風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:阿蘇市

熊本県阿蘇市の城山展望台から望む阿蘇五岳 4月18日分4-3。

2時10分頃に通潤橋を出発。
途中20分ほど休憩。

4時前に阿蘇市の城山展望台へ。
無料駐車場・カフェ有り。

https://www.welcomekyushu.jp/kyushu_now/kumamoto/234.html

_S9A6854


熊本県阿蘇市の長寿ケ丘公園の桜、小国町の杖立温泉の鯉のぼり、大分県日田市の振り袖桜、熊本県高森町の高森峠 4月6日分。

天気は曇り、時々日差しあり。

天気いまいちなのでロケハン主体。

阿蘇市の長寿ケ丘公園の桜は、満開だったが花付きが悪かった。
晴れていれば阿蘇山と桜が撮れるところ。

アップ写真などを撮りながらゆっくり北上。

イメージ 10

小国町の前原の1本桜はまだ咲きはじめ。案内あり、駐車場のみトイレなし。

小国町の杖立温泉の鯉のぼり。ここは規模が大きい。
桜は満開散りはじめ。橋が数か所あっていろんなところから撮れる。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

途中で見かけた桜吹雪。

イメージ 6

大分県日田市の振り袖桜。路肩駐車可。道案内なし。桜の紹介看板のみ。
蜂の巣湖の川畑橋の南側のトンネル横を上る。
桜は満開。

イメージ 7

イメージ 8

夕方、再び熊本県高森町の高森峠へ。
カメラマン3名ほど。

イメージ 9

撮影を終えるとすぐに雨が降り出してきた。

夜はペンションヘ。



熊本県菊池市の菊池渓谷・孔子公園、南阿蘇村の数鹿ヶ滝、阿蘇市の「はな阿蘇美」のバラ園・長寿ヶ丘公苑の躑躅・仙酔峡の躑躅、産山村の扇棚田 5月16日分。
 
早朝から再び熊本県菊池市の菊池渓谷へ。
駐車場200円、協力金100円。売店、食堂あり。
雨上がりで撮影しやすい。カメラマンも多い。
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
この時、朝日の光芒は、角度的にいまひとつ。
 
イメージ 1
 
イメージ 17
 
イメージ 2
 
イメージ 12
 
10時ごろ、晴れてきたので退散。
渓谷はあまり晴れてくると、撮影には不向き。
 
菊池市の孔子公園。
晴れてきたがやや薄い青空。
 
イメージ 18
 
南阿蘇村の数鹿ヶ滝、100名瀑の1つ。
駐車場から展望所まで3分。南向き。滝壺には行けない。
 
イメージ 19
 
阿蘇市の「はな阿蘇美」のバラ園。入園400円。
 
イメージ 3
 
阿蘇市の長寿ヶ丘公苑。
つつじは全体的には終盤だが、所々見頃のも残っていた。
阿蘇山が良く見える。阿蘇山との競演は、午後がおすすめ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
天気はしだいに快晴に変わる。
3時半ごろ、再び阿蘇市の仙酔峡へ。
見頃だが、今年は花が少なくあまり良くないみたいだった。
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
夕方、再び雲が増える。
国道57号線の卯の鼻付近の九十九折の道沿いから。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
薄暮の時間の前に、再び産山村の扇棚田へ。
偶然出合った久野さんに協力してもらって、光跡と棚田を撮影。
久野さんが車で走る係りで、自分が2人分のカメラのシャッターを押す係り。
真横になる部分が多いのが難点か。
久野さん、ありがとうございました。
 
イメージ 11
 
9時頃、道の駅で休憩していたら警察に職質。
奈良ナンバーはめずらしいからみたい。
10時に車中泊。
 
続く。

熊本県阿蘇市の大観峰・かぶと岩展望所・城山展望所、大分県竹田市のくじゅう花公園・九重町の長者原からのくじゅう連山 5月12日。
 
朝は阿蘇市の大観峰へ、阿蘇北外輪山の最高峰。
北からになるので、ここから朝日と絡めては撮れない。
 
イメージ 1
 
かぶと岩展望所から。
 
イメージ 2
 
ミルクロード沿いには、牛さんがいっぱい。
天気は快晴になる。
 
イメージ 9
 
やまなみハイウエイの城山展望所から。
 
イメージ 10
 
大分県竹田市のくじゅう花公園、入園1000円。
ポピー、ネモフィラ、リビングストンデージーが見頃。
阿蘇や、くじゅう連山が背景に見える。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 3
 
やまなみハイウエイの牧の戸峠から5分ほど登った東屋付近からのくじゅう連山。
 
イメージ 5
 
やまなみハイウエイの久重町の長者原からのくじゅう連山。
 
イメージ 4
 
イメージ 6
 
夕方、再び阿蘇市の大観峰へ。
 
イメージ 7
 
大観峰から阿蘇スカイラインを西へ移動した路肩から。
手前に見えるのが内牧温泉街。
 
イメージ 8
 
夜は、再び内牧温泉の薬師湯へ、200円、シャンプーなし。
10時に車中泊。
 
続く。

熊本県上天草市の高舞登山の展望台、高森町の高森峠からの阿蘇山、阿蘇市の仙酔峡の躑躅・米塚・大観峰からの夜景、南阿蘇村の俵山峠の風車 5月11日。
 
朝再び、高舞登山へ。
天気は晴れ、やや薄い青空。
 
奥に見えるのが天草五橋の1つの前島橋。
 
イメージ 3
 
その後、国道57、218、265号線を通り、熊本県の阿蘇山へ。
 
高森町の265号線の高森峠から。
午前中の光線がおすすめ。
 
イメージ 1
 
高森町の月廻りから。
午前中の光線がおすすめ。
 
イメージ 2
 
阿蘇市の仙酔峡のつつじ。4,5分咲きということだったが、2,3分の感じ。
午後の光線がおすすめ。
 
イメージ 4
 
阿蘇市の米塚。草千里ヶ浜近くにある。
 
イメージ 5
 
この辺りは、見事なこいのぼりが庭先を飾っているところが多い。
関西では最近は、あまり見なくなった。
 
イメージ 6
 
南阿蘇村の俵山峠の風車。ここは朝日の撮影ポイントでもある。
 
イメージ 7
 
阿蘇市の大観峰からの夜景。
展望台は5時で閉まるので、その手前の広場から。
田園の水はほとんど入っている。
 
イメージ 8
 
夜は阿蘇内牧温泉へ、450円、10時まで。
10時前に車中泊。
 
続く。

このページのトップヘ