。特別拝観1300円。

牡丹は見頃だが、元気がない感じ。
石楠花は満開、躑躅やハナミズキも見ごろ。
八重桜が満開散り始め。新緑がとてもすがすがしい。
例年ならGW前後だが、今年の花はどこも早い。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


奈良県桜井市の長谷寺の桜と今井谷の八講桜、宇陀市の天益寺の枝垂れ桜と才ケ辻の枝垂れ桜 4月9日分。

朝から雨が降ったりやんだり。
昼前から晴れてくる。

朝一に桜井市の長谷寺へ。駐車場500円、拝観500円。
今日まで早朝拝観可能。境内三脚不可。
大手私鉄のポスターなどを撮影されている会社の社員カメラマンのYさんにばったり。

長谷寺の桜、満開。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

今井谷の八講桜、満開。
カメラマンが他に1.2名入れ替わり。


イメージ 11

イメージ 12

宇陀市に移動。

天益寺の枝垂れ桜、満開。
又兵衛桜の近くにある。又兵衛桜は5分咲き。

イメージ 13

才ケ辻の三兄弟と呼ばれる、三本の枝垂れ桜も満開。

イメージ 14

イメージ 15

昼からはコマーシャルフォトの撮影があるので、風景写真は午前中のみ。

神奈川県横須賀市の観音崎の紫陽花、鎌倉市長谷寺の紫陽花・明月院の紫陽花と花菖蒲、東京湾アクアライン、千葉県鴨川市の大山千枚田、木更津市の太田山公園からの夜景 6月10日分。

天気は、朝は霧のち曇り、その後晴れてくるが雲の多い天気。

神奈川県横須賀市の観音崎の紫陽花。
駐車場あり、休日・期間限定有料。


イメージ 1

その後、鎌倉市に移動。

長谷寺の紫陽花。朝8時から拝観300円。

開門時には、観光客のすごい行列ができていた。

イメージ 2

イメージ 3

明月院の紫陽花。朝8時半から拝観300円。三脚禁止。
観光客が多い。


イメージ 4

本堂後庭園の特別公開、500円。花菖蒲が見頃後半。

イメージ 5

その後、横浜ベイブリッジ経由で東京湾アクアラインへ。

海ほたるパーキング。

イメージ 6

千葉県に入り南下。

千葉県鴨川市の大山千枚田。
無料駐車場・トイレあり。観光バスがいっぱい。
午後の光線がおすすめ。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

その後、再び北上。

夕方、木更津市の太田山公園のきみさらずタワーへ。
無料の駐車場・トイレあり。立派な展望台がある。

木更津市の夕景と夜景。

イメージ 10

イメージ 11

夜は、九十九里浜の民宿へ。

奈良県桜井市長谷寺の紅葉 11月26日分3-3。
 
長谷寺に移動、駐車場、拝観共に500円。
紅葉は見頃。
塔の後ろと休憩所横で工事中。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12

奈良県斑鳩町の大和川堤の桜、桜井市の長谷寺の桜、宇陀市の悟真寺と才が辻の桜 4月9日分。
 
今日は朝から小雨模様。
まずは行きがけに地元奈良県斑鳩町の大和川堤の桜を撮る。
うっすらもやがかかって美しい。満開。
 
イメージ 1
 
10時ごろ、奈良県桜井市の長谷寺へ。
駐車場、拝観各500円、三脚禁止。境内見頃旬。
 
本坊前から。
 
イメージ 10
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
登廊付近から。
 
イメージ 20
 
イメージ 21
 
イメージ 22
 
イメージ 23
 
本堂舞台から。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
五重塔前。
 
イメージ 5
 
休憩所付近。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
六角堂。
 
イメージ 9
 
イメージ 11
 
参道入り口付近。
 
イメージ 12
 
次に宇陀市榛原区の悟真寺へ移動。
枝垂れ桜は、西側はほぼ満開、東側の境内側は3分咲きくらい、左右でかなりずれる。
染井吉野は咲き始め。西斜面なので、晴天の日は午後がおすすめ。
撮影中に2台車が来たくらいで、ほとんど穴場です。
 
西側から。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
最後にに宇陀市大宇陀区の才が辻へ。
民家と光台寺の枝垂れ桜は共に満開。 
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
 
 
 

奈良県宇陀市小原の極楽寺と大野寺の枝垂れ桜、桜井市の長谷寺、三重県名張市延寿院の枝垂れ桜、和歌山県粉河町上丹生谷付近の桃畑 4月2日分。

奈良と三重と和歌山と駆け足で廻って来た。

朝は雨、天気予報では午後から晴れになるということで雨上がりの青天を期待。

まずは、名阪国道の小倉ICからやまなみロードへ。

奈良県宇陀市小原の極楽寺の枝垂れ桜、満開。
拝観自由、路肩駐車可、近景は空抜きになるので青天のほうがよい。

イメージ 1

三重県名張市延寿院の枝垂れ桜、満開。 
赤目48滝の入り口を左手に少し登ったところにある。
拝観自由、駐車場はなし、赤目48滝の駐車場は800円。
雨は上がりガスが出てくる。

イメージ 2

イメージ 8

奈良県宇陀市の大野寺の枝垂れ桜、満開。拝観300円、駐車場無料、三脚禁止。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

奈良県桜井市の長谷寺、拝観500円、駐車場500円、三脚禁止。
しだれ桜は散り始め、染井吉野は満開、木蓮は終盤。

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

午後になっても曇りのまま、時々日が射すが、青空は見えず。
奈良、和歌山ともに染井吉野は、ほとんど満開見頃になっている。今週末は最高だろう。

最後に和歌山の紀ノ川沿いの桃源郷へ、全体的には7分から満開の感じ。

和歌山県粉河町上丹生谷付近の桃畑。

イメージ 6

イメージ 7

夕方になってもいまひとつの天気なので帰路に着いた。

奈良県明日香村の石舞台と橘寺の桜、桜井市の長谷寺の桜、宇陀市の室生の里と室生寺の桜 4月5日分。


昨日の雨での霧の発生を期待して、朝から撮影に出る。
天気は、朝はくもり昼頃から日が射し始めるが白い空。

最初に奈良県明日香村の石舞台の桜を撮影。
カメラマン数名、、桜は5分から7分咲き、菜の花はほぼ見頃。
橘寺も桜は5分から7分咲き、甘かしの丘の桜は満開、梅林は半散り。

明日香村の石舞台の桜。

イメージ 1

7時半ごろに桜井市の長谷寺へ向かう、駐車場は500円、すでにほぼ満車。
開門は8時半からなのだが、すでに多くのカメラマンが勝手に入っている。
8時前に受付が開いたので中に入る、境内500円。
山桜としだれ桜は満開散り始め、染井吉野は5分から満開で平均7分咲きくらい。
白木蓮は傷んで半散り状態。

桜井市の長谷寺の桜。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

10時頃、すっかり霧が消えたので室生寺方面に移動。

鳥見山の桜は、まだつぼみ。

滝谷花菖蒲園のしだれ桜は、まだ咲き始め、来週くらいが見頃らしい。
染井吉野は3分咲きくらい。

大野寺は見頃とのことだったが、
ここは空抜きの構図がメインになるので、今日は空が白いのでパス。

昼前に室生の里に到着。
天気がさえないので、室生芸術の森を見学、入園400円、特に花はなし。
西光寺の城之山桜は、6分咲きくらい、臨時の駐車場ができていた。

日が射し始めたので昼過ぎに室生寺へ、境内500円、駐車場は500円から600円。

太鼓橋付近の染井吉野は、5分咲きくらい。
川沿いの染井吉野は、咲き始めから3分咲き。
山桜、江戸彼岸は満開、しだれ桜は8分見頃。

境内には桜は少ないが、乙松桜は8分見頃、山桜も満開、染井吉野は、咲き始めから3分咲き。

宇陀市の室生の里の桜、室生寺横にある。

イメージ 6

宇陀市の室生寺の乙松桜と山桜。

イメージ 7

2時頃に移動、室生湖の山桜数本が見頃。
その後、食事をとり休憩、少し空に青みが出てくる。

夕方再び明日香村へ移動。
橘寺の左近の桜は満開、夕日を浴びて美しい。
最後に、甘かしの丘へ、朝と比べるとかなり散っている。
6時過ぎに日没、帰路に着いた。

明日香村の橘寺の左近の桜。

イメージ 8

奈良県桜井市の山辺の道の桜・今井谷の八講桜・長谷寺の桜、宇陀市の天益寺の枝垂れ桜 4月4日分。 


朝はくもり、昼頃から雨変わるのを待ち撮影に出る。

最初に奈良県桜井市の山辺の道の桜を撮影。
カメラマン他2名、霧が漂い美しい、桜は5分から8分咲き、桃は3分くらい。

山辺の道の桜

イメージ 1

次に桜井市の今井谷の八講桜を見に行く。
しだれ桜は満開、駐車場は300円。
雨にけむりいい感じ、後からカメラマンが数名、観光客は少ない。

今井谷の八講桜。

イメージ 2

続いて宇陀市の天益寺へ、境内自由、駐車場はなし。
しだれ桜は満開、近くのれんぎょうと雪柳も見頃。
全景はブルーシートがとても気になる、残念。

天益寺の枝垂れ桜。

イメージ 3

イメージ 4

最後に桜井市の長谷寺へ向かう、駐車場は500円。
5時を回っていたので、入り口付近と対岸からの撮影のみ。

桜井市の長谷寺。

イメージ 5

イメージ 6

奈良県宇陀市の室生寺の紅葉・大野寺前の摩崖仏と紅葉、桜井市の長谷寺の紅葉・素戔嗚尊神社のイチョウ・等弥神社の紅葉、吉野町の吉野山の西行庵の散り紅葉 11月28日分。


朝から雨。
朝一で奈良県宇陀市の室生寺へ(境内600円、周辺の駐車場500円~600円)

8時の開門前に行くと、同じカメラマンムックに執筆している高橋さんにばったり。
共通の知人もいて前からお会いしたいと思っていたところ。
写真教室や吉野観光協会の仕事もされていて、いろいろと興味深い話をお聞きした。
高橋さんのホームページ http://www5d.biglobe.ne.jp/~p-kasuga/index.html

室生寺の紅葉は、太鼓橋と山門付近は見頃後半散り始め、
二人の目当ての鎧坂付近は、下の方はまだ色変わり中で色はいまひとつの感じ、
楓が大きくなりすぎて鎧坂にかかり撮りにくそう、上のほうは散り初めと色変わり中。
金堂前のいちょうは、ほぼ散り、本堂は修復工事中。
雨が強くカメラマンは二人きり。

室生寺の鎧坂。

イメージ 1

高橋さんと別れた後、宇陀市大野寺前の摩崖仏を見に行く。
紅葉は見頃、楓は5分くらい、イチョウはほぼ散り。

大野寺前の摩崖仏の紅葉。

イメージ 2

その後、桜井市の長谷寺へ移動(境内500円、駐車場500円)
雨が上がり時々日が射してくる。
最初に対岸から全景を撮影、その後境内を廻る。
紅葉は見頃で色変わり中も多い、少し色が弱い気がするが何本かは綺麗なのもある。
五重塔付近の楓はオレンジ色から赤色への色変わり中。
天気は、雨になったり晴れたりと目まぐるしく変わる。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、対岸の素戔嗚尊神社のイチョウを撮影、散りイチョウがとても綺麗。

イメージ 8

1時半に桜井市の等弥神社に移動(境内、駐車場無料)
紅葉は見頃、色変わり中、散り混在、少し色が弱い気がする。

等弥神社の紅葉。

イメージ 9

その後、明日香から芋ヶ峠を抜け吉野山へ向かう。
奥千本の金峰神社の西行庵の楓は見頃終盤で散り紅葉を撮影(境内、駐車場無料)
駐車場から西行庵まで歩いて12分ほど。

帰り道、車窓から見た感じでは、高城山の楓も見頃終盤、
上千本、金峯山寺蔵王堂、下千本、吉野神宮の楓は、見頃で色変わり中もあり。

西行庵の散り紅葉。

イメージ 10

イメージ 11

奈良県宇陀市の滝谷花菖蒲園の紫陽花と花菖蒲、桜井市の長谷寺の紫陽花 7月1日分。

天気は一日曇り。

奈良県宇陀市の滝谷花菖蒲園と
桜井市の長谷寺の紫陽花を撮りに行って来た。

今回は、伯父さん夫婦と母の観光案内を兼ねてなので、
デジカメのイオス5Dの手持ち撮影のみのお気楽モード。

10時頃に滝谷花菖蒲園に到着。
花菖蒲はピークを過ぎて少し寂しい感じで、
今年は全体的に花数も少なかった模様。
紫陽花と睡蓮は見頃だった。

滝谷花菖蒲園の紫陽花と花菖蒲。

イメージ 1

11時過ぎに長谷寺に移動。
この時期に来るのは初めてだったのだが、
思っていたよりずっと紫陽花が多く、撮影ポイントも多い。
ちょうど見頃、まだしばらくは楽しめそう。
今年はもう来る時間がないが、
来年、雨の時にじっくりと撮影してみたい。

桜井市の長谷寺の紫陽花。

イメージ 2

イメージ 3

このページのトップヘ