風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:香南市

高知県香南市の西川花公園 4月1日分8-5。

11時50分頃に五台山を出て、12時半に西川花公園へ。
今日は平日なので、シャトルバスはなく、直接無料駐車場へ。
ほとんど渋滞はなくすぐに入れた。

手前のほうの花桃はまだみたいだが、全体的に見頃旬。
例年3月下旬が見頃だが、今年は遅れたので今が見頃。

https://nishigawa-hanakoen.com/

5年前は、すべての花のタイミングがそろって、すごく奇麗だったみたい。
朝も一度来たが、ここは午後の方が光線状態がよいので、再訪。

朝8時過ぎに撮影した分。半逆光でこれも奇麗。

_S9A2029

_U4A9580

_U4A9590

_U4A9596

_S9A2072

午後から撮影した分。全体に光が回る。
昨日もあったが、またもMさんとばったり。
同じようなところを廻るので今回の旅では6回目。

_U4A9601

_U4A9618

_U4A9657

_S9A2402

_S9A2406

_S9A2457



高知県香南市の かがみチューリップ園 4月1日分8-2。

8時過ぎに西川花公園へ行って少し撮影。
まだほとんど観光客がいないので、すぐ前の神社に停めれた。

9時15分にかがみチューリップ園へ移動。入園500円。
チューリップは見頃。

_S9A2113

_S9A2151



高知県香南市の西川花公園 3月31日分3-3。

11時半ごろに、西川花公園行きのシャトルバスが出る無料駐車場へ。
日曜日とあって混んでいたが、大きなバス3台で運行してるので、
40分ほどでバスに乗れた。

12時15分頃に西川花公園へ。
手前のほうの花桃はまだみたいだが、全体的には見頃。
桜はちょうど見頃に突入したくらい。

https://nishigawa-hanakoen.com/

5年前は、すべての花のタイミングがそろって、すごく奇麗だったみたい。
ここは午後の方が光線状態がよいのだが、午後から曇ってきた、残念。

_S9A1812

_S9A1851

_U4A9510

_U4A9535

その後、香美市の鏡野公園の桜を見に行くが、まだ5分咲きくらいのが多い。

有瀬の1本桜の様子も見に行くが、まだ咲き初め。
手前の方の菜の花が終了してたので、天空の菜の花はもうだめかと思っていかなかったが、
翌日再開したMさんの話だと見頃だったみたい。

夜は雨が降り出す予報なので、久しぶりに高知の写真家のKさんに連絡をとり、
夕食をともにする。先日まで北海道に行かれてたみたいで、
凄い写真をいっぱい見せてもらった。うん、持ってるね。

高知県高知市のはりまや橋・路面電車・桂浜・龍馬像・高知城、香南市の龍河洞・ヤシィパーク・手結岬など、1月3日~5日分 四国取材記3-1。

1月3日から10日まで四国(高知・愛媛)に行ってきたときの取材報告です。
三回に分けてアップします。
 
1月3日、朝4時起き、4時半ごろに西名阪の法隆寺ICから高速へ。
阪神高速・第二神明を通り、5時半に明石海峡大橋を渡る。
道はがらがらで快調、ハイウエイオアシスで20分くらい休憩。
神戸淡路鳴門道を南下、6時半過ぎに徳島に入り高松自動車道へ、
途中2度、各10分くらいの休憩、
8時45分ごろ高知自動車道へ、山の中でトンネルが多い、
所々正月寒波の残雪が残っていた。
9時20分、高知ICを出て市内へ。
あいにくの曇りで、ロケハンを兼ねて、曇りでも撮れる風景を撮影。
 
写真は、はりまや橋と路面電車。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
夕方、香南市の龍河洞へ、日本を代表する鍾乳洞の一つ。
 
イメージ 3
 
夜は、ビジネスホテルに泊まる。
 
1月4日、朝から桂浜へ、今日は快晴。
 
イメージ 4
 
20数年ぶりに龍馬像と再会。
 
イメージ 5
 
その後、市内各所を撮影。
写真は、高知城。
 
イメージ 6
 
夕方、香南市のヤシィパークと手結岬へ。
 
イメージ 7
 
1月5日、朝から再び桂浜へ、違うアングルで。
 
イメージ 8

その後、急に曇り空になる。
梼原町に移動、山奥のため残雪が多くすごく寒い。
龍馬脱藩の道などを撮影、峠のほうはすごい雪で引き返す。
 
その後、四万十市を通り南下するが、天気は途中から雨に変わる。
四万十大正の道の駅のパソコンで宿を予約。
 
四万十大正から2時間20分ほどで、足摺岬の宿に到着。
下道は思った以上に時間がかかる。

 四国取材記3-2に続く。
 
 

このページのトップヘ