風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:高知城

高知県高知市の桂浜の坂本竜馬像と高知城、越知町の大樽の滝、四国カルスト、愛媛県大洲市の冨士山 5月04日分。

天気は快晴、しだいに雲が増える。

朝から高知県高知市の桂浜へ。
坂本竜馬像の横に期間限定の展望所ができていた、利用100円。

イメージ 1

イメージ 2

高知城に移動。

イメージ 3

高知県越知町の大樽の滝。日本百名瀑。
途中の道はすれ違い困難。
駐車場・トイレあり。駐車場7台くらいがリミット。
滝まで12分。東屋あり。

イメージ 4

2時ごろに愛媛県と高知県の境にある四国カルストに移動。
観光客で賑わっていた。
駐車場・トイレ・食堂など完備。
撮影ポイントは複数ある。

イメージ 5

イメージ 6

夕方、日没までに愛媛県大洲市の冨士山(とみやま)に、
移動しようと思っていたのだが、
途中何度も睡魔に襲われ休憩。
結局、夕日には間に合わず、夜景のみ。

冨士山の躑躅は終盤。

駐車場・トイレなど完備。
ここには2階建ての豪華な展望台がある。

イメージ 7

夜は市内の臥竜の湯へ、550円。
観光駐車場で車中泊。

高知県高知市の高知城の「高知城花回廊」 4月6日分。

四国取材記、1日目。
 
12時半に奈良の斑鳩の自宅を出発、西名阪、阪神高速、神戸淡路鳴門、高松、高知自動車道経由で、
6時すぎに高知ICを出る。(途中休憩合計で1時間ほど)
 
夜は高知城の「高知城花回廊」へ。
駐車場は、1時間350円、追加30分100円。
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
撮影後、高知県仁淀川町のひょうたん桜の駐車場まで走る。
途中食事。高知城からは、走行時間で1時間15分ほど。
11時20分に到着、第一駐車場は、ほぼいっぱい。
今年はライトアップは中止。

高知県高知市のはりまや橋・路面電車・桂浜・龍馬像・高知城、香南市の龍河洞・ヤシィパーク・手結岬など、1月3日~5日分 四国取材記3-1。

1月3日から10日まで四国(高知・愛媛)に行ってきたときの取材報告です。
三回に分けてアップします。
 
1月3日、朝4時起き、4時半ごろに西名阪の法隆寺ICから高速へ。
阪神高速・第二神明を通り、5時半に明石海峡大橋を渡る。
道はがらがらで快調、ハイウエイオアシスで20分くらい休憩。
神戸淡路鳴門道を南下、6時半過ぎに徳島に入り高松自動車道へ、
途中2度、各10分くらいの休憩、
8時45分ごろ高知自動車道へ、山の中でトンネルが多い、
所々正月寒波の残雪が残っていた。
9時20分、高知ICを出て市内へ。
あいにくの曇りで、ロケハンを兼ねて、曇りでも撮れる風景を撮影。
 
写真は、はりまや橋と路面電車。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
夕方、香南市の龍河洞へ、日本を代表する鍾乳洞の一つ。
 
イメージ 3
 
夜は、ビジネスホテルに泊まる。
 
1月4日、朝から桂浜へ、今日は快晴。
 
イメージ 4
 
20数年ぶりに龍馬像と再会。
 
イメージ 5
 
その後、市内各所を撮影。
写真は、高知城。
 
イメージ 6
 
夕方、香南市のヤシィパークと手結岬へ。
 
イメージ 7
 
1月5日、朝から再び桂浜へ、違うアングルで。
 
イメージ 8

その後、急に曇り空になる。
梼原町に移動、山奥のため残雪が多くすごく寒い。
龍馬脱藩の道などを撮影、峠のほうはすごい雪で引き返す。
 
その後、四万十市を通り南下するが、天気は途中から雨に変わる。
四万十大正の道の駅のパソコンで宿を予約。
 
四万十大正から2時間20分ほどで、足摺岬の宿に到着。
下道は思った以上に時間がかかる。

 四国取材記3-2に続く。
 
 

このページのトップヘ