風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:青森県

青森県十和田市の奥入瀬渓流 7月25日分10-10。

4時10分頃に大湯環状列石遺跡を出て、
40分に十和田湖の紫明亭展望台へ。無料駐車場あり。
50分に発荷峠展望台へ。無料駐車場・トイレあり。

十和田湖畔で少し休憩して、5時20分ごろに奥入瀬渓流へ。
陽当りがなくなり、ちょうどいい感じの光線状態。
いわゆるマジックアワー。
所々の路肩に無料駐車場あり。トイレはビジターセンターのところにある。
http://towadako.or.jp/towadako-oirase/
http://towadako.or.jp/sansaku-map/oirase-nenokuchi/

銚子大滝。

_S9A2109

_S9A2131

_S9A2123

_S9A2163

6時半過ぎに湖畔の瞰湖台(かんこだい)へ。
夕方は雲が多く、いま一つの感じ。


青森県十和田市の奥入瀬渓流と光芒 10月21日分3-1。

朝は曇り、のち快晴。

朝から奥入瀬渓流へ。紅葉は少し黄色が出てきたくらい。
今年は遅れている模様。赤色が出てくるのは下旬ごろ。
日が当たる前に撮影。

_V9A1614

今日も光芒狙い。
蔦沼の朝焼けを撮影してからでも間に合いそうなので、
少し迷ったが、ベスポジ確保したかったので。
光芒狙いのカメラマン合計3人。
8時20分ごろから30分ほど続く。

_V9A1788







青森県十和田市の八甲田山山麓の蔦沼の紅葉 10月20日分5-5。

夕方、SNSで大人気の蔦沼へ。
紅葉はもう見頃だが、まだ少し緑も残る感じ。
今年は22日から27日までの朝の見学は予約抽選制で有料4000円だが、
日中は自由。

テラスは東南側にあり、蔦沼の日当りはいい。
地形に寄るので、日が当たらない可能性もあるが、
朝日がよいなら夕日もいいかもと夕方に訪れた。
観光客やカメラマンが数名いたが、朝に比べるかなり少ないと思う。
この時期の夕照のピークは3時40分頃。50分には大部分が影になる。

_V9A1208

その後、十和田湖の夕焼けポイントを探すが、
この時期太陽が沈む位置がかなり南寄りになるので、あまりいいところはなく撃沈。

青森県青森市の八甲田山山麓の城ヶ倉渓谷の紅葉 10月20日分5-4。

次に城ヶ倉渓谷へ移動。
橋の麓の両側に無料駐車場あり。
トイレは両側にあるが、西側は現在閉鎖中。
紅葉は見頃旬。今年は平年よりかなり遅めの感じ。

_V9A1108

_V9A1152



青森県青森市の八甲田山山麓の酸ヶ湯周辺の紅葉 10月20日分5-3。

次に酸ヶ湯近くの地獄沼に移動。路肩駐車可。
天気は青空が広がるが、雲が増えてくる。
紅葉は見頃後半。

_V9A1057

酸ヶ湯の駐車場から。

_V9A1067




青森県十和田市の奥入瀬渓流と光芒 10月20日分5-2。

次に奥入瀬渓流に移動。
紅葉は見頃初期で、まだ少し黄色が出てきたくらいの感じ。
この時期、8時20分ごろから光芒が入り始め、30分ほどで薄らいでゆく。

_V9A0930

_V9A0936



青森県十和田市の御鼻部山展望台から望む十和田湖と紅葉に朝焼け 10月20日分5-1。

朝から快晴。御鼻部山展望台には他にカメラマン2名。
日の出はかなり左側なので、一緒に撮ることはできないが、
朝の斜光に染まった紅葉はとても綺麗。
今年の紅葉は遅く、平年より5日くらいは遅い感じらしい。

_V9A0859




青森県十和田市の御鼻部山展望台から望む十和田湖と星空 10月19日分4-4。

大湯温泉に入ってから、十和田湖へ。
8時過ぎに御鼻部山展望台に到着。
無料駐車場、トイレあり。
展望台は2階建てのコンクリートで、先客のカメラマンが1名。
昼間は曇っていたが、夜は快晴状態になったので、
星空と十和田湖を撮影。
十和田湖周辺には主に3ヶ所展望台があるが、ここが一番眺めがよい。

_W6A8511

天の川もぎりぎり撮影可能な日だったので、少し撮影。
ただし濃い部分は十和田湖とは反対側。


青森県十和田市の八甲田の谷地湿原の紅葉 10月9日分2-2。

酸ヶ湯温泉から十和田ゴールドラインを奥入瀬方面へ。

少しの間、青空も見えたがすぐに曇り。

谷地湿原の紅葉。

イメージ 1

夕方、下道を南下、再び八幡平方面へ向かう。

青森県青森市の八甲田の酸ヶ湯温泉付近の紅葉 10月9日分2-1。

朝は曇り、のち小雨。

地獄沼沢の紅葉。

イメージ 1

三十三観音付近の紅葉。

イメージ 2

このページのトップヘ