風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:養父市

兵庫県養父市の別宮の棚田 5月30日分5-3。

うへ山での朝日の撮影後、6時15分ごろに別宮(べっくう)の棚田へ戻る。
うへ山の棚田からは約40分。

10台くらい駐車可、トイレもある。

棚田は駐車場近くの広い道沿いからは南側にあり、
道沿いから撮影可能で、場所も広く余裕がある。
日の出直後は快晴状態だったが、すぐに雲が増えた。

https://www.yabu-kankou.jp/sightseeing/bekkutanada
http://wadachi73.jp/spot/75

_S9A0477

兵庫県養父市の別宮の棚田と天の川 5月30日分5-1。

前日に別宮(べっくう)の棚田の駐車場へ。
10台くらい駐車可、トイレもある。
夕方7時前で車が5台。
GPVの予報では夜11時から2時くらいまでは雲がない快晴状態になる様子。
天の川の見頃も同じ時間帯なので、それまで仮眠。

11時前に起きて撮影を始めるが、最初はまだ雲が残る。
12時ごろにはほぼ雲が消え、快晴状態になる。

棚田は駐車場近くの広い道沿いからは南側にあり、
道沿いから撮影可能で、場所も広く余裕があるが、
街灯の灯りが棚田に差し込むのがネック。

地元のカメラマンの中には、灯りにカバーをつけてしまう人もいるようだが、
さすがにそれはだめだろう。
灯りが差し込んでいる部分は、現像で暗めにすれば問題ない感じ。

終始がっちり撮影していたのは自分も含めて3人。あとはパラパラ。

11時ごろは天の川はまだ位置が低く横に寝ている感じで、次第に立ってくる。
1時過ぎにはまた雲が増えてきたので撮影終了。

https://www.yabu-kankou.jp/sightseeing/bekkutanada
http://wadachi73.jp/spot/75

深夜12時15分ごろ撮影した分。

_S9A0192




兵庫県養父市の別宮の大カツラの木 5月29日分。

5月29日から6月13日まで、九州・中国地方を廻って来ました。

29日の午後3時20分ごろに西名阪道の法隆寺ICから高速へ。
阪神高速経由で、4時過ぎに豊中から中国道へ。
4時50分に播但道に入り、5時半に和田山ICで出て、10分ほど休憩。
6時20分ごろに別宮(べっくう)の棚田の駐車場へ。
10台くらい駐車可、トイレもある。

天の川の撮影のために来たのだが、別宮の大カツラの木もすぐそばにあるので、
久しぶりに撮影。
https://www.city.yabu.hyogo.jp/soshiki/kyoikuiinkai/shakaikyoiku/1/1/1946.html

_S9A0106


兵庫県養父市の養父神社の紅葉 11月14日分5-3。

10時半ごろに、竹田寺町通りを出て、養父神社へ。
無料駐車場あり。協力金300円。紅葉は見頃。
ここはいつも真っ赤な紅葉が見れるが、今年は傷んでいるのも多い。

http://www.yabu-jinja.jp/xoops/

_S9A8217

_S9A8224

_S9A8231

_S9A8261

_S9A8275

兵庫県養父市の樽見の大桜 4月6日分5-3。

次に樽見の大桜へ移動。
県下最大のエドヒガン桜。
昔まだ農道がなかったころに、山道を登って行ったことがある。

今は農道が開通してるので、車でかなり近くまで行ける。
期間中一方通行。
駐車場に簡易トイレと臨時売店あり。
駐車場からは山道を400m、約8分。

桜の近くに小屋がある。
昨日はまだつぼみだったようだが、いっきに8.9分咲きまで進んだとのこと。
昔は里の桜が散るころに満開になったが、最近は同じころに満開になるらしい。
桜近くと帰りの農道沿いにミツマタの群落もある。

イメージ 1

兵庫県養父市の西方寺の枝垂れ桜 4月6日分5-2。

光福寺から下道を移動、1時間20分ほどで養父市の西方寺へ。
駐車場は5台分ほど。桜は満開。ライトアップあり。


イメージ 1

イメージ 2


兵庫県養父市の天滝と紅葉 11月13日分3-2。 

晴れているが、雲が増えてくる。

10時ごろに兵庫県養父市の天滝に到着。日本の滝100選。


車で上ってくる途中にレストハウスあり。

登山道入り口に無料駐車場あり。
簡易トイレが駐車場と滝の下にある。

神社のある観瀑所まで25分ほど。
途中数か所に小滝がある。

滝は東南向きなので、午前中から昼くらいまでがおすすめ。
紅葉は全体見ごろ後半。

イメージ 1

イメージ 2

観瀑所から上は、ハイキングコースとなっているが、
実際は狭くて、すごく滑りやすい道で登山道という感じ。
ストックは持って行ったほうがいい。下り要注意。

観瀑所から少し上ったところ、ここは見ごろ。
広場になっているがわかりにくいところ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

観瀑所に上る途中にある紅葉。帰りはもう陰っていた。

イメージ 6

鼓滝。途中の小滝はほぼみんな日陰。

イメージ 7

続く。

兵庫県香美町和佐父の棚田、香美町のうへ山の棚田、養父市の別宮の棚田、多可町の岩座神の棚田 7月17日分2-2。

但馬地方の棚田を巡る。
 
11時過ぎに県道4号線沿いの道の駅矢田川で休憩。
 
12時ごろに、兵庫県香美町和佐父の棚田へ。
途中案内板はない。
集落から棚田への道は狭く、大型車は無理。
駐車スペースもほとんどないので、歩いたほうがよい。
 
棚田からは遠くに但馬大仏のある長楽寺が見える。
西に開けているので、田植え時期の夕暮れもいいかもしれない。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
その後、さらに南下して国道482号線に入り、
香美町のうへ山の棚田へ。
途中案内板はない。吉滝のキャンプ場からも見えるらしい。
1時ごろに撮影。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
路肩は広く駐車可。
 
イメージ 7
 
棚田への途中にある貫田の集落。
 
イメージ 10
 
その後、9号線を南下して、ハチ高原方面に折れ、
養父市の別宮(べっくう)の棚田へ。
途中案内板はない。
棚田は大カツラの樹の前にあり、駐車場もある。
紫陽花が見頃。
休耕田が多いのが残念。
南向きなので、早朝か夕方の光線がおすすめ。
3時ごろに撮影。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
その後、国道9号線を朝来市方面へ、少し込んでる。
好天続きで路肩の温度計は見る見る上がり、ついに38度になった。
 
国道427号線に入り、遠坂トンネル(300円)を抜けて、
少し無料の北近畿豊岡自動車道を走る。
 
青垣ICで降りて、再び国道427号線に入り南下、
多可町の岩座神(いさりがみ)の棚田へ。
途中案内板はない。
棚田付近に撮影ポイント付きの地図あり。
5時半頃、太陽が山に隠れたマジックアワーでの撮影。
晴天なら昼ごろがおすすめ。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
7時前に帰路に着く。
南下して国道427号線、175号線を通り、
40分ほどで中国道の滝野社ICへ。
中国道は宝塚で15キロの渋滞。
 
阪神高速、第二阪奈を通り、10時前に自宅へ。
3日間の総走行距離944キロ、さすがに疲れた。
 
 

兵庫県養父市宮垣の雲海と養父神社と宮津市の成相寺の紅葉、舞鶴市の金剛院の紅葉とキャンドルイルミネーション 11月20日分。

土曜日、5時起きで兵庫県養父市宮垣の雲海撮影ポイントへ。
他にカメラマンの姿はなし。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 13

8時頃、養父市の養父神社へ移動、無料、他にカメラマンはなし。
うっすらと霧(雲海)が出ていて、いい感じ。拡散光の柔らかい光が最適。
森の中なので、ここは雨天か霧で撮りたい場所。

時間がたつとカメラマンが増えてくるが、光がないといって撮影しない人もいる。
光が射し始めたら、コントラストが強すぎて全然だめなのに、もったいない。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 3

イメージ 4

10時頃に、霧がはれ快晴に変わったので、晴天向きのカットも撮影。

イメージ 5

イメージ 6

昼頃に、京都府宮津市の成相寺に移動、拝観500円。
紅葉は見頃、色変わり中、しかし上部が痛んでるのも多い。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

2時前に、京都府舞鶴市の金剛院に移動。
土日、キャンドルイルミネーションが行われるのと、
昨日来たときは、下側がもうかげりはじめていたので、リベンジで早めに到着したのだが、
もうすでに陰り始め。入山200円、外の公園からでも良く見える。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

2時半に三脚セット、一番乗り。4時ごろ、三脚7台。5時前に17台。
以前にキャンドルイルミネーションに来たときに比べかなり少なめ。
5時前に、キャンドルイルミネーションの準備がはじまる。
5時15分前後がの薄暮の時間が最適。

イメージ 17

夜は、京都府福知山市の「農匠の郷やくの」の温泉へ移動。
サウナ、シャンプーありで500円、タオル別。

10時頃、車中泊。




兵庫県朝来市の竹田城址の雲海と養父市の天滝の紅葉 11月7日分。

土曜日の夜、朝来市の竹田城址の駐車場に着いたときには、
他に1台の車があっただけだったが、
夜半、次々に車が登ってきて、3時頃には7台くらいになる。

日曜日の早朝3時過ぎにとなりの車の人が出発したので、
自分も後を追いかけた。
朝はジャケットにフリース2枚でも寒いくらい。

駐車場から城の入り口までは15分ほど。
入り口に車が2台、本来はタクシーのみ通行可のところなのだが。

入り口から本丸までさらに5分ほど。
そこで先客の方にあってお話していると、
同じ日本風景写真協会の方であることがわかる。
竹田城址をテーマに撮影されているとのこと。

前日の晴天の放射冷却で雲海を期待したが、
風があったため、雲海はそこそこ。

5時頃にはカメラマンも増えてくる。
6時頃には日曜日とあってかすごい人数になる。
日の出の頃には観光客も入れて100人くらいはいたと思う。
戦国武将の姿をした方が現れて、撮影会状態で観光客は大喜び。

イメージ 1

イメージ 2

曇りで朝日は望めず、
8時ごろに駐車場に戻るが、駐車場は満車であふれていて、ガードマンも出ている。

8時半に藤和峠に移動、車が3台。
竹田城址を外から望む撮影ポイントである。
同じく竹田城址を外から望む撮影ポイントである立雲峡の反対側になる。

イメージ 3

天気予報は曇りだったが、雲が多いものの青空も見えるので、
昨日のリベンジで天滝に向う。

9時半に兵庫県養父市の天滝の上の駐車場に到着。
今日はまだ早かったので、車は10台だけ。

10時頃に天滝の見晴台に到着。
雲が多いが、時たま青空が見え光が射してくれる。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

滝の右側の登山道から見下ろすポイントはまだ緑が多い。
滝は南東向きで、晴天の日の午前中から昼過ぎくらいまでがおすすめ。

1時過ぎに帰路に着いた。


このページのトップヘ