風景写真家・西川貴之の気まぐれブログ

絶景を愛する風景写真家・西川貴之のブログです。絶景本への写真掲載、カメラ雑誌への寄稿多数。2007年冬季から現在までの撮影取材記をアップしています。撮影に役立つ情報満載ですので、ぜひご覧ください。

タグ:龍門の滝

九州取材記その5 鹿児島県姶良市の龍門の滝と郷田の滝 10月18日分3-2。

10月16日から11月7日まで九州を廻ってきました。
遅くなりましたが、時間のある時に取材記少しずつアップします。

10月18日。天気はくもり時々日差しあり、のち小雨。

次に鹿児島県さつま町にある観音滝公園へ向かうが、
付属施設の閉鎖で、公園内立ち入り禁止。
町のホームページも道沿いにいっぱいある案内板や地図にも閉鎖情報はなし。
滝には普通に行けそうだったので、役場に電話して立ち入り許可を求めたが、
やはり立ち入り不可、残念。

それにしてもずっと前に閉鎖されているみたいなのに、
案内そのままなのは観光に関わる人の怠慢が過ぎる。
観光関連の人に注意したので、今はホームページには閉鎖情報載っているが、
多くのウェブサイトでは以前紹介されたまま、全然あかんやん。

その後、南下して姶良市の龍門の滝へ。
日本百名瀑の1つ。数か所無料駐車場、トイレあり。
http://www.city.aira.lg.jp/shokan/gyosei/shisetsu/kanko/tatsumondaki.html
https://www.kagoshima-kankou.com/guide/10145/

_W6A2647

県道55号線沿いにあるふれあいパークから見える郷田の滝。
駐車場、トイレあり。

_W6A2659

続く。

熊本県と大分県の滝巡り、11月21日分。

天気は曇り。
菊池渓谷に行きたかったのだが、地震の影響で道路が通れず、
いまだに立入禁止。

九州各地で頻繁に皇帝ダリアを見かける。

イメージ 1

熊本県小国町の鍋ケ滝。
周辺に紅葉はあまりない。
無料駐車場、トイレ、売店あり。入場300円、9時から17時。
営業時間外はトイレは閉まる。

イメージ 2

すぐ近くの下城の銀杏は、完全に散っていた。

すぐ近くに下城の滝があるが、東側の展望台へ行く道が立入禁止で見えない。
西側にも展望台があるが、真上にあり、木も邪魔で全然見えない。

手前にある鍋釜の滝。

イメージ 3

中間にある霧通しの滝。

イメージ 4

北上して大分県に入る。

大分県玖珠町の慈恩の滝の紅葉は、ほとんど散っていた。
三日月の滝の紅葉は、まだ早い感じ。

九重町の龍門の滝の紅葉。
一番いい位置にある紅葉はほぼ散っていて、写真のポイントのみ見頃。

イメージ 5

その後、九酔渓に行くが、ここも見頃終盤の感じで撮影せず。

宮崎県日南市の小布瀬の滝、鹿児島県姶良市の龍門の滝、鹿児島市の桜島の埋没鳥居 5月21日分。
 
朝は曇が多いものの空が見える。
今日は金冠日食の日なので、
晴れれば中心食帯に近い宮崎県の都井岬に行く予定だったので、
わずかな希望を持って車を走らせる。
しかし、しだいに雨が降り出しアウト。
その場に居てたら、見れたかもしれない、
欲張りすぎ反省。
 
その後の天気は小雨のちくもり。
 
宮崎県日南市の小布瀬の滝。
国道222号線沿い、駐車場、トイレあり。
 
イメージ 1
 
鹿児島県姶良市の龍門滝、100名瀑の1つ。
龍門滝温泉から歩いて5分。上のほうからは、木々に隠れて滝を見ることはできない。
 
イメージ 2
 
上流部にある金山橋近くの滝。この辺り蛍も出るらしい。
 
イメージ 3
 
天気がいまいちなので、龍門滝温泉へ、330円、シャンプー別売り、水曜休み、9時まで。
 
その後、鹿児島市の桜島へ。
火山灰で埋もれた埋没鳥居。
 
イメージ 4
 
11時前に車中泊。
 
続く。

このページのトップヘ