風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:雪景色

奈良県五條市の鹿場の桃源郷の雪景色 4月2日分3-1。

前日の嵐で雲海期待で、鹿場へ。
川岸から上がる道から薄っすら雪化粧。
5時ごろに到着。誰もいない。
しばらくすると知り合いの写真家さんが次々と、
最終的には5人になるが、いち時期に比べたらすごく減ったように思う。

今日は雲海はそこそこだったが、この時期に雪化粧はめずらしい。
久しぶりの当たりかな。

昨日は風があるから駄目だと思っていたが、雲海が出ていたとのこと。

台風の影響で少し倒木しているようだが、あまり気にはならない感じ。
西山のほうはかなりやられているらしい。

日が差し始めると綺麗だが、溶けるのもあっという間。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10




新潟県上越市の高田公園の雪景色と朝焼け 2月15日分2-1。

朝から再び高田公園へ。少しだけ雲が焼けた。

イメージ 1

イメージ 2

その後、雪景色を撮影しながら十日町市へ移動。

イメージ 5

十日町市の儀明の棚田。
雪が多いとほとんどわからないので、本来は雪の降り始めの頃がよい。

イメージ 3

イメージ 4

秋田県にかほ市の鳥海ブルーラインの雪の回廊 5月1日分3-2。

秋田県にかほ市と山形県遊佐町を結ぶ
鳥海ブルーラインが4月下旬に通行可能になったので、走りに行く。
五合目の鉾立付近では10メートルくらいの雪の壁があった。


イメージ 1

イメージ 2


長野県松本市の乗鞍高原の雪景色 2月18日分3-1。

朝から快晴。

乗鞍高原の一ノ瀬園地へ。
まいめ池まで、観光駐車場からスノーシューで1時間ほど。
雪が深いのでかんじきの人は苦労していた。
大きめのスノーシューでも結構大変。
スノーシューレンタルやスノーシューツアーもある。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

奈良県斑鳩町の法輪寺の雪景色 2月12日分。

昨年末から何度か寒波が来ているものの、
奈良県でも特に雪の少ない斑鳩はほんのかすかに雪化粧したのが、2回ほど。
昨日はそんなに寒くなかったのに、今日は久しぶりの雪景色。
完全な不意打ち。
とはいえ、木々の着雪は少ないので、あまり絵にはならない感じ。

奈良の人は車にスタッドレス装備していない人が多いので、
道は大渋滞、事故も多発。

今年は父のこともあって遠くに出かけることはできず、
家で写真整理してたので、やっと初撮り、少しだけ。

法起寺はすでにいいのがいっぱいあるので、法輪寺へ。
ちなみに法隆寺は一部工事中。

イメージ 1

福井県敦賀市の気比の松原の雪景色 2月13日分3-3。

帰りの高速では青空が見えてきたので、寒波はもう通り過ぎたのかと思っていたら、
敦賀が近づくにつれ、猛吹雪。

敦賀ICで降りて、気比の松原に向かう。
大雪でほとんど駐車場が使えず、なんとか西側の駐車場に停める。

しかし、水分の多い湿雪はすぐ落ちて絵にならず、残念。
大雪の後の朝一番しか難しいかも。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

4時半に再び、敦賀ICから高速へ。

長浜付近からは夕日に染まる伊吹山が見えたが、残念ながら止まるところなし。

5時20分に八日市ICで降りて、下道を南下。
50分ほどで、上柘植から名阪国道へ。

途中休憩、7時半ごろに帰宅。
今回の総走行距離は、938.5キロ。

これで、今回の3泊4日の取材記は終了です。
ありがとうございました。



石川県金沢市の金沢城跡の雪景色 2月13日分3-2。

兼六園からとなりの金沢城跡に移動。


少し青空が見え、雪がかなり溶けてきた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

玉泉院丸庭園。

また少し吹雪いた。

イメージ 4

イメージ 5

11時ごろに帰路につく。

続く。

石川県金沢市の兼六園の雪景色 2月13日分3-1。

月曜日、車の上の雪は5センチほど。
朝一で兼六園近くのコインパーキングに停め、早朝入園。

早朝入園できる入り口は2か所のみなので、注意。
この時期の早朝入園は6時から7時45分だが、
7時45分ごろに1度外に出てくださいのアナウンスのみで、
見回りとかはなく、門も開いたまま。
1度出て、入園券を買ってまたすぐに入るが、
入ったままの人も多いんじゃないかな。


イメージ 1

たまに吹雪く。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

梅園も見頃。冠雪して美しい。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

少し、青空が見えてきた。

イメージ 12

その後、おとなりの金沢城跡に向かう。

続く。

岐阜県白川村の白川郷の雪景色の夜景 2月12日分5-5。

当初、五箇山の合掌集落の夜景を撮るつもりだったが、
雪の状態がよくないので、白川郷に移動。

展望台からの夜景。
周囲は全て外国の方でした。カメラマン5.6名に観光客少し。

直前の吹雪がやんで、クリアになった。
ボタン雪が降ってくれれば、最高なのだが、そうはうまくいかない。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

夜は、高速で石川県の金沢市まで移動、約1時間。

兼六園近くの宿に泊まる。


富山県南砺市の庄川峡の雪景色 2月12日分5-4。

国道156号線を南下して、庄川峡経由で五箇山に向かう。

庄川峡の雪景色。
雪で駐車スペースがほとんどないのが難しいところ。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 4

その後、五箇山の相倉集落に向かう。
展望ポイントへの道は、除雪されていて、
滑りやすいものの、行くのはたやすかったが、
大雪で屋根の雪の崩れが大きく撮影せず。
また、集落からは大雪で雪の壁がすごくて、合掌作りがよく見えず。
ということで撮影せず。

夕方は白川郷に向かう。

このページのトップヘ