風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:霧島市

鹿児島県霧島市の霧島神宮の枝垂れ桜、宮崎県綾町の綾の照葉大吊橋 3月29日・30日分。

3月29日から4月11日までの九州・中国地方の春取材記です。

3月29日の夕方3時過ぎに出発、高速で大阪南港へ向かう。
1時間ほどでフェリー乗り場に到着。

鹿児島行きのフェリー(さんふらわー)は前日にネットで予約。
JAFの割引があったのを忘れていたが、差額は窓口で返金してくれた。

割引後の料金、3月末までのキャンペーンで車1台(運転手込)で24,360円。

5時半ごろに船内へ。出発は6時前。
船内にはレストランやお風呂もある。
ソフトバンクのみネット使用可だが、つながりにくい。
船室はいろんなタイプがあるが、一番安いツーリストの大部屋。
マットや毛布完備だが、硬すぎてやや腰が痛かった。

翌30日の8時半には鹿児島の志布志港に到着していたが、
トラックから優先なので、外に出れたのは、9時20分ごろ。

天気は小雨。
最初、一番遠い鹿児島から北上していけば効率がよいと、
鹿児島行きにしたのだが、桜の開花も遅れ気味で、満開にはならず。
最近は福岡のほうが先に満開になるようなので、
北九州や別府行きのフェリーにするんだった、失敗。

天気もいまいちなので、各地をロケハンしながら北上。

鹿児島県霧島市の霧島神宮。
紅枝垂れは満開だったが、染井吉野や山桜は7分咲き位。

イメージ 1

宮崎県綾町の綾の照葉大吊橋、通行300円。
周辺の山桜は見頃前半。


イメージ 2

イメージ 3

国富町の大坪の1本桜は、もうかなり散っていた。

西都市の西都原古墳群の桜は咲き始め。
ここはかなり遅い様子。

夜は道の駅で車中泊。

宮崎県串間市の都井岬の野生馬、日南市の飫肥城跡、鹿児島県霧島市の上野原遺跡 5月23日分。
 
朝は曇り、しだいに晴れるがややうすい青空。
 
宮崎県串間市の都井岬、協力金400円。
植生は南国そのもの。日本じゃないみたい。
 
イメージ 1
 
早朝から野生馬を撮影。
全国でもめずらしい野生馬の生息地。
動物を専門に撮影しているカメラマンの人もいた。
自由に近寄れるが、あくまで自己責任、特に後ろは危険。
急な崖の上にいることも多いが、危ない所には行かないほうが良い。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
宮崎県日南市の飫肥(おび)城跡。屋内以外は無料。
 
イメージ 6
 
鹿児島県霧島市の上野原遺跡。屋外は無料。
 
イメージ 7
 
4時40分時前に鹿児島市の谷山港のフェリー乗り場へ。
車5m未満(1名こみ)で35000円。
その場で、いわさきICカードを作る。
いわさきICカードというのは、いわさきグループのプリペイドカードで、ホテルとかでも使える。
30000円で3000円分おまけに付いているので、プラス2000円分チャージ、カード代500円。
 
5時過ぎに、フェリー「はいびすかす」に乗り込む。
自分以外では、外国人と日本人の4名グループの車が1台だけで、後はトラックのみ。
車を停め、すぐに船室へ移動。
雑魚寝用のオープンスペースが6区画ほど。
フェリーといってもほぼ貨物船でシンプル。
日中に運行しているフェリーには、もっと豪華のもある。
 
車じゃない旅行者が後から乗ってきたが、それでも10名ほどで、ほぼグループごとに1区画。
自分は4畳半ほどのところに1人。枕と毛布はおいてあり、区画ごとにテレビ付き。
食事はカップヌードルぐらいしかないので、持参。
運行中は車の所には行けない。
 
となりが外国人カップルで、本を読みふけっていたので、会話もできず、
テレビを見たり、ネットしたりして時間をつぶすが、到着まで12時間あるので暇。
 
フェリーは、途中種子島に寄港。下船不可。
翌朝7時に屋久島の宮之浦港に到着予定。
 
10時過ぎに就寝。
 
続く。

このページのトップヘ