風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:鳥取県

鳥取県三朝町の三徳山三佛寺の投入堂 6月13日2-2。

天気は高曇り。

9時過ぎに出て、西進。
途中休憩しながら、2時前に鳥取県三朝温泉へ。
少し散策してから、2時40分ごろに三佛寺の無料駐車場へ。
歩いて5分ほどで、三佛寺へ。
入山400円。投入堂参拝登山800円。
投入堂参拝受付時間は8時から15時(下山時間16時30分)

https://mitokusan.jp/

投入堂までは危険なので、一人での登山は禁止ということだが、
ちょうどいいタイミングで一人の方が来られたので、
一緒に登ることに。
コロナということもあって、グループの方に混じっての登山は感染リスクがあるので、
お寺としては推奨しないらしいが、個人どうしの場合はOKらしい。

本堂の奥に登山口があり、滑るやすい靴の場合はわらじとかを借りることもできる。
飲食は禁止だが、水はOK。ペットボトルも売っている。

2時50分に登山開始。コースタイムは往復1時間半。

ストック類は使用不可。
子供の登山は禁止みたいだが、海外の家族連れがちょうど登っていて、
下の子は中学生くらいだったので、それくらいの子はOKらしい。

テレビとかで、芸能人が登山するのをたまに見かけるので、
たいしたことないかなと思っていたが、
かなり本格的な山道。木の根っこや岩場を登っていく。
1ヶ所、長い鎖場もある。

_S9A5744

連れになった方は、朝から大山登って来たらしい、元気やわ。
正味、登山きついのは文殊堂までの15分ほどで、上の伽藍が続いている部分はわりとなだらか。

二人とも達者だったんで、30分で投入堂へ。

投入堂。高曇りの日がおすすめ。
右上の方にツツジの仲間だろうか、赤い花が咲いていた。

_S9A5690

_S9A5698

帰りはゆっくり撮影しながら戻る。

観音堂。

_S9A5732

地蔵堂。断崖絶壁に立つ。
手すりなどはないので、高所恐怖症の人は無理かも。

_S9A5734

_S9A5741

連れになった方は、自分が写真撮ってたので、
途中から先に下りたのだが、自分が下りるまで待たされていた。
まぁ5分ほどだけど。そのあたりは厳しいみたい。

結局、4時15分ごろに下山。帰りゆっくりしてたら、ほぼコースタイム。

本堂。

_S9A5747

参道にあった雪の下の群落。

_S9A5765

_S9A5807

4時40分に出て、5時に泊・東郷ICから高速へ。
この辺りは無料区間。

6時10分に佐用JCT、中国道に入る。途中25分ほど休憩。

7時に福崎IC通過。途中20分ほど休憩。

8時ごろに池田ICで出て、阪神高速へ。

8時45分に生駒の壱分ICで出る。途中20分ほど休憩。
9時25分ごろに帰宅。

今回の16日間の総走行距離は、3936.5キロ。

今回の取材記はこれで終了です。ありがとうございました。


鳥取県鳥取市の鳥取砂丘 5月30日分5-4。

7時に別宮の棚田を出て、下道を北上。
8時半ごろに鳥取砂丘へ。駐車場は500円。
少し青空も見えるものの、雲が多い。

_S9A0510

_S9A0518

鳥取県境港市の境港漁港と境水道大橋 4月30日分6-4。

10時半に由志園を出て、11時に境港漁港へ。
無料駐車場あり。

全く興味がない人もいると思うが、灯台とか橋とかも好きなので、
全国的にいろいろ撮ってます。

_S9A5437

鳥取県倉吉市の打吹公園の桜と倉吉白壁土蔵群 4月7日分5-5。

1時25分に出て、35分に無料の観光駐車場へ。
打吹公園(うつぶきこうえん)の桜は満開散り始め。

https://www.city.kurayoshi.lg.jp/gyousei/div/kensetsu/kanri/5/


_S9A3002

_S9A3010

_S9A3022

最後に歩いて倉吉白壁土蔵群へ。

_S9A3038

2時半ごろに出て国道313号道を南下、途中10分ほど休憩。
3時半ごろに湯原ICから高速へ。

途中休憩合計1時間10分ほど。

6時40分に豊中で阪神高速に入り、7時25分ごろに第二阪奈の壱分ICから出て、
7時50分ごろに帰宅。

13日間の総走行距離は、3285キロほど。

九州・中国地方の取材記は今回で終了です。
ありがとうございました。

鳥取県倉吉市の極楽寺の枝垂れ桜 4月7日分5-4。

12時5分に久松公園を出て、15分ごろに鳥取西ICから高速へ、無料区間。
55分ごろに、はわいICから出て、1時15分ごろに極楽寺へ。
無料駐車場有り。枝垂れ桜は散り始め。

https://www.tottori-guide.jp/tourism/tour/view/308

_S9A2984



鳥取県鳥取市の久松公園・鳥取城跡と桜 4月7日分5-3。

10時半に河原ICから高速へ、無料区間。
10時45分ごろに降りて、11時過ぎに県庁駐車場へ。
久松公園・鳥取城跡は、日本桜名所百選に選ばれている。
桜は満開パラパラ。昼以降の光線がおすすめ。

https://www.torican.jp/spot/detail_1001.html

https://www.torican.jp/lsc/upfile/spot/0000/1001/1001_1_file.pdf

中ノ御門(大手門)
まだ左側が工事中で撮影しにくかった。

_S9A2823

仁風閣。
http://www.tbz.or.jp/jinpuukaku/

_S9A2847

_S9A2871

_S9A2920

_S9A2922

_S9A2971

鳥取県鳥取市の河原城跡と桜 4月7日分5-2。

9時40分ごろに河原城跡(丸山城跡)へ。
無料駐車場・トイレあり。入館300円。
付近は高台にあり、展望台になっている。

http://www.kawahara-shiro.com/


_S9A2787

_S9A2797

_S9A2799

鳥取県鳥取市の三谷神社・長瀬・弓河内の枝垂れ桜 4月7日分5-1。

天気は快晴。

桜がまだ満開だったら、もっと津山城跡を撮るつもりだったが、
もう散りが多いので、比較的進行の遅い鳥取方面へ向かうことにする。

朝7時に津山のホテルを出て、下道を北上。
8時半ごろに鳥取市の三谷神社へ。
無料駐車場あり、トイレはない。
桜は満開。真ん中の枝が折れて、ややボリュームダウン。
午前中の光線がおすすめ。

_S9A2713

次に長瀬の枝垂れ桜へ。長瀬神社の500mほど東側にある。
広い路肩に駐車可、トイレはない。
ここも満開。午前中の光線がおすすめ。

_S9A2733

_S9A2785

次に弓河内の枝垂れ桜へ。弓河内神社の少し北側にある。
ここはすごくわかりにくいし、道がすごく狭く車を止める場所もないので、
県道49号線から歩いていくとよい。
桜は満開。電線が多いのが、残念。

_S9A2803


鳥取県米子市の弓ヶ浜と境港の「みずきしげるロード」 4月6日分5-1。

天気は快晴。

7時に出て、途中25分ほど休憩。
8時ごろに月山富田城跡へ。
本丸付近を散策。夕方にもう一度行ったので、後でまとめて載せます。

8時40分に出て、9時50分ごろに弓ヶ浜へ。
無料駐車場・トイレあり。

http://furusato.sanin.jp/p/area/sakaiminato/01/

日本の渚百選や日本の白砂青松百選に選ばれているが、
写真的には絵になりにくい感じ。

_S9A2216

9時55分ごろに出て、10時15分ごろに境港の「みずきしげるロード」へ。
駐車場がいくつかあるが、どこも1日500円。

境港は、「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親、水木しげる氏の出身地で「妖怪の町」として名高い。
https://www.kankou-shimane.com/mag/1563.html

境港は2016年にも来たことがある。↓
https://coolheartgallery.livedoor.blog/archives/532987.html

水木しげる記念館。入館700円。JAF割600円。

_S9A2237

妖怪神社。

_S9A2253

_S9A2257

_S9A2259

_S9A2261

11時15分に出て、べた踏み坂で知られる江島大橋を通り、
大根島経由で松江に戻る。

https://www.tottori-guide.jp/tourism/tour/view/996

鳥取県大山町の大山の登山道からの眺め 6月6日分2-2。

6時15分に大山ナショナルパークセンター付近の無料駐車場へ。

6時50分に南光河原から登山道へ。
階段状のわりと歩きやすい道。

8時20分に6合目の避難小屋付近。
この辺りから眺めがよくなる。

青空が見えるがやや抜けが悪い感じ。

イメージ 1

イメージ 2

9時半ごろに頂上小屋。

6月中旬から12月にかけて、
頂上小屋と避難小屋は取り壊させて新しくなるらしい。

イメージ 3

イメージ 4

5分ほどで終点の弥山頂上。

最高地点の剣ヶ峰へは立ち入り禁止になっている。

イメージ 5

9時50分に下山開始。
帰りは行者谷別れから元谷経由で下りる。
どんどん空が白っぽくなってきた。

登山道、いたるところでタニウツギの花が満開。

イメージ 6

行者登山口へは延々と長い階段が続くので、
上りはきつそうな感じ、下りにしてよかった。

12時ごろに大神山神社の奥宮に到着。
30分ほどで駐車場だが、途中昼飯。

大山弥山頂上まで上り2時間45分。
奥宮までの下り2時間10分。

頂上付近での休憩時間と駐車場までの時間を入れると往復5時間40分ほど。
(コースタイム約6時間15分)

1時過ぎに帰路に着く。
1時15分に米子道の溝口ICから高速へ。
中国道・阪神高速経由で
7時過ぎに西名阪の法隆寺ICから出る。
途中仮眠もいれて合計2時間ほど休憩。
走行は3時間45分ほど。

9日間の撮影行の総走行距離は2821キロほど。

取材記は今回で終了です。ありがとうございました。












このページのトップヘ