風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:高千穂峡

宮崎県高千穂町の高千穂峡 4月16日分3-1。

朝は小雨のち曇り。

朝は国見ケ丘へ。無料駐車場、トイレ、売店あり。
着いたときはまだ曇りだったが、すぐに雨が降ってくる。
少しだけ雲が焼けたが、朝日は望めず。
朝はすごく寒く、フリース2枚にジャケットを着る。

その後、高千穂峡へ。
駐車場、北側は300円と南側は500円。
高千穂峡の中心部の真名井の滝、新緑が美しい。

http://takachiho-kanko.info/

_S9A6180



宮崎県高千穂町の高千穂峡の紅葉、11月20日分3-2。

天気は曇り。

宮崎県高千穂町に移動。竹田市から1時間ほど。

高千穂峡の駐車場はいっぱいで、
高千穂神社の無料駐車場から歩いて向かう、10分ほど。

紅葉は見頃だが、数はあまりない。
地震の影響で通行止めになっている部分があり、
遊歩道の通り抜けはできない。


真名井の滝。100名瀑の1つ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

その後、蘇陽峡の長崎鼻展望所へ。
無料駐車場、トイレあり。展望所まで3分。
ネットでは、まだ見ごろになっていたが、もうほとんど落葉。

竹田市に戻る帰りに常光寺の滝に立ち寄る。
県道7号線沿い、路肩駐車可。紅葉見頃。

イメージ 5




宮崎県高千穂町の国見ヶ丘展望台からの朝日・高千穂峡の真名井の滝、延岡市の行縢の滝、日向市の馬ヶ背の断崖・クルスの海、都農町の矢研の滝 5月19日分。
 
朝から再び宮崎県高千穂町の国見ヶ丘展望台へ。
日の出は5時過ぎ。観光客数名、本格的なカメラマンはいなかった。
うっすら雲海が出て、秋でなくてもそれなりに美しい。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
6時頃に、高千穂峡へ。駐車場500円。
写真は真名井の滝、100名瀑の1つ。
 
イメージ 5
 
国道218号線沿いで撮影したポピー。
 
イメージ 6
 
宮崎県延岡市の行縢の滝(むかばきのたき)、100名瀑の1つ。南向き。
ちょうど山百合が見頃で登山客も多かった。小学生の遠足にも出会う。
駐車場から滝の見える橋まで10分。そこから滝壺までさらに12分。
神社からだと約30分。こちらのほうが道はよい。
トイレは神社前にしかない。
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
朝は薄雲が広がる晴れだったが、しだいに曇りに変わる。
海沿いに出て南下。
 
宮崎県日向市の馬ヶ背の断崖。
 
イメージ 9
 
こちらは、クルスの海。
十字架に見えるのがわかるだろうか。
 
イメージ 10
 
宮崎県都農町の矢研の滝、100名瀑のひとつ。
キャンプ場の駐車場から、歩いて12分、途中に若葉の滝もある。
展望所から先は立ち入り禁止。
周辺30あまりの滝がある。
 
イメージ 11
 
イメージ 3
 
8時に宮崎県宮崎市青島のペンション青島へ。
このあたりは巨人軍のキャンプ地。
 
10時に就寝。
 
続く。

大分県別府市の鉄輪温泉・鶴見岳、由布市の狭霧台展望所・由布院、豊後大野市の原尻の滝、宮崎県高千穂町の高千穂峡の真名井の滝・国見ヶ丘展望台 5月18日分。
 
朝から快晴。
海沿いの国道10号線より、大分県の別府市街。
 
イメージ 1
 
鶴見岳と鉄輪温泉と別府市街。
 
イメージ 2
 
日田往還よりの鶴見岳。
 
イメージ 3
 
日田往還の狭霧台展望所より、由布院の街を遠望。
 
イメージ 4
 
10時前に、大分県豊後大野市の原尻の滝へ、100名瀑の1つ。
駐車場無料、売店もある。
ここは晴天で撮りたいところ。
思ってより水量が少なかった、残念。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
1時ごろに宮崎県高千穂町の高千穂峡へ。
写真は真名井の滝、100名瀑の1つ。
駐車場500円、売店やボートもある。
コントラストが強すぎてあまり撮影せず。
 
イメージ 7
 
夕方、国見ヶ丘展望台へ。町から10分もかからない。
秋の朝の雲海が有名な所。売店、トイレあり。
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
夜は高千穂温泉へ。
500円、10時まで、木曜休み(祝日は翌日休み)、26日は半額。
 
昨日は韓国からのツアー客で満員だったらしい。
九州は韓国や中国の観光客が多いのだが、ちょっとびっくり。
 
温泉出たすぐのコインランドリーで洗濯、65分800円。
11時車中泊。
 
続く。
 
 

このページのトップヘ