風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:高野龍神スカイライン

和歌山県高野町の高野山と高野龍神スカイラインの紅葉 11月3日分。

天気は晴れているが雲が多い。
今日は久しぶりに家族6人で紅葉狩り。

朝7時10分頃に西名阪の法隆寺ICから入り、郡山ICから京奈和道へ入る。
京奈和道は橿原辺りで、途切れているので、
一度下道に下りるが、割とスムーズに流れていて、再び京奈和道へ。
8時過ぎに紀北かつらぎICから出る。
7分ほどコンビニ休憩。
国道480号線経由で、8時45分頃に高野山に入る。

昔は3時間くらいかかったが、京奈和道が出来て、
高野山への山道も、かなり改修されたので、
渋滞なければ、斑鳩の自宅から1時間40分ほどで行けるようになった。

休日とあって、すでに駐車場はほぼ満車状態。
何とか離れた場所に停める。
ほとんどの駐車場は無料で、有料駐車場はほとんどない。
駐車場自体は少ないので、9時くらいになると停めるのに苦労する。
到着が遅くなった場合は、高野大門や奥の院の南側にある広い駐車場に停めて、
バスを利用するとよい。

https://www.wakayama-kanko.or.jp/features/world-heritage-koyasan/
https://www.shukubo.net/contents/
http://www.koya.org/

紅葉は全体的に見頃旬。

ここは関西で一番綺麗なんじゃないかと思うくらい、外れがないところ。
今日は家族と一緒だったので、写真は少しだけ。

蛇腹道から西南院まで歩いて、Uターン。
最後に金剛峯寺へ。

蛇腹道。

_S9A7238

西南院。

_S9A7265

愛宕神社。ガソリンスタンド前のところ。
愛宕神社はまだ少し早い感じ。
銀杏はまだ少し緑が残り、楓はもっと赤くなると思う。

_S9A7276

中門。

_S9A7287

霊宝館前。

_S9A7298

霊宝館。

_S9A7316

金剛峯寺。早朝日が差す前や昼のトップライトがおすすめ。

_S9A7341

11時過ぎに奥の院に移動。
ここの駐車場は広いので、少し待てば空く。
昼食後に奥の院参拝。

奥の院の英霊殿。
奥の院の英霊殿辺りは見頃後半。
ここは高野山内でも早く色づくところで、もう少し散っているのもあった。
参道を入れる場合は、灯籠に明かりが残る早朝がおすすめ。

_S9A7364

_S9A7377

1時ごろに出て、少しだけ高野龍神スカイラインへ。
ここは西側に開けているところが多く、昼頃からがおすすめ。

高野大滝や御殿川渓谷は見頃。
高野大滝や御殿川渓谷は曇りや小雨の日が撮影に向いている。

紫陽花園前のドウダンツツジの紅葉。

_S9A7399

この時期は山頂付近はもう散り始め。

南の龍神側にもいいところはあるが、往復すると遅くなるので、
2時ごろに、あじさい園からUターン。

帰りは奥の院の手前から国道371号線経由で高野大門へ抜ける。
街中を通らないので早い。

しかし高野大門からは少し渋滞。
動かなくなった車や大きなバスの影響で、
高野大門から、はなさかドライブインまで下りるのに、行きは15分だったのに、
帰りは40分もかかる。

反対車線はかなり下の方まで数珠つなぎの渋滞。
はたして夕方までに町まで上がれるのか。

はなさかドライブインからは渋滞なし。
途中10分ほどコンビニ休憩、3時半ごろに紀北かつらぎICから入る。

しかし、京奈和道の御所南ICから再び渋滞。
法隆寺ICまで1時間ほどかかる。

今日の総走行距離は217.6キロ。

泊りで行かれる場合、早朝は奈良県野迫川村の雲海と日の出撮影が定番です。
日の出から雲海に日が差すのを撮ってから、すぐに高野山に向かわれるといいです。
夕方は高野龍神スカイラインで夕景と星空もお忘れなく。

和歌山県高野町の高野山の紅葉 11月10日分。

九州取材記は後回しで、とりあえず今日の取材記を。

天気は快晴、午後から雲が増えて夕方曇り。

一人なら夜中に出て、奈良の野迫川の雲海を撮影してから高野山に入るのだが、
今日は母も一緒なので、朝はゆっくり7時45分に斑鳩の自宅を出て、
香芝経由で、京奈和道へ入る。約1時間15分で紀北かつらぎICをでて、35分ほどで高野山内へ。
目立った渋滞はなかったが、山内中心部の駐車場はほぼ満車。
少し離れているが高野大門や龍神スカイライン入口付近にも大きな駐車場がある。
山内の駐車場はほとんどが無料なのがありがたい。

高野山内、例年なら11月3日ぐらいがピークで、10日は見頃後半から終盤の感じのはずだが、
今年は1週間くらい遅れている感じなのでちょうど見頃旬。
全国的に紅葉不作の報告が多いが、高野山はなかなかいい感じ、お勧めですよ。

http://www.koya.org/index2.html
https://www.wakayama-kanko.or.jp/worldheritage/koyasan1200/contents/midokoro.html
http://www.shukubo.net/contents/

愛宕神社付近。

_V9A3956

壇上伽藍付近。

_V9A4013

_V9A3976

_V9A3991

徳川家霊台付近。

_V9A3855

_V9A3862

西南院付近。

_V9A3914

蛇腹道付近。

_V9A4053

金剛峰寺参道。右手の黄色から赤色に変わる楓の一部が枯れていた。

_V9A4139

六時の鐘付近。

_V9A4150

壇上伽藍の紅葉。ここは黄色から赤色へと色変わり中。

_V9A4170

_V9A4179

_V9A4210

根本大塔横の楓は色変わり中。見頃はもう少し先。

_V9A4223

12時45分ごろに出て、少しだけ高野龍神スカイラインへ。

紫陽花園のドウダンツツジの紅葉は見頃。

_V9A4226

高野大滝付近も見頃。
渓谷の紅葉も同じく見頃。

_V9A4245

いつも間にか高野龍神スカイラインから高野大門までのバイパスが開通していたので、
帰りはそこを通る。山内を通らないのですごくスムーズ。
大門前から反対の山内行きの道路は数珠繋ぎの渋滞になっていた。



和歌山県高野龍神スカイラインの紅葉 11月1日分3-2。

アジサイ園前の紅葉。

イメージ 1

アジサイ園前のドウダンツツジの紅葉。

イメージ 2

高野大滝付近。

この辺りはまだ綺麗だったが、標高の高いところは台風で飛ばされて葉っぱがない。
色付きも今一つの感じ。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

その後、高野山へ向かう。

続く。

 10月31日分2-2。

鶴姫公園からの展望。
360度見える立派な展望台があるが、5時には自動でシャッターが閉まる。

イメージ 1

アジサイ園前のドウダンツツジの紅葉。

イメージ 2

高野龍神スカイラインから望む夕日。

イメージ 3

イメージ 4

夜は、奈良県野迫川村の雲海景勝地に移動。

続く。

和歌山県高野龍神スカイラインの紅葉 10月30日分2-2。

高野山散策の後、高野龍神スカイラインへ。

アジサイ園のところ。
ドウダンツツジの紅葉、見頃。
ここから見えるのは北方面で、正面くらいに高野山がある。

イメージ 1

イメージ 2

この辺り楓も見頃。

イメージ 3

イメージ 4

その後、南下して龍神温泉方面へ。

頂上付近のごまさんスカイタワー周辺は、ややピーク過ぎ。

スカイラインで紅葉綺麗なのは、
ごまさんスカイタワーより南側龍神方面に進んだ標高900~1000m付近、
恋小袖の滝近辺。駐車スペースも多い。
この辺りは、見頃前半の感じ。
青空が見えるが、やや雲が増えてきた。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 11

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

天気下り坂で、高野山経由で3時頃に帰路に着いた。

和歌山県高野町の高野山と高野龍神スカイラインの紅葉 11月12日分。

朝から高野山へ。
朝のうちは小雨、昼頃から晴れ、夕方曇り。

山内、銀杏や広葉樹は散り始めや半散り。
カエデは色変わり中と見頃が多い。

国道480号大門口付近は見頃、とても綺麗。
高野大門は、色変わり中見頃混在。
西南院は見頃散り始め。

霊宝館は散り始め、半散り。
大師教会は色変わり中。

愛宕神社(信号のところ)は、色変わり中見頃混在。
壇上伽藍は、色変わり中と半散り混在。
蛇腹道は見頃、とても綺麗。

金剛峯寺は半散り。

遍照光院は色変わり中。

奥の院はたぶん散り。(行ってない)

高野龍神スカイラインは見頃後半、
標高の高い所はたぶん散り。(行ってない)
大滝は見頃、渓谷は上部は見頃、下部の御殿川付近は色変わり中。

紫陽花園のどうだんつつじは見頃、カエデは色変わり中と散りはじめ。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 3






和歌山県高野町の高野山と高野龍神スカイラインの紅葉 11月3日分。

朝3時半起きで、まずは野迫川村の雲海ポイントへ向う。
5時前には、すでに多くのカメラマンがいたが、
雲海はなし、山の稜線に厚い雲がかかり撮影せず。

その後、高野山の奥の院へ向う。
英霊殿は見頃前半、ここは早めなので例年なら散り始めなのだが今年は遅い様子。
一部見頃だが、まだ黄色のが多い。

イメージ 1

山内の紅葉もまだ色変わり中がほとんど。
ネット情報でも遅れているとのことだが、全体的に5日~1週間程度遅い感じ。
部分的に見頃のものもあるが、今週末はまだピークには少し早いと思う。
見頃は、今週末から来週末にかけてくらいだろうか。

天気は晴れているが雲が多く、よく陰る。
全体がいまいちなので、部分切り取り。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

その後、高野龍神スカイラインへ。
大滝周辺もあと5日~1週間くらいか、部分的には見頃。
標高の高いところも色変わり中。

紫陽花園のところの紅葉は見頃前半。

イメージ 8

帰りによった大塔の道の駅の紅葉も見頃前半。

イメージ 9




和歌山県の高野龍神スカイラインの紅葉 11月3日分。


季節はずれの寒波到来で三段紅葉を期待して、朝3時半起きで高野山に向かう。
タイヤは前日のうちに冬用タイヤに交換済み。

高野龍神スカイラインは、奈良と和歌山の県境にあり、
和歌山県の高野町・かつらぎ町・田辺市と奈良県の野迫川村にまたがっているが、
撮影した大部分は和歌山側。

2時間ほどで高野山到着、夜半に雪が降ったらしく屋根や木の橋の上には雪が残っていた。
フリースと綿入りのジャケットにニット帽と万全に備えたつもりだったが、寒くて震えあがる。

今年の紅葉は1週間以上早い感じでもう見頃後半、強い風でかなり散っていた。
10月末ごろがピークだった様子。
蛇腹道の中ほどや愛宕神社はまだあと数日の感じだったが、全体の見頃は今週いっぱいまでだろう。
奥の院の英霊殿付近は終盤、散り紅葉も枯れている。
高野山内は撮影せず、高野龍神スカイラインに移動。

高野大滝は見頃開始くらい、御殿川の渓谷の紅葉はまだ少し早い。

高野龍神スカイラインの紅葉は山頂付近は終盤、強い風でかなり散っていた。
中腹は見頃、下のほうはまだ少し早い感じ。
尾根は見事な樹氷が見られ、めったに見られない三段紅葉に、
しだいに観光客やカメラマンも増え始めるが、みんなあまりの寒さに震え上がっていた。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

最初デジタルとともにフィルムのPENTAX645でも撮影していたのだが、
寒さですぐに動かなくなったので、以後デジタルのEOS5Dマーク2のみの撮影。
外部電源をもっていくんだった不覚。

ただ時間が急ぐ撮影ではデジタルに集中できたのでよかったかもしれない。
10時過ぎには、下のほうの樹氷はかなり融けて来た。
メモリーカード余分に持っていったつもりであったが、
手持ちの20Gをほぼ使い果たしたので、3時ごろ野迫川村を通り帰路に着いた。

野迫川村の楓は見頃、銀杏は半分緑、中原川の紅葉はまだ少し早い感じ。

和歌山県高野町の高野山と高野龍神スカイラインの紅葉 11月9日10日分。


9日金曜日、朝から近場で朝日を狙うが雲が多く空振り、
天気もすっきりしないので一度自宅に戻り、午後1時に出発。

3時前に高野山到着、今年の紅葉はいまひとつ良くない模様。
天気予報では晴れてくるはずなのだが、曇りがち。

夕方、高野大門近くで夕日を狙うがこれも空振り、
夜には小雨も降ってくる。
翌日の天気予報は晴れなので、明日に期待して早めに寝る。

翌10日土曜日、朝はどんより、朝日は空振り。
すぐ近くの奈良県野迫川村の雲海を見に行く。
前日の雨で雲海の量はとても多いのだが、光がないのが残念。
土曜日とあって、カメラマンは結構来ていた。

その後も冴えない天気が続き、いっこうに回復しない。
天気予報もいつの間にか、悪い方向に変わっている始末。

しかたなく、まる1日かけて野迫川村と
高野龍神スカイラインの紅葉をロケハンも兼ねて見て廻る。
この辺りはすごく詳しいのだが、かなり広範囲なので、
林道のなかには、まだ行ったこともない場所もある。

夕方再び、高野大門近くで夕日を狙うがまたも空振り。
天気予報では、明日には回復するみたいなのだが期待薄。

高野山の紅葉。

イメージ 1


イメージ 2



高野龍神スカイラインの紅葉。


イメージ 3

イメージ 4

高野町相ノ浦内子谷の紅葉。

イメージ 5

高野大門近くの紅葉。

イメージ 6

このページのトップヘ