風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:静岡県

静岡県河津町の河津桜まつり 2月20日分2-2、21日分。

11時頃に河津町に移動。
駐車場700円。



河津桜は6分咲きから満開。南伊豆のほうよりやや遅め。
全体的に海に近い南東のほうが進行は遅い感じで、
豊泉橋から奥の方はほぼ満開で、写真的にもこの辺りがおすすめ。

イメージ 1

河津城跡公園からの眺め。
駅近くの登山口から約20分で展望台。
観光用のドローン撮影をしてる人たちがいた。

イメージ 2

夜はライトアップもあるが、一部分のみで今一つの感じ。
もっと全体をライトアップしてくれればいいのだが、予算がないのかな。
ライトアップの魅力がないと、
みんな日帰りになってしまう気がするのだが。

二年前は南伊豆のライトアップを撮ったんだが、
夜は南伊豆のほうが写真向きの感じ。

東伊豆町で三島神社の雛壇飾りやってたの撮りに行くつもりだったのだが、
すっかり忘れていた、失敗。次回は忘れずに行こう。



21日は、富士市の岩本山公園へ。
富士山と梅を合わせて撮りたかったのだが、
今回も天気予報は外れて曇り空。
梅もまだ見頃には早いので、あきらめて帰路に着いた。

5時過ぎに帰宅。
今回の11日間の総走行距離は3118キロ。

取材記は今回で終了です。ありがとうございました。



静岡県南伊豆町の「みなみの桜と菜の花まつり」2月20日分2-1。

前夜に高速移動、沼津近くで車中泊。

朝から南下して、静岡県南伊豆町へ向かう。
朝のうちは雲が多かったが、少しすると雲が減り快晴に変わる。


駐車場は700円。
前夜の雨で少し散っているものの、河津桜はほぼ満開。
今年も平均より早めの進行。
河津桜の開花期は長めだが、見に行かれる方はお早めに。

日野菜の花畑のほうは満開だったが、桜の下の菜の花は少な目。
二年前に来た時より少ない感じ。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、河津町に移動。


静岡県川根本町の寸又峡の紅葉 11月14日分。

朝からどんより、時々小雨。

のんびり下道を南下。
河口湖経由で静岡県に入る。

少し青空も見えてくるが雲が多い。

2時ごろに川根本町の寸又峡へ。
駐車場500円。

秘境駅が見える展望台への道は台風被害で通行止め。
寸又峡も台風被害があるらしいが、いちおう行ってみた。

寸又峡入口から20分ほどで夢の吊橋。
途中トンネル手前にトイレあり。
紅葉時期は、吊橋に下りる道から一方通行になっている。

台風被害で土砂で埋まって、かなり水が少ない。
色合いもさっぱり。最近の写真が全然出てこないわけだ。

イメージ 1

吊橋を渡って、尾崎坂展望台へ。
ここからは吊橋は見えない。簡易トイレあり。

少し戻って飛龍橋へ向かう。
対岸からは吊橋はまったく見えない。

吊橋から飛龍橋までは30分ほど。
飛龍橋付近と戻る道沿いからは吊橋が見える。
台風で押し寄せた土砂がすごい。
元に戻るまでかなりかかりそうな感じ。

天気も完全に曇りに変わる。

イメージ 2

1時間半ほどで、寸又峡入口にもどる。

その後、のんびり下道を走って、愛知県の香嵐渓へむかう。




静岡県浜松市のはままつフラワーパーク 6月6日分3-1。

朝から本降りの雨。
のんびりと新東名を走る。
12時前に浜松いなさICで下りて、はままつフラワーパークへ。
駐車場200円、入園800円。

雨は小雨パラパラに変わる。


花菖蒲園が見頃旬。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

紫陽花は見頃初期。

イメージ 6

イメージ 7

大温室では、月下美人が咲いていた。
複数の鉢があり、開花した日のみ展示するとのこと。

イメージ 8

ブルーの貴重な胡蝶蘭も展示されている。

イメージ 9

イメージ 10

入り口付近。

イメージ 11



静岡県浜松市の段々茶畑と龍山不動滝 6月20日分3-3。

国道152号線をさらに南下。
途中、未開通部分は林道を通り、静岡県浜松市に入る。

龍山町瀬尻にある段々茶畑。
静岡県棚田十選にも指定されている、石垣で組まれた茶畑は珍しい。
駐車場あり。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

すぐ近くの龍山不動滝。
駐車場あり。歩いて3分。

イメージ 4

12時35分に、新東名の浜松浜北ICから高速へ入る。
伊勢湾岸道経由で東名阪道の亀山PAまで、2時間15分(途中20分休憩含む)
亀山で30分休憩。3時20分過ぎに出発。
名阪国道経由で4時半ごろに西名阪の法隆寺ICを出る。

今回の20日間の総走行距離は3484キロ。結構よく走った。

取材記は、これで終了です。ありがとうございました。


静岡県富士市の岩本山公園の梅林 2月24日分。

金曜日、朝一に再び岩本山公園へ。

6時半ごろに日の出。展望台から撮影。

イメージ 1

河津桜も少しだけあるが、たぶん敷地の外。

イメージ 2

青空と富士山を期待するものの、雲が多く富士山は見えない。
しかたなく、梅のアップ撮影。

イメージ 3

しばらく待つが、雲が動かないので、あきらめて帰路についた。

8時45分に、広見から入り、新富士ICから第二東名へ。
西に向かうと青空が見えてくるが、東側は雲が多いかんじ。

行きと同じルートを通り、3時20分ごろに帰宅。
(走行4時間35分+途中休憩合計2時間)
今回の総走行距離は、1265キロ。

今回の取材記はこれで終了です、ありがとうございました。



静岡県富士市の岩本山公園の梅林と富士山 2月23日分。

23日木曜日、朝から雨。かなりのどしゃ降り。
東側の海沿い、国道135号線を北上。
伊東市・沼津市経由で富士市へ。

夕方晴れてきたので、富士市の岩本山公園へ。無料駐車場がある。
早咲きの梅は半散り、全体的にはまだ見頃には早い感じ。
しかし、富士山と合わせる紅梅は、もう散りはじめ。

富士山は見えるのだが、雲が多く光が乏しくいまひとつの感じ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

夜は、富士市のビジネスホテルヘ、3600円程。



静岡県南伊豆町の蓑掛岩と朝日、河津町の河津桜と河津七滝、伊豆市の月ヶ瀬梅林と修善寺梅林、南伊豆町の黄金崎にある「馬ロック」2月22日分。

22日水曜日の朝一は、南伊豆町の蓑掛岩と朝日を撮影。

高台からは12月から1月ごろが良いので、港から撮影。
時期的には中途半端なので、日の出は蓑掛岩の間からは出ない。
蓑掛岩の間からの日の出は3月。
まぁ雲が焼けて面白い感じ。

イメージ 1

イメージ 2

伊豆大島と天使の梯子。

イメージ 3

天気は、雲のすごく多い晴れ。たまに日差しはあるが空は白い。

8時前に河津町の国道135号線沿いの無料駐車場に停めて、城山まで歩く。

線路沿いの登り口まで5分。

河津桜と染井吉野の木もある海の見える東屋まで、さらに15分。
さらに4分で山頂。(登山口からは、山頂まで20分、歩きやすい道)

山頂からは、駅方面は木がじゃまで見にくいが、峰温泉方面はよく見える。

イメージ 4

下りは16分ほどで登り口へ。駅までは2分ほど。
曇りなので、花のアップなどを撮影。やや散りが多い。

イメージ 5

周辺の寺の展望台にも行ってみたが、あまりよくは見えず。

たまにスナップも撮ります。

イメージ 10

昼前に北上して、七滝のループ橋へ。無料駐車場あり。
空が白いのでいまいち。

イメージ 11

その後、河津七滝へ。河津桜が少し咲いている。

イメージ 12

イメージ 13

ワサビが名物。

イメージ 14

北上して伊豆市の月ヶ瀬梅林へ。入園300円。梅は1500本。午前中がおすすめ。
6分咲きとなっていたが、まだ少しさびしい感じ。


イメージ 15

さらに北上して、1時20分ごろに修善寺梅林に移動。駐車場300円。梅は1000本。
ここは満開となっていたが、ここもまだ寂しい感じ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後、国道136号線を南下。

駿河湾の黄金崎にある「馬ロック」、本当に馬みたい。

イメージ 9

その後、さらに南下。
田子港のゴジラッチョの夕日には、まだ時期が早いので、堂ヶ島へ。
町に近く無料駐車場あり。
カメラマンとボランティアのガイドさん数名。

水平線に雲が多く、夕日は撃沈。

静岡県南伊豆町の「みなみの桜」と「あいあい岬」からの夕日と河津町の河津桜 2月21日分。

その後、南伊豆町に移動。
昨日の嵐で心配していたが、まだほとんど散っていなくて安心した。
ここの桜は通称「みなみの桜」と呼ばれ、河津町の桜と区別されている。

どちらも例年の見頃は3月上旬だが、
今年は10日から2週間も早く見ごろになった。

南伊豆町

道の駅近辺が一番の見所。この時期のみ駐車場500円。
堤防の菜の花は少な目。
嵐の後で気持ちがいい青空。

東側の菜の花の多いところで撮影。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ここで、写真家の河口さんとばったり。
夜中に車を飛ばして来られたそう。

イメージ 7

西側からは昼以降の光線が良い。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

12時45分ごろに出発。
1時半ごろに河津町に到着。

河津町の方が有名で、鉄道でも来れるので、
人もすごく多くて、駐車場も多いのにほぼ満車状態。

なんとか空きを見つけて駐車場に入れる。駐車場は500円もしくは700円。
河津町の方はやや散りが多く、見頃後半。
条件的には午前中から午後早めの光線がおすすめ。


峰温泉付近。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

3時50分に出発、再び南伊豆町に移動。

4時35分に到着。
橋と山の影が落ちてきている。
もう少し早い時間が良さそう。

イメージ 16

イメージ 17

5時前に出発、大根展望所近くのあいあい岬へ。
広い駐車場があり、売店もあるが夕方は閉まっている。

駐車場の手前、少し北側で撮影。
カメラマン数名。

イメージ 18

5時半ごろに日没。すぐに南伊豆町に戻る。
ライトアップ、南側はもうついているのだが、
北側は点灯時間の6時になってもつかず、6分位遅れてやっと点灯。
薄暮の時間は貴重なのに残念。もっと早く45分頃には点灯してほしい。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21


静岡県河津町の本根岬からの朝日 2月21日分。

20日月曜日か24日金曜日まで4泊5日で、静岡県の河津桜を撮りに行ってきた。

月曜日の朝、所要を済ませた後、11時前に出発。
午前11時ごろ西名阪の法隆寺ICから入る。

名阪国道・伊勢湾岸道・第二東名を通り
午後4時45分に長泉沼津ICから伊豆縦貫道へ。
(走行4時間45分+途中休憩合計1時間ほど)

朝は曇りのち小雨から、しだいに嵐に変わる。
風は強く車が揺れる。

国道414号線を南下。
途中に2か所、有料区間あり(各200円)

5時36分に浄蓮の滝駐車場前、5時53分に七滝ループ橋通過。

途中18分ほど休憩、県道14号線に入り、
6時半ごろに海沿いの国道135号線に入り南下。

7時ごろに下田市の宿に到着。
宿は1泊3200円ほどの素泊まりを3泊予約しておいた。
伊豆半島は、サーファーなどが多いので、3000円くらいの宿も多い。

21日火曜日の朝一は、河津町と下田市の境の本根岬から撮影。

イメージ 1

イメージ 2

山梨県・静岡県境の富士山登山とお鉢巡り3-2、8月4日分。

朝4時起き。4時20分に朝食。
4時40分ごろから山小屋前で、御来光を待つ。

カメラはミラーレス1眼のソニーα6000、
三脚はベンローのカーボンフラットを持参。

5時ごろ、綺麗な御来光が見えた。

イメージ 1

イメージ 2

5時10分に出発、あわただしい。
7時に8合目の山小屋・太子館に到着。
ついに3000メートルを越えた。
今日の寝床に不要な荷物を置いて、身軽で山頂へ。
三脚も置いていった。

昨日の夜に500mlのペットボトルを1本。
宿到着までにさらに1本飲み干す。
4本持ってきたが、すでに半分消費。

7時20分に出発。

7合目から8合目は、山小屋が多い。
山小屋の間は岩場が続く。
青空が広がりいい天気。
20分おきくらいに小休止。

イメージ 3

8時20分に本8合目に到着。
どんどん雲海が増えてきた。

10時50分ごろに吉田口の山頂に到着。
ここには、お土産物屋や食堂がある。

頂上近くで添乗員さんが高山病でダウン。
女性2名もここで待つことになり。
昼食後、11時45分ごろに残りのメンバーでお鉢巡り開始。

左奥が最高峰の剣ヶ峰。

イメージ 4

12時10分過ぎに頂上浅間大社奥宮。
12時55分頃に、最高峰の剣ヶ峰(3775.6m)に登頂。
ここは静岡県富士宮市になる。

お鉢巡り、8つの峰があり、アップダウンはあるが、
割と楽な感じだった。

天気はたまに青空が見えるが、曇りがちでたまにパラパラ。

1時40分ごろに吉田口の頂上に戻る。
ここで添乗員さんらと合流。

500mlのペットボトル2本がなくなったので、
水を1本買う、400円。
ジュース類は500円。富士山価格で超高い。

トイレは5合目、100円。1段下の駐車場は無料。
7合目からは、200円。山頂300円の使用料がいる。

2時過ぎに出発。下山道を通り、8合目へ。
下山道はスロープなので、かなり早い。

3時半ごろに8合目の山小屋・太子館に戻る。
4時半に夕食。

ペットボトルの水がなくなったので、
水とアクエリアスを1本づつ買う。2本で1000円、高い。

明日の朝まで時間はたっぷりあり、疲れているので、
ゆっくりしたいのだが、寝床は幅が寝袋ぎりぎり60センチくらいで、
下の布団もペラペラで、腰が痛いし、狭いしであまり眠られず。

続く。




静岡県伊豆市の浄蓮の滝・荒原の棚田・修善寺虹の郷の花菖蒲と紫陽花と薔薇・旭滝、河津町の旧天城トンネル・二階滝・河津七滝の初景滝と伊豆の踊子像・釜滝、下田市の下田公園の紫陽花 6月8日分。

天気は、雲の多い晴れ、しだいに曇り、夕方霧雨。

静岡県伊豆市の浄蓮の滝。日本の滝100選の1つ。
無料の駐車場から、5分ほど谷に下る。

イメージ 1

その後、近くの荒原の棚田へ。
棚田100選の1つ。案内版あり。路肩駐車可。
午前中の光線がおすすめ。
田植え初期は、夕日に染まる棚田もよいと思う。

イメージ 2

イメージ 3

近くの棚田100選の1つ、下ノ段の棚田にも行くが、
耕作放棄が多く、絵にならない感じ。

国道414号線を少し北上して、修善寺虹の郷へ。
駐車場300円。朝9時から、入園1200円。園内広く、バス列車あるが別料金。


花菖蒲が見頃、紫陽花が見頃初期、北の瀬と南の瀬の二か所ある。
薔薇園は、下のほうはほぼ散り、斜面は散りはじめ。

北の瀬。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

薔薇園。

イメージ 8

イメージ 9

南の瀬。

イメージ 10

国道414号線を南下したところにある旭滝。
案内あり。近くの神社に駐車可5台くらい。
1分位で滝が見える。滝の中腹部まで行くこともできる。

イメージ 11

その後、南下して旧道を進み、旧天城トンネルへ。日本の道100選の1つ。
北側に駐車場・トイレあり。南側に駐車場あり。

イメージ 12

南下して河津町に入り、少し下ったところにある二階滝。案内あり。
道沿いすぐの展望台あり、滝壺には行けない。

イメージ 13

再び国道414号線に入り、南下。
ループ橋を降りてすぐの分岐から河津七滝(かわづななだる)へ。

無料駐車場あり。七つの滝があるが、現在大滝には行けない。
全部見て、1時間半ほど。


初景滝。川端康成著の「伊豆の踊子」の像がある。

イメージ 14

釜滝。

イメージ 15

その後、南下して下田市に入り、下田公園へ。
臨時駐車場500円。紫陽花は見頃前半で、5分咲きから満開。
雨が降り出してくる。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

夜は北上して、三島市のビジネスホテル泊。

静岡県静岡市の福養滝・赤水の滝 6月7日分。

一度帰宅したものの、仕切り直しで再び静岡県へ。

西名阪の法隆寺ICから、名阪国道・東名阪・伊勢湾岸経由で、
新東名の静岡SAのETC専用出口から出て国道362号線を北上。

天気は曇りから小雨。

1時間ほどで静岡市の福養滝に到着。
駐車場あり。カフェは廃業みたいでトイレは使用不可。
人気がなく寂しい感じ。
滝までは6分ほど。熊に注意。

イメージ 1

その後、近道の林道通行止めなので、
一度南下して県道29号線経由で再び北上。
1時間ほどかかり、同じ静岡市の赤水の滝へ。
道沿いの駐車場から2分ほど。南向き。

イメージ 2

その後、すぐ近くの日本の滝100選の1つの安倍の大滝へ向かうが、
遊歩道の橋が崩落で通行止め。リサーチ不足、大失敗。

夕方から移動で伊豆半島へ。
静岡県伊豆市の浄蓮の滝近くで車中泊。




静岡県浜松市の浜名湖と朝日、掛川市の加茂花菖蒲園、袋井市の可睡ゆり園 6月4日分。

静岡県浜松市の浜名湖と朝日。

イメージ 1

急に背中が痛くなってくる。
春に経験したが、腎臓結石再発。
痛みをこらえつつ移動、静岡県掛川市の加茂花菖蒲園へ。
8時から、入園1500円。

花菖蒲は見頃だが、花が少ない感じ。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

あまりに痛くなってきたので、耐えられず病院へ。
土曜日なので、休日診療しか受けられず。
痛み止めもらうのに、CTやらエコーやらで1万6千円もかかる。
やはり腎臓結石で、7,8ミリの石が詰まり、片方の腎臓が3倍ほどに膨らんでいた。
痛み止めで治まったが、医者の忠告で一度帰宅することにした。

せっかく静岡まで来たので、痛み止めが効いているうちにということで、
袋井市の可睡ゆり園にだけ寄り道してから帰ることにした。
駐車場500円。入園は、朝9時から1000円。

ゆりは種類により開花期が違い、場所によるが見ごろはわりと長い。
急な斜面に植えられており、下側と上側の両方から撮れるのがよい。
椅子兼用の脚立があちこちにあり利用可。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

4時20分に東名の袋井ICから入り、伊勢湾岸・東名阪・名阪国道経由で、
西名阪の法隆寺ICへ。
途中1時間半ほど休憩したが、9時過ぎに帰宅。

翌日曜日、結石が下りたのか痛みもなくなんともない。
月曜日に医者へ行ったが、検査で異常なし。
せっかく静岡から帰ってきたのに、なんちゅうこっちゃ。

2日ゆっくりしてなんともないので、痛み止め持参で、
火曜日から再び出発することにした。

愛知県新城市の四谷千枚田、静岡県浜松市の滝沢展望台からの夜景 6月3日分。

西名阪の法隆寺ICから、名阪国道・東名阪・伊勢湾岸経由で、
新東名の新城ICから出て国道256号線を北上。

まずは愛知県新城市の四谷千枚田へ。棚田100選の1つ。
無料駐車場・トイレあり、案内板もある。


上にも駐車場があるが、上部は耕作放棄が多い。

下から見る場合午後の光線がおすすめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、周辺の棚田100選の3ヵ所を廻る。

設楽町の長江の棚田は、耕作放棄が多く絵にならない感じ。案内もなし。

静岡県浜松市の久留米木と大栗安の棚田は、近くに行けば案内もあるが、
わかりにくい。無料駐車場・簡易トイレあり。いまいち絵にならない感じ。

夕方、浜松市の滝沢展望台へ。無料駐車場・簡易トイレあり。
駐車場から1分くらいで展望台。手前に新東名が見える。

イメージ 5

イメージ 6

夜は浜名湖まで、移動して車中泊。



山梨県富士河口湖町の河口湖からの朝焼けの富士山、山中湖村の山中湖からの富士山、忍野村の二十曲峠からの富士山、静岡県富士市の大渕の茶畑と富士山 5月18日分。

朝から快晴。
河口湖からの朝焼けの富士山

イメージ 1

イメージ 2

山中湖村の山中湖からの富士山。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

忍野村の二十曲峠からの富士山。
駐車場、バイオトイレあり。

イメージ 6

イメージ 7

まだ八重桜が満開。

イメージ 8

三度、静岡県富士市の大渕の茶畑へ。
観光客用の駐車場と簡易トイレあり。
今回もかなり待っていたが、山頂にかかる雲は切れてくれない、残念。

寒くて遅れていた1番茶の刈り取りが始まっていた。

イメージ 9

夜、河口湖大橋と富士山を撮影。

イメージ 10


静岡県富士宮市の田貫湖からのダイアモンド富士とJP事務所訪問 4月22~24日分。

22日、朝起きると富士山がくっきり。
前日の天気予報は最悪だったが、大きく外れた。
あわてて静岡県富士宮市の田貫湖へ移動。

天気予報がしばらく最悪のせいか、ダイアモンド富士の時期にもかかわらず、
カメラマンは少なく、湖周辺全部で200名いるかどうか。
多いときは600人以上とかで、かなりすかすかの感じ。
といっても、あの天気予報で、これだけいるのもすごいけど。

しかし、富士山の後ろにわずかに薄い雲があり、光芒はいまひとつ。
ダイアモンド富士は、本当に最高の条件でないと難しい。

イメージ 1

その後、フォトショップの研修を約束していたので、
中橋先生のジェイピー事務所のある沼津市に向かって車を走らせたのだが、
白糸の滝の近くで、おもいきっりすごい音がしたので急停車。

何かが外れたのか車の下を覗くがよくわからない。
前夜からなにか異音がしていて、気にはなっていた、
見てもらおうと思っていたのだが、結局間に合わなかった。

しかたなくすぐそばの民家の広い庭先に車を移動。
奥さんに声をかけて停めさせてもらう。

ネットで修理業者を探そうとするが、こういうときに限り、携帯バッテリー切れ。
前夜電源切るのを忘れていた。
予備の充電器は、前々から買おうと思っていたが、まだ買っていなかった、大失敗。

近くのコンビニで充電器を買おうと歩き出そうとすると、その家のご主人が出てきて、
今修理業者を呼んだからと言われたので、幸いとばかり待っていたが、
いっこうに来てくれない。そのうちご主人は散歩に出かけてしまった。

そうしていると奥さんが出てきたので、事情を話すと、
ご主人は認知症だから、呼んでいないよとのこと。
すごく普通だったので、全然わからなかった。
本当、え~~って感じ。

かわりに奥さんがすぐ近くの業者に電話してくれた、感謝。

朝早いので、1時間くらいかかるというので、
待つ間にコンビニに充電器を買いに行く、結構遠かった。

コンビニを出たら、奥さんが業者が早く来たよと車で、わざわざ迎えに来てくださった。
業者の人に見てもらうと、4WDの前輪に駆動を伝えるシャフトのジョイントが外れているとのこと。
自走できないので、レッカーで運んでもらう。
レッカーを自前で持っているところだったので、助かった。

修理に数日かかるとのことだったので、車を預け、バスで富士宮市駅へ。
そこから電車で沼津駅へ、約1時間半。
中橋先生に迎えに来てもらい、予定より1時間送れで無事ジェイピー事務所に到着。

少し遅れてしまったが、大きく迷惑をかけずにすんでよかった。
信州の山奥で壊れていたらと思うと、冷や汗がでる。

その後、22~24日までジェイピーメンバーに、フォトショップの研修をしてすごす。

部品もすぐ手に入り、24日午後に修理完了。早く済んでよかった。
24日夕方、ちょうど研修も終わり、白糸の滝近くの修理業者のところまで送ってもらう。
修理代とエンジンオイル交換で48500円。
ちょっと痛いが、車もガタがきているのでしかたがないか。

その後、北上甲府市から高速に乗り、長野県の北部へ移動。
松代PAで車中泊。


静岡県御殿場市の東山湖の桜、時之栖の桜、富士宮市の大石寺三門と富士山、山梨県富士川町の大法師公園の桜 4月8日分。

朝から快晴。富士山周辺で富士山と桜を撮影。
1日で15ヶ所も廻ってしまった。

静岡県御殿場市の東山湖の桜。

イメージ 1

御殿場市の時之栖(ときのすみか)

イメージ 2

イメージ 3

静岡県富士宮市の大石寺三門と富士山。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 8

山梨県南巨摩郡富士川町の大法師公園の桜。

イメージ 7

イメージ 9




静岡県と山梨県の富士山取材 12月14日~20日分。

富士山取材&ジェイピー出張を終え、昨日の夜に帰宅しました。
 
行きに三保の松原によってから沼津のジェイピーでフォトショップの合成指南や
中橋先生の仕事のお手伝いなどを3日間。
 
その後、富士山取材を5日間、寒波到来で雪化粧したものの肝心の富士山は見えずじまい。
 
4日目と5日目は良く晴れて、4日目の午後は富士山に雲が多かったものの、
5日目は最高の好天で成果は上々、大満足の取材となりました。
 
帰りに、再び沼津のジェイピーによって2日間、中橋先生の仕事のお手伝いをして、
夜遅くに帰宅しました。
 
三保の松原。行きがけに寄りました。
 
イメージ 1
 
本栖湖。
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
山中湖。前々日からの雪がけっこう残っています。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
精進湖、2日連続で朝日を撮影。
 
イメージ 6
 
山中湖。2日目は、白鳥が多かった。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
河口湖。
 
イメージ 9
 
田貫湖の夕景、ここも2日連続で行きました。
 
イメージ 10

静岡県の朝霧高原からの富士山と朝焼けと河口湖からの富士山と夕焼けに山梨県甲府市の昇仙峡の紅葉 11月4日分。
 
前回の続き。
金曜の朝は、静岡県の朝霧高原の北側の根原の辺りから、富士山を撮影。
天気は快晴、日の出は6時過ぎだが、富士山の後ろから日が昇るのは1時間くらい後になる。
カメラマンもちらほら。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
その後、北上して山梨県へ。
少し離れれば快晴の青空だが、本栖湖や精進湖の近くは深い霧につつまれている。
 
写真は精進湖。
7時45分くらいに霧が晴れてくる。
 
イメージ 15
 
10時前に、甲府市の昇仙峡へ移動、駐車場は無料。
覚円峰の下辺りの紅葉は、まだ少し早い感じ。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
仙峨滝では、昼前に虹が見られる。
 
イメージ 14
 
2時前に富士河口湖町の紅葉台に移動。
山頂への道はオフロードだが、車高が低すぎなければ大丈夫、約6分、駐車場は広い。
山頂の土産物屋の屋上は、料金150円。
晴れているが、富士山の山頂は雲に隠れてしまった。
大カエデは見頃。
 
イメージ 3
 
3時40分頃に、富士吉田市の農業公園へ、無料。
紅葉は見頃前半。ライトアップもある。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
4時半頃に、山中湖に移動。カメラマンもけっこういる。
夕方再び富士山がクリアに見えるようになった。
日没は、4時50分過ぎ。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
その後、河口湖の大石公園に移動。
9時半頃に就寝。
 
続く。
 
 

このページのトップヘ