風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:雲海

奈良県宇陀市の鳥見山の朝日と雲海、及び宇陀松山城、10月7日分

久しぶりに宇陀市の鳥見山へ。

日の出の1時間前に到着、すでに数台の車あり。
東側の展望台には、自分を含めてカメラマン7人。
若い人が多かった。
下の新しい道沿いにも数名。

冷え込んだので、雲海出るかなと思ったのだが、あまり出なかった。
前日の雨がたいしたことなかったので、いまひとつで少しだけ撮影。

雲海予報で便利なサイト↓


イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

その後、宇陀松山城跡へ。
まだ行ったことなかったので、下見。
春日神社の手水場横から登る、案内あり。
道は狭いが悪くはない。
空荷で10分ほどで、南側の大峰山脈の展望が見える。
そこから2分ほどで天守跡。

携帯で撮影、資料用。

南側の大峰山脈の展望。
朝狙うなら、太陽が一番南に来る冬至頃。
北から見ることになるので、「かぎろい」は見れるかどうか微妙。

イメージ 4

天守跡。やや草が多い。
東側の展望はいまいち、東南側には高い杉林があり、展望を遮っている。

イメージ 5

北側、鳥見山方面の展望。

イメージ 6

西側の展望も開けているが、山の連なりはいまいち。



奈良県吉野町の吉野山の紅葉、桜井市の談山神社の紅葉 11月10日分。
前夜は雨、天気は曇り時々小雨。
午前中少しだけ撮影。

奥吉野の高城山の紅葉は見頃旬。
うっすら霧が漂う。
他にカメラマン2名。駐車場は5台くらいが限界。

イメージ 1

イメージ 2

上千本、広い路肩に駐車可。
雲海はあっという間に消えていく。
桜紅葉はほぼ散っています、下千本も同様。
楓の大木1本が見頃、
色はそこそこくらい、この木はあまり綺麗には色付かない。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、桜井市の談山神社へ。
無料駐車場あり、拝観500円、8時半から。
十三重塔周辺は見頃前半、北側の大木はかなり散ってるが、
南側は先のほうだけで、まだ緑の部分が多い。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

日当たりのいい所は、色変わり中。
本殿、階段付近は緑。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

向かいの展望広場からの眺め。

イメージ 15

以前斜めから見えたポイントは、かなり前に生垣ができて見えません。
私有地なので、立ち入り不可。


和歌山県高野町の高野山の紅葉 10月30日分。

朝3時過ぎに出発で、久しぶりに奈良の野迫川村の雲海景勝地へ。

5時過ぎに到着。先客、車2台3名。

日の出のころには、8名くらいになるが、かなり少なめ。

雲海は少しだけ、日の出は正面やや左。

雲が焼けたので、少しだけ撮影。

日の出後も雲海は増えず、撃沈。昨日もだめだったとのこと。

イメージ 2


その後、荒神辻横を抜けて、高野龍神スカイラインの大滝へ。

天気は高曇りの感じ。

大滝、見頃初期ともいえるが、11月上旬がピークと思う。

上から見下ろすポイントは、

手前の木が大きくなって、見えにくくなっている。

御殿川の渓谷も同じ。

イメージ 1

その後、高野山奥の院の英霊殿へ。

ここはいつも早いので、ちょうど見頃。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

その後、壇上伽藍に移動。

蛇腹道、職員駐車場あたりは色変わり中、見頃初期。

愛宕神社の銀杏は色変わり中、楓はまだまだ。

金剛峰寺の楓もまだまだ。

新しくできた中門。9時頃から晴れてくる。

イメージ 7

イメージ 8

蓮池は掃除で水なし。銀杏や桜紅葉は見頃。

イメージ 9

職員駐車場の楓。

イメージ 10

霊宝館、見頃初期。

イメージ 11

こうやくん。

イメージ 12

桜紅葉どこも見頃。

イメージ 13

一の橋手前付近。

イメージ 14

イメージ 15

その後、高野龍神スカイラインへ。
明日アップします。

北海道上富良野町千望峠の雲海と美瑛町の白髭の滝の紅葉 10月8日分2-1。

早朝から美瑛・富良野を廻る。
標高の高いところや水辺などは見頃後半から終盤に入りかけたところ。
今年の紅葉は、かなり早いみたい。

千望峠の北側の雲海ポイントで撮影。
千望峠からはいまひとつの感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

天気は曇ったり、小雨が降ったり、時々日が差したりの不安定な感じ。
白髭の滝の紅葉。手前の紅葉に日が差してきた、奥はまだ陰。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

白金不動の滝。

イメージ 9

青い池。紅葉は見頃後半。朝は逆光になる。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

続く。

北海道上富良野町の千望峠からの雲海と朝日 7月20日分5-1。

朝から快晴の予感。

上富良野町の千望峠周辺からの雲海と朝日。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

続く。

奈良県曽爾村の屏風岩の山桜・不退寺の源平しだれ桃 4月29日分。
 
朝から奈良県曽爾村の屏風岩へ。
 
6時40分くらいに三叉路の広い道路に車を停めて、屏風岩公苑まで400メートルほど歩く。
駐車場は思っていた通りすでにいっぱい。50台くらいは停まっていた。
広場にはすでにカメラマンがいっぱい。
広場の山桜は散り始め、屏風岩の山桜は満開ぱらぱらの感じ。
水曜日に満開宣言で、2日連続の雨で心配したが、そんなに散りは目立たない。
 
前日の雨で、早朝は山裾に雲海が流れていた。
その後、雲が多いものの時々晴れ間が見え、日が差したり曇ったりの天気。
快晴もよいが、雲がないのもさびしいので、ちょうどいい。
雲海と青空で2度おいしい、撮影にはいい日だった。
 
今日は11時からお祭りなので、使える駐車場は一番手前のみで、
上二ヶ所の駐車場は祭り用に閉鎖されていたのだが、
誰かがバリケードを勝手に開けたので、すべてカメラマンの車が占拠。
8時頃に、祭り関係者が車を移動して欲しいと言いに来ていた。
毎年のことらしいが、マナーは充分に守って欲しいものだ。
 
9時を過ぎたあたりから一般の観光客やハイカーも増えてくる。
11時前に帰ったのだが、駐車場手前の狭い道に路上駐車がずらっと並び、
その横を上ってくる車が数珠繋ぎ、駐車場の車も出るに出られず状態。
離れた場所に車を停めて正解だった。
祝日に祭りで込むのは必然。
祭りがあることを知らない人がほとんどなのが不思議。
行くところについて、ホームページとかで事前に調べないのだろうか。
 
 
 
震災の為、今年のライトアップは中止、祭りの獅子舞もやらないみたい。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
帰りに同じ曽爾村の不退寺の源平しだれ桃を撮影、少し散り始め、樹齢27.8年とのこと。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 

兵庫県朝来市の竹田城址の雲海と朝焼け、丹波市の高源寺と大同寺の紅葉 11月21日分。

日曜日、5時過ぎに出発、兵庫県朝来市の竹田城址へ。
5時半に到着、すでに駐車場はあふれている。

5時45分ごろ、竹田城址の本丸へ。
360度広がる雲海にも感動。すごい数のカメラマンと観光客にもびっくり。

最初の天気予報では土曜日は雨ということだったが、
結局、金土日と快晴で3日ともすごく雲海が出ていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

その後、兵庫県丹波市の高源寺へ移動、拝観300円、駐車場無料。
朝からすごい人出。カメラマンも多い。紅葉は見頃後半、痛みが多くいまひとつで撮影せず。

移動途中に見つけた遠阪川沿いのカエデ。

イメージ 14

イメージ 3

その後、朝来市の当勝神社へ移動、無料。
本殿の赤いカエデは半散り、見頃、色変わり混在。
美しいカエデを見つけたので、アップをいろんなバリエーションで撮影。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

その後、朝来市の大同寺へ、無料。
見頃、色変わり混在。

イメージ 4

イメージ 5

その後、遠阪峠で見つけた散り紅葉を撮影。

イメージ 6

2時半に、丹波市の神池寺へ移動、志納。
紅葉は見頃、色変わり混在だが、メインの紅葉はかなり散っていた。

3時前に帰路に着いた。



兵庫県養父市宮垣の雲海と養父神社と宮津市の成相寺の紅葉、舞鶴市の金剛院の紅葉とキャンドルイルミネーション 11月20日分。

土曜日、5時起きで兵庫県養父市宮垣の雲海撮影ポイントへ。
他にカメラマンの姿はなし。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 13

8時頃、養父市の養父神社へ移動、無料、他にカメラマンはなし。
うっすらと霧(雲海)が出ていて、いい感じ。拡散光の柔らかい光が最適。
森の中なので、ここは雨天か霧で撮りたい場所。

時間がたつとカメラマンが増えてくるが、光がないといって撮影しない人もいる。
光が射し始めたら、コントラストが強すぎて全然だめなのに、もったいない。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 3

イメージ 4

10時頃に、霧がはれ快晴に変わったので、晴天向きのカットも撮影。

イメージ 5

イメージ 6

昼頃に、京都府宮津市の成相寺に移動、拝観500円。
紅葉は見頃、色変わり中、しかし上部が痛んでるのも多い。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

2時前に、京都府舞鶴市の金剛院に移動。
土日、キャンドルイルミネーションが行われるのと、
昨日来たときは、下側がもうかげりはじめていたので、リベンジで早めに到着したのだが、
もうすでに陰り始め。入山200円、外の公園からでも良く見える。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

2時半に三脚セット、一番乗り。4時ごろ、三脚7台。5時前に17台。
以前にキャンドルイルミネーションに来たときに比べかなり少なめ。
5時前に、キャンドルイルミネーションの準備がはじまる。
5時15分前後がの薄暮の時間が最適。

イメージ 17

夜は、京都府福知山市の「農匠の郷やくの」の温泉へ移動。
サウナ、シャンプーありで500円、タオル別。

10時頃、車中泊。




兵庫県朝来市の竹田城址の雲海と養父市の天滝の紅葉 11月7日分。

土曜日の夜、朝来市の竹田城址の駐車場に着いたときには、
他に1台の車があっただけだったが、
夜半、次々に車が登ってきて、3時頃には7台くらいになる。

日曜日の早朝3時過ぎにとなりの車の人が出発したので、
自分も後を追いかけた。
朝はジャケットにフリース2枚でも寒いくらい。

駐車場から城の入り口までは15分ほど。
入り口に車が2台、本来はタクシーのみ通行可のところなのだが。

入り口から本丸までさらに5分ほど。
そこで先客の方にあってお話していると、
同じ日本風景写真協会の方であることがわかる。
竹田城址をテーマに撮影されているとのこと。

前日の晴天の放射冷却で雲海を期待したが、
風があったため、雲海はそこそこ。

5時頃にはカメラマンも増えてくる。
6時頃には日曜日とあってかすごい人数になる。
日の出の頃には観光客も入れて100人くらいはいたと思う。
戦国武将の姿をした方が現れて、撮影会状態で観光客は大喜び。

イメージ 1

イメージ 2

曇りで朝日は望めず、
8時ごろに駐車場に戻るが、駐車場は満車であふれていて、ガードマンも出ている。

8時半に藤和峠に移動、車が3台。
竹田城址を外から望む撮影ポイントである。
同じく竹田城址を外から望む撮影ポイントである立雲峡の反対側になる。

イメージ 3

天気予報は曇りだったが、雲が多いものの青空も見えるので、
昨日のリベンジで天滝に向う。

9時半に兵庫県養父市の天滝の上の駐車場に到着。
今日はまだ早かったので、車は10台だけ。

10時頃に天滝の見晴台に到着。
雲が多いが、時たま青空が見え光が射してくれる。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

滝の右側の登山道から見下ろすポイントはまだ緑が多い。
滝は南東向きで、晴天の日の午前中から昼過ぎくらいまでがおすすめ。

1時過ぎに帰路に着いた。


和歌山県新宮市の九重の雲海、熊野速玉神社の御船祭り、三重県紀宝町の飛雪の滝 10月15~
17日分。

15日金曜日午後に出発、日没前に新宮市熊野川町の九重へ。
雲海の撮影ポイント近くから夕暮れを撮影、ここは冬場がベスト。

イメージ 1

その後、渡瀬温泉へ、10時まで(9時半受付)700円。JAFとコーナン割引500円。
ここの露天は日本一広いとか。

夜は再び九重に戻り、車中泊。

翌土曜日5時半頃、他のカメラマンが来たのでスタンバイ。

ここは、篠尾と九重の集落の中間あたりにある雲海名所で、
カメラマンの間では、篠尾(ささび)といわれるが、正確な地名は九重(くじゅう)になる。

道の駅「奥熊野古道ほんぐう」からは、篠尾・九重どちらの集落経由でも約40分。
道がよく、わかりやすいので、九重からのほうがおすすめ。

太陽は10日頃に正面から出てくるので、時期的には良いのだが、
気温が高いせいか、雲海は少なめ、稜線にも雲が厚くかかりいまひとつだが、
それなりにおもしろい写真は撮れた。カメラマンは二人だけ。

イメージ 2

イメージ 3

日が昇ってから林道を歩いていたら熊さんに遭遇、走って逃げた。
日の出前は鈴を持って用心していたのだが、明るくなったので車に置いたままだった。
山深い所なので、油断は禁物です。鹿や野ウサギもいっぱいいるので、運転も慎重に。

その後はあまり撮影するものもないので、新しくできた道をロケハンして見て廻る。
三越峠の撮影ポイント(蜂樽の所)は、スズメ蜂がいるとの情報があったので確認に行ったが、
スズメ蜂がいっぱいいた、注意。

その後、実に11年ぶりに熊野速玉神社の御船祭りを撮りに行く。

2時前に御舟島が見える水道施設へ、駐車可。
3時ごろにはカメラマン26人。4時過ぎには観光客も含めて100人ほど。
対岸には観光客がいっぱい。

ここで、和歌山を代表する写真家の楠本さんにばったり、
以前にもお見かけしたことはあったのだが、お話しさせてもらったのは初めて。

4時半頃に下流から出発した9艘の船が、島の廻りを3回廻りお旅所まで競争する。
(島を廻るのは4時40分頃から10分ほど)
その後、優勝した船が1回、神様を乗せた船が3回廻る。
5時頃から、帰りの競争が始まり、島の廻りを2回廻り帰っていく。

高い柵があるので、ここからの撮影は脚立があると便利。

イメージ 4

すぐ日没で、近くの三重県紀宝町の飛雪の滝へ、公園になっている。
あっという間に日が暮れてくる、薄暮の滝を撮影。

イメージ 5

夜は、再び渡瀬温泉へ、道の駅「奥熊野古道ほんぐう」で車中泊。

翌日曜日、朝から曇りで朝日は望めず。

写真は、新宮市熊野川町西敷屋の背高泡立ち草。

イメージ 6

その後、中辺路の311号線を抜け、上富田町へ移動。
富田川河川敷のコスモス畑は見頃後半、市ノ瀬橋近くと若者広場の2ヶ所ある。

イメージ 7

イメージ 8

その後、新しくできた道をロケハンして見て廻り、早めに帰路に着いた。






このページのトップヘ