風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:陸前高田市

岩手県陸前高田市の震災遺構と東日本大震災津波伝承館と奇跡の1本松 7月21日分5-1。

朝は曇りだったので、のんびり。
7時半ごろから晴れてきたので、震災遺構を見に行く。

震災遺構 旧陸前高田市立気仙中学校。
無料駐車場、トイレあり。中には入れない。
生徒は、いち早く非難して人的被害は出なかったらしい。


_S9A0450

震災遺構 旧下宿定住促進住宅。
5階は無傷なのに、4階以下は津波で破壊されているのがわかる。
路肩駐車可。


_S9A0453

8時過ぎに陸前高田市の道の駅高田松原へ。
半分は東日本大震災津波伝承館となっており、令和元年9月22日に開館した施設。
https://iwate-tsunami-memorial.jp/
https://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/machizukuri_sangyo/kisekinoippommatsu/index.html

_S9A0460

_S9A0464

_S9A0485

_S9A0491

_S9A0508

被災したユースホステルと奇跡の1本松。

_S9A0475

岩手県陸前高田市の奇跡の1本松 7月20日分6-5。

5時ごろに山吹の棚田へ。
寄り道しすぎて遅くなり、もう影が大過ぎたので、撮影せず。

6時に陸前高田市の道の駅高田松原へ。
半分は東日本大震災津波伝承館となっており、令和元年9月22日に開館した施設。
https://iwate-tsunami-memorial.jp/

東日本大震災津波伝承館の営業は終了していたが、
奇跡の1本松と被災したユースホステルは24時間見ることができる。

https://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/machizukuri_sangyo/kisekinoippommatsu/index.html

_S9A0384

_S9A0399

岩手県一関市の山吹の棚田と猊鼻渓平泉町の中尊寺の金色堂と毛越寺の花菖蒲園、陸前高田市の奇跡の一本松、宮城県気仙沼市の唐桑半島 6月22日分。

朝は山に霧が流れていた。
岩手県一関市の山吹の棚田。棚田100選の北限になる。

イメージ 1

イメージ 2

平泉町の中尊寺の金色堂、世界遺産に指定されている。

イメージ 3

同じく平泉町の毛越寺の花菖蒲園、まだ2,3分咲き。
ここも世界遺産に指定されている。

イメージ 4

イメージ 5

その後、平泉の他の世界遺産を廻り、一関市の猊鼻渓へ。
 舟下り(1500円) でないと見れないところ。
奥まで行き、少し陸に上がって自由散策、再び船で戻ってくる、約1時間半。

イメージ 9

イメージ 10

その後、太平洋側へ抜ける。

宮城県の北部にある気仙沼市の唐桑半島へ。
巨釜・半造を廻り、岬の先にある御崎へ。

イメージ 6

イメージ 7

海沿いを北上、再び岩手県に入る。
東日本大震災でなくなった陸前高田市にあった高田松原に唯一残った奇跡の一本松へ。
東日本大震災応援ツアーの人たちなどが、訪れていた。
周辺、まだ津波の傷跡が多く残っている。
奥の建物は、使われていなかったユースホステル。

イメージ 8

夜は、通岡峠で車中泊。
温泉や屋台村、コインランドリーなどもある。

このページのトップヘ