風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:高知県

高知県高知市の五台山からの市街展望 11月21日分5-2。

高知市の五台山公園に移動。
無料駐車場・トイレあり。
売店のある建物の屋上展望台まで、2分ほど。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、高速で移動。

徳島県の大歩危小歩危に向かう。

高知県高知市の桂浜からの朝日 11月21日分5-1。

朝から快晴。
峠のところに早朝利用可能な無料駐車場あり。
カメラマンが2名ほど。観光客がぱらぱら。
この時期、朝日は室戸岬の少し南から上る。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その後、五台山に移動。

高知県高知市の五台山公園の夜景 11月20日分4-4。

6時半ごろに高知市の五台山公園に到着。
無料駐車場・トイレあり。


薄暮のころに来たかったが、
途中寄り道し過ぎで予定より遅れてしまった。

売店のある建物の屋上展望台まで、2分ほど。
売店は夕方には閉まるが、屋上は開放されている、ありがたい。

イメージ 1

夜は桂浜へ、満天の星が美しかった。

イメージ 2







高知県香美市の轟の滝の紅葉 11月20日分4-3。

途中にある高の瀬峡は、分岐すぐのところで崖崩れ。
当分復旧は無理っぽい感じ。紅葉も終わっているらしい。

べふ峡も紅葉終盤で撮影せず。

4時ごろに
高知県香美市の轟の滝へ。
売店・無料駐車場・トイレあり。

滝の展望所まで4分ほど。東屋がある。
紅葉は見頃。

イメージ 1

イメージ 2

その後、滝つぼまで下りる、橋まで5分ほど。
もうかなり暗くなってしまった。

イメージ 3

その後、高知方面へ移動。

高知県香美市の岩屋の滝と大荒の滝の紅葉 11月19日分2-2。

9時30分頃に淡路ハイウェイオアシスを出発。
淡路島を縦断、10時15分ごろに四国に入る。

徳島道に入りさらに高知道へ。
途中休憩合計1時間ほど。

1時20分ごろに南国ICから出て、国道195号線を東進。

天気は曇りに代わる。

案内に従って山道へ入る、やや細い道。
途中に木塲茶屋あり。

南国ICから1時間ほどで岩屋滝に到着。
路肩駐車可。簡易トイレあり。


歩いて3分ほどで滝の前の橋に出る。

岩屋の滝。紅葉は見頃。

イメージ 1

戻って、車で少し行くと大荒の滝への遊歩道のある第二駐車場、トイレあり。

さらに進むと展望所で、途中に数か所と奥の突き当りに駐車場がある。

展望所から望む岩屋の滝。

山の上部の方の紅葉は、台風で飛んだのか少な目。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

奥の駐車場付近から望む大荒の滝。紅葉は見頃。

イメージ 5

イメージ 6

第二駐車場に戻って、大荒の滝の遊歩道へ。
3分ほどで岩屋の滝への分岐、
さらに4分ほどで橋に出る。
橋の上から撮影。滝つぼにはさらに4、5分ほど。

イメージ 7

イメージ 8

夕食後、徳島県のもみじ川温泉へ移動。


高知県黒潮町の入野海岸と朝日、徳島県徳島市の眉山からの市街夜景 3月18日分。

朝は再び黒潮町の入野海岸へ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

その後、四万十川上流部で菜の花と撮れるポイントを探すが、
いいところがなかった。

その後、高速で移動、徳島県の美馬市へ。
脇町ICまで、約2時間。

天気は朝は快晴だったが、PM2.5の影響か高曇りに変わる。
天気いまいちなので、ロケハン。
川合峠から江田の棚田へ。

江田の棚田の菜の花、2日前の電話では5.6分ということだったが、
まだ絵になる感じではないので撮影せず。

その後、国道438号線を通り、徳島市の眉山の展望台へ、約1時間。

眉山からの夜景。

イメージ 4

イメージ 5

高知県四万十市の岩間・佐田の沈下橋と菜の花、入田の菜の花 3月17日分2-2。

天気は快晴になる。

その後、四万十川の沈下橋と菜の花を撮れるポイントを廻る。

岩間の沈下橋。
少しだけ菜の花がある。午前中早くがおすすめ。
手前の畑の菜の花は、もう少し後。
木が伸びて撮りにくそうな感じ。

イメージ 3

佐田の沈下橋。
ここが一番のポイントだが、今年は少ない感じ。
しかも流れてきた木の根っこの固まりが邪魔。
午後の光線のほうがいいので、少しだけ撮影して移動。
(天気が午後から曇るかもしれないので、一応押さえておく)

イメージ 4

イメージ 5

昼頃に入田(にゅうた)の菜の花を撮りに行く。
無料駐車場あり、簡易トイレあり。
菜の花は満開ピーク。今年の進行は早い、例年はもう少し後。

理想的には、もう少し下側の花も落ちずに残っていたほうが良いが、
アップでなければ気にならない感じ。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

午後から再び佐田の沈下橋へ。
少し雲が出てきた。観光客はパラパラの感じ。

イメージ 9

イメージ 11

夕方は、PMの影響か、すっきりしない空に変わる。

夜は、宿毛市のビジネスホテル泊。
2800円と格安だったが、さすがにボロかった。

高知県黒潮町の入野海岸から望む朝日 3月16日・17日分2-1。

四国の四万十川周辺の菜の花が満開になったので、
16日から19日まで、3泊4日で行ってきた。

16日の2時半過ぎに出発、2時45分に法隆寺ICから高速へ。
西名阪・阪神高速・第二神明経由で、4時過ぎに明石海峡大橋に入る。

淡路SAで15分ほど休憩。
5時20分くらいに鳴門海峡を渡り、四国の徳島に入る。

6時25分に吉野川SAで40分ほど休憩。ここの豚タン串はおすすめ。
7時半ごろ、川之江東JCTを高知方面へ。

8時15分ごろに高知市通過。
8時40分に須崎東出口、後は無料通行エリアを走り、
9時に四万十中央ICを出る。出てすぐにコンビニや道の駅がある。

道の駅で車中泊。

翌17日。

朝は高知県黒潮町の入野海岸へ。

イメージ 1

イメージ 2

高知県大豊町の大杉と龍王の滝、香美市の轟の滝、徳島県三次市の祖谷のかずら橋・奥祖谷の二重かずら橋・祖谷渓・小便小僧 5月06日分。

天気はくもり、のち小雨。

高知県大豊町の「道の駅大杉」の近くにある日本最大の大杉。
石楠花は半散り。

イメージ 1

イメージ 2

徳島県三次市の祖谷のかずら橋。

駐車場510円・300円・トイレなど完備。
となりの見学用の橋から撮影。
手前の藤の花は終盤。


イメージ 3

橋を渡るには別に550円必要。

イメージ 4

すぐ近くに滝もある。

イメージ 5

奥祖谷の二重かずら橋。
駐車場・トイレなど完備。
橋を渡るには550円必要。谷にあるので道からは見えない。

イメージ 6

祖谷渓。ひの字渓谷。川の形がひの字に似ている。

イメージ 7

小便小僧。

イメージ 8

高知県大豊町の龍王の滝。日本百名瀑。
駐車場・トイレなど完備。
駐車場から10分ほど。特徴的な苔むした倒木はもうない。

イメージ 9

イメージ 10

高知県香美市の轟(ととろ)の滝。日本百名瀑。
駐車場・トイレなど完備。
駐車場から3分ほどで展望台。谷に降りることもできるが行かなかった。

イメージ 11

夜は、香南市の民宿泊。

愛媛県大洲市の大洲城と冨士山、宇和島市の滑床渓谷の雪輪の滝、高知県の四万十市の四万十川の沈下橋 5月05日分。

天気は快晴、しだいに雲が増える。

愛媛県大洲市の大洲城。

イメージ 1

冨士山からの眺め。躑躅は終盤、残念。

イメージ 2

松山自動車道で愛媛県の宇和島市に移動。
市内を見てから、滑床渓谷に移動。
駐車場・トイレ・食堂など完備。
日本百名瀑の雪輪の滝まで25分ほど。



雪輪の滝。流れが特徴的。

イメージ 3

その後、高知県の四万十市に移動。

四万十川の沈下橋。


午後早いうちは日差しがあったが、次第に曇ってしまった、残念。

イメージ 4

夕方、高知市方面に移動、途中渋滞。

夜は道の駅で車中泊。

高知県高知市の桂浜の坂本竜馬像と高知城、越知町の大樽の滝、四国カルスト、愛媛県大洲市の冨士山 5月04日分。

天気は快晴、しだいに雲が増える。

朝から高知県高知市の桂浜へ。
坂本竜馬像の横に期間限定の展望所ができていた、利用100円。

イメージ 1

イメージ 2

高知城に移動。

イメージ 3

高知県越知町の大樽の滝。日本百名瀑。
途中の道はすれ違い困難。
駐車場・トイレあり。駐車場7台くらいがリミット。
滝まで12分。東屋あり。

イメージ 4

2時ごろに愛媛県と高知県の境にある四国カルストに移動。
観光客で賑わっていた。
駐車場・トイレ・食堂など完備。
撮影ポイントは複数ある。

イメージ 5

イメージ 6

夕方、日没までに愛媛県大洲市の冨士山(とみやま)に、
移動しようと思っていたのだが、
途中何度も睡魔に襲われ休憩。
結局、夕日には間に合わず、夜景のみ。

冨士山の躑躅は終盤。

駐車場・トイレなど完備。
ここには2階建ての豪華な展望台がある。

イメージ 7

夜は市内の臥竜の湯へ、550円。
観光駐車場で車中泊。

高知県仁淀川町の大石家と中越家の枝垂れ桜、愛媛県内子町の屋根付き橋と石畳東の枝垂れ桜 4月9日分2-2。

四国取材記、4日目2-2。
 
10時ごろに大石家の枝垂れ桜へ、9分咲き見頃。
すぐ下に大駐車場がある。
東南に開けており、朝から昼ごろまでの光線がおすすめ。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
11時過ぎに、中越家の枝垂れ桜へ、8分咲き見頃。
駐車場と出店がある。
ここも東南に開けており、朝から昼ごろまでの光線がおすすめ。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
市川家のしだれ桜も含め、
どこも有名で観光客が次々来るような所だが、あくまで個人宅の桜なので、マナーに注意。
 
生芋のひょうたん桜は、まだつぼみ。
ここは四方に開けている。
 
おとなり愛媛県久万高原町の西村大師堂の枝垂れ桜と苗代桜は、まだつぼみ。
法連寺しだれ桜は、2分咲き。
どこも今年はかなり遅れている。
 
道沿いで出会った桜。
 
イメージ 14
 
愛媛県内子町の屋根付き橋(田丸橋)
 
イメージ 3
 
愛媛県内子町石畳東の枝垂れ桜、5,6分咲き。
ここは午後遅くの光線がおすすめ。
反対側は、すぐ近くにビニールハウスがある。
手前はそば畑。路肩駐車可。
 
イメージ 4
 
周囲には、タバコ畑があり、奥の山並みに夕日が落ちる。
 
イメージ 5
 
ここはライトアップもある。7時前くらいが綺麗。
なんとかぎりぎりもったが、カメラが2台とものバッテリー切れ。
 
イメージ 6
 
休憩後、8時半に出発。10時過ぎに松山駅前のホテルへ、走行1時間ほど。
それなりにボロイけど、安いホテルだと3000円くらいからある。
 

高知県仁淀川町の大渡ダムと茶畑の桜 4月9日分2-1。

四国取材記、4日目2-1。
 
朝から大渡ダムの桜を撮りに行く。満開ぱらぱら。
周辺茶畑が多い。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16
 
イメージ 3
 
船野のひょうたん桜は5分咲きくらい、九十九折の三つ目の所、午後がおすすめ。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
続く。

高知県仁淀川町のひょうたん桜 4月8日分2-2。

四国取材記、3日目2-2。
 
12時過ぎに、高知県仁淀川町の役場近くに到着、走行1時間50分。
ひょうたん桜までの道は渋滞、駐車場は2時間待ちとのことなので、
裏道を走ることにした。こちらは一方通行にはなっていないが案内はなし。
 
裏道は、一部狭いところはあるが、概ね対向できる道。
ただし道順を知らないと迷うと思う。
少し手前の広い場所に停め、ひょうたん桜まで10分ほど歩く。
 
売店やトイレのある上の広場から。
 
イメージ 1
 
駐車場からの道沿いから。
 
イメージ 2
 
下側の道沿いから。
 
イメージ 3
 
下の広場から、この辺りは4月中旬から芝桜も見れるらしい。
 
イメージ 4
 
2時半ごろ、他の桜を見に行き、5時半ごろに再び戻る。
駐車場はほぼ満車だが、渋滞はなし。
 
空は焼けなかったが、夕日で少し染まる。
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
夜は、近くの中津渓谷にある「ゆの森」へ、30分ほどの距離。
レストランは9時まで、ラストオーダー8時。
温泉も9時まで、600円。
今日も車中泊。

高知県仁淀川町のひょうたん桜・中越家の枝垂れ桜・大渡ダムの桜、愛媛県松山市の三坂峠旧道からの夜景、道後温泉の夜景 4月7日分。

四国取材記、2日目。
 
高知県仁淀川町のひょうたん桜へ。
朝4時半起き、もうカメラマンもうろうろしている。
ライトアップはないので、月明かりで撮影しようとするが、ピントがいまいちあわない。
 
日の出前には、第二駐車場まで満車。三脚がずらり。
天気予報はよかったのだが、雲の多い空模様で撮影せず。
桜はほぼ満開、大きい桜なので一部つぼみのところもある。
今年はかなり遅めの満開。一日寒く、一時ヒョウも降った。
 
山並みが霞むタイミングで撮影。
 
イメージ 1
 
ひょうたん桜は西斜面にあり、昼前後まで日が当たらないので、
9時前に出て他の桜を見に行く。
 
日中は一方通行、帰り道沿いからの遠望。
 
イメージ 2
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
10時半、市川家の枝垂れ桜、満開ピーク。少しだけ路肩駐車可。
中越家の枝垂れ桜は3分咲き。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
大渡ダムの桜、満開。
 
イメージ 11
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
12時半ごろ、再びひょうたん桜を撮りに戻る。
駐車場は満車だったが、ほとんど待たずに入れた。
 
晴れてはいるが、すごく雲が多いので、撮り難い。
 
イメージ 14
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
5時40分過ぎ、太陽が山並みに隠れる。
撮影移動の間に水準器をなくす。
 
夜は愛媛県松山市へ移動。
三坂峠旧道からの夜景。なんとなく気味が悪いところで長居せず。
バイパスもできている。
 
イメージ 5
 
走行時間で2時間弱で、愛媛県松山市の道後温泉。
入浴のみ400円、シャンプーやタオルは別料金。
駐車場利用者は1時間無料、追加1時間100円。
 
イメージ 6
 
夕食後、車中泊。
夜は寝袋と毛布2枚でもけっこう寒かった。
 
ここまで走行618キロ。

高知県高知市の高知城の「高知城花回廊」 4月6日分。

四国取材記、1日目。
 
12時半に奈良の斑鳩の自宅を出発、西名阪、阪神高速、神戸淡路鳴門、高松、高知自動車道経由で、
6時すぎに高知ICを出る。(途中休憩合計で1時間ほど)
 
夜は高知城の「高知城花回廊」へ。
駐車場は、1時間350円、追加30分100円。
 
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
 
撮影後、高知県仁淀川町のひょうたん桜の駐車場まで走る。
途中食事。高知城からは、走行時間で1時間15分ほど。
11時20分に到着、第一駐車場は、ほぼいっぱい。
今年はライトアップは中止。

高知県土佐清水市の足摺岬・竜串海岸、四万十市の四万十川の沈下橋、大月町の柏島、
愛媛県の宇和島市の宇和島城、下波からの夕景 1月6日~8日分 四国取材記3-2。

1月3日から10日まで四国(高知・愛媛)に行ってきたときの取材報告の続き。
 
1月6日、朝から土佐清水市の足摺岬の展望台へ。
しかし、あいにくの曇り空で、曇りでも撮れる被写体を撮影。
 
写真は足摺岬の松尾のアコウ。
 
イメージ 1
 
夕方、少し晴れ間も見えてくる。
写真は、足摺岬の臼碆(うすばえ)の展望台から。
 
イメージ 2
 
1月7日、朝のうちは曇り、後晴れるが、雲が多く撮影しづらい
朝から、四万十市の四万十川の沈下橋を見て廻る。
場所により、うっすらと雪化粧。
 
イメージ 3
 
その後、黒潮町の海岸線を撮影。
夕方、竜串などを見て廻るが、再び雲り。
 
海の水平線は雲が多く、なかなかクリアな時は少ないので、
朝や夕方は、あまり写真が撮れない。
 
1月8日、朝から土佐清水市の竜串海岸で撮影、ひさしぶりの快晴。
奇岩好きにはたまらない場所で、今回一番楽しみにしていたところ。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
その後、大月町へ移動。
写真は柏島。
 
イメージ 6
 
すぐ近くの観音岩、釣り人が見える。
どうやって行ったんだろう。たぶん船で送ってもらったんだと思うが、
陸路で行くのはかなり困難な断崖絶壁。
 
イメージ 7
 
その後、愛媛県に入り、撮影しながら北上。
3時半ごろ、宇和島市の宇和島城へ。
 
イメージ 8
 
夕方は、下波の展望ポイントから、夕景撮影。
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
四国取材記3-3に続く。
 

高知県高知市のはりまや橋・路面電車・桂浜・龍馬像・高知城、香南市の龍河洞・ヤシィパーク・手結岬など、1月3日~5日分 四国取材記3-1。

1月3日から10日まで四国(高知・愛媛)に行ってきたときの取材報告です。
三回に分けてアップします。
 
1月3日、朝4時起き、4時半ごろに西名阪の法隆寺ICから高速へ。
阪神高速・第二神明を通り、5時半に明石海峡大橋を渡る。
道はがらがらで快調、ハイウエイオアシスで20分くらい休憩。
神戸淡路鳴門道を南下、6時半過ぎに徳島に入り高松自動車道へ、
途中2度、各10分くらいの休憩、
8時45分ごろ高知自動車道へ、山の中でトンネルが多い、
所々正月寒波の残雪が残っていた。
9時20分、高知ICを出て市内へ。
あいにくの曇りで、ロケハンを兼ねて、曇りでも撮れる風景を撮影。
 
写真は、はりまや橋と路面電車。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
夕方、香南市の龍河洞へ、日本を代表する鍾乳洞の一つ。
 
イメージ 3
 
夜は、ビジネスホテルに泊まる。
 
1月4日、朝から桂浜へ、今日は快晴。
 
イメージ 4
 
20数年ぶりに龍馬像と再会。
 
イメージ 5
 
その後、市内各所を撮影。
写真は、高知城。
 
イメージ 6
 
夕方、香南市のヤシィパークと手結岬へ。
 
イメージ 7
 
1月5日、朝から再び桂浜へ、違うアングルで。
 
イメージ 8

その後、急に曇り空になる。
梼原町に移動、山奥のため残雪が多くすごく寒い。
龍馬脱藩の道などを撮影、峠のほうはすごい雪で引き返す。
 
その後、四万十市を通り南下するが、天気は途中から雨に変わる。
四万十大正の道の駅のパソコンで宿を予約。
 
四万十大正から2時間20分ほどで、足摺岬の宿に到着。
下道は思った以上に時間がかかる。

 四国取材記3-2に続く。
 
 

このページのトップヘ